W.jpg

2010年01月27日

鳴子温泉冬の旅B

今更ながら、鳴子温泉冬の旅Bです。

[鳴子温泉冬の旅@]はこちら

[鳴子温泉冬の旅A]はこちら

下駄に浴衣という温泉街らしい姿で街歩きを楽しんでもらおうと、鳴子では無料で下駄を貸し出すという粋な計らいをしています。

geta.JPG

もちろんこれを履いて外湯へ。


DSC_0831.JPG

鳴子といえば名湯、滝の湯。ここで湯に浸からないと鳴子に来た気がしません。泉質が濃くとろっとした上質の温泉。
しかも入湯料が150円


DSC_0832.JPG

街には谷内六郎のイラストを使った行燈が各所に置いてあります。行燈の明かりが夜の雪道に映えてとても綺麗。

DSC_0833.JPG

「街を歩けば下駄も鳴子」。あいにく雪道で下駄は鳴りませんでしたが、鳴子は温泉街の情緒に満ちたなんとも素晴らしい街なのでした。
posted by 星燈社 at 23:01|

2010年01月24日

南天と小手毬


DSC_0931.JPG



いまさらになって、正月の縁起物の南天を小手毬(こでまり)と一緒に部屋に飾りました。
これで今年は僕もうまく「難を転じられる」でしょうか。







posted by 星燈社 at 17:03| 暮らしまわり

2010年01月23日

スペインの思い出

SCN_0211.jpg


今から3年とちょっと前、僕は兄弟と一緒にスペインとイタリアを旅行していました。
アントニオ・ガウディの建築に感動したのは勿論ですが、今でも瞼の裏に浮かんでくるのは、空港で見かけた民族衣装に身を包んだアフリカ人の男性の姿。

アフリカらしい原色の布はなんであんなに綺麗なんでしょうね!
そしてそれを着こなして、自分の根っこになる文化を誇っている(ように僕には見えた)のもまたすごく格好良かったのでした。

とは言いながらも、いまアフリカの都市部に住む多くの人々はTシャツにジーンズ姿なのでしょうけれども。

日本に住む僕らも、今いきなり「さあ!きものを着て街を歩こう」と言われてもなかなか難しいでしょう。僕もまだ無理かなー。

でもその段階にいたるずっと前のきっかけとして、日本の文様や色、布や暮らしの道具、それから季節の風物などを好きになったり意識するようになったりことはすごく大事だと思います。
星燈社は製品を通してそういうきっかけ作りをしていけたら良いなー、なーんてことを最近はよく考えています。

posted by 星燈社 at 00:54|

2010年01月19日

月の井

DSC_0899.JPG


いつもお世話になっている方から茨城・大洗の銘酒『月の井』の純米吟醸酒をいただきました。ありがとーございます!

というわけで酒の肴を探しに近所の八百屋に行くと、走りのフキノトウが売っていた。早くも春の気配を感じます。


DSC_0904.JPG

ふきのとうの天ぷら


山菜の苦味が冷えた吟醸酒の取り合わせは最高ですねー。
こういうとき日本人に生まれてよかったなーとしみじみ感じます。
posted by 星燈社 at 21:23| 暮らしまわり

2010年01月15日

オンラインショップがオープンしました。

webshop-icon-home.gif


星燈社の製品がお買い求めいただけるオンラインショップ「星燈社通信販売」が本日オープンしました。
どうぞお気軽にご利用ください。

※上記画像をクリックしていただければサイトにジャンプします。


一度買ってみたいけれど近くのお店では買えないというお客様などおりましたら、どうぞご利用くださいませ。

時機を見てオンライン限定の製品も販売してゆく予定ですので、
こちらも何卒宜しくお願い致します。



posted by 星燈社 at 16:00| お知らせ

2010年01月09日

鳴子温泉冬の旅A

鳴子には、日程の関係で一泊しかできなかったのですが、その代わり宿泊したのは老舗・鳴子ホテル
この鳴子ホテルは地元民の中でも「一番良い宿」として名高いそうです。


entrance.JPG
こちらが、その鳴子ホテルのエントランス。まさにシンメトリーの美。いい具合にこけし達も飴色になり貫禄が出ていました。



yukata1.JPG

そして何と言ってもこれ。鳴子ホテルオリジナル・谷内六郎浴衣。
本染(注染)で染め上げられていました。



taeko.JPG

それから部屋に備え付けのつまようじ入れはこけし工人・遊佐妙子さんの作品。こんなところまでなんて細かい気配り!


鳴子ホテルが地元民の中で「一番良い宿」と言われているのは、値段ではなく、こうした小さな気配りやこだわりの結果なのだなと感じました。
まさに目から鱗。星燈社もそんな製品を作りそんな会社を目指したいものです。


【鳴子温泉冬の旅B】に続く

posted by 星燈社 at 01:11|

2010年01月07日

鳴子温泉冬の旅@

北海道の実家から関東まで戻ってくる道中、宮城県は鳴子温泉に寄ってきました。
目的は温泉・ずんだ・陸羽東線(キハ!)そして、鳴子こけし。
強風でダイヤが大幅に乱れる中、仙台から陸羽東線で鳴子温泉駅までやってきました。気がついたら鳴子に来るのももう3回目。

DSC_0843.JPG
早速こけし駅長のお出迎え。



DSC_0859.JPG
駅を一歩出ると鳴子名物『こけしガードレール』が!



DSC_0845.JPG
そして雪に包まれた山と街。なんて素敵な鳴子卿!



【鳴子温泉冬の旅A】
へ続く
posted by 星燈社 at 00:43|

2010年01月01日

明けましておめでとうございます

DSC_0739.JPG


平成22年、どんどん進んでどんどん変わっていきましょう。
皆様、今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
posted by 星燈社 at 19:49| お知らせ