W.jpg

2010年05月27日

ロゴマークのはなし

sDSC_0069.jpg


星燈社で今使っている封入シールのロゴは「きもの」と「糸車」の2種類。
「なんできものなの?」とか「なんで糸車なの?」と聞かれることが最近けっこう多いので、この場を借りてご説明!
ちょっと長くなりますが、どうぞお付き合いくださいませ。

紙製品を封入するときに使うのは左の「きもの」シール。

アメリカやヨーロッパでは、日本人が比喩的に「バナナ」と呼ばれることがあるそうです。
「黄色い皮を剥けば白い果実が現れるバナナのように、日本人は黄色人種なのに中身はすっかり白人化している」という意味。
確かにこれは的確な比喩かもしれないですねー。

今の僕らの生活に洋装は切っても切り離せませんが、大切なのは「外見は洋風であっても日本人の精神性を持つ」つまり「こころにきものを着る」ことなんじゃないかなーと思います。
そんな意味があって、当社の紙製品は「きもの」シールで封入されているのです。
ひとことで言うならテーマは「こころにきものを着る小物」でしょうか。

ちなみに今思いついたんですけど「洋装をしていても中身は日本人」って意味をあらわすために「きもの」じゃなく、外は白いけど中身は黄色い「ゆで卵」のロゴを使うのはどうでしょう……うわー売れなくなりそう!!


さて布製品を封入するときに使うのは右の「糸車」シール。

僕が使い手の側だったときには気付かなかったのですが、自分が作り手側になって、縫製工場に送る布の裁断などをしていると、その一枚の布がどれだけ手間をかけて撚られ・織られたものなのかをひしひしと感じるようになりました。
お客様の手に渡るのは、ボタンであったり手ぬぐいであったり最終的な完成品ですが、その後ろには途方に暮れるほど沢山の人が関わっておられるんですね。
そんな意味をさりげなーく伝えようと、「糸車」ロゴには、糸を紡ぐという意味はもちろんのこと、撚り(YOLI)と織り(OLI)という文字が隠されています。

どこかのお店で当社製品を見かけることがございましたらちょっと封入シールに注目してみてくださいね。


おまけ



sDSC_1055.jpg
先日頂いた札幌・森彦の珈琲豆。

sDSC_1048.jpg
淹れるときよく膨らんで美味しかったです。
posted by 星燈社 at 23:49| 日記

2010年05月26日

掲載のお知らせ

今日、雑司が谷・旅猫雑貨店に伺うと店主の金子さん(お誕生日おめでとうございますー!)がこんな冊子を見せて下さいました。

sDSC_0054.jpg
TOKYO TREND RANKING。
トレンド…!一見、当社にはまったく関係なさそうですが

sDSC_0062.jpg
中を開いてみると見ると、「夏を彩る和雑貨」特集のページ。

sDSC_0061.jpg
旅猫雑貨店も 「リビング&ダイニングを飾る和雑貨」をセレクトしています。日本の夏の定番、手ぬぐいや風鈴に混じって



sDSC_0060.jpg
当社の茶筒も紹介していただきました。


「夏の一押しアイテムは、ぼたん雪が舞い散る夜空を表現した茶筒『雪夜』。夏に雪…?と疑問に思って尋ねると、『江戸時代には、真夏に雪文様の着物を着るのが粋だったそうです』と教えてくれました。風鈴の音を聞きながら、お気に入りのお茶を飲むなんていうのもいいですね!」との説明も。

そうなんです、茶筒『雪夜』は、冬もいいけど夏にも涼やかでおススメ。冷茶なんかもよく似合いそうです。
それにしても風鈴の音を聞きながらお気に入りのお茶…いいですねー日本の夏ですねー。なんだか夏が待ち遠しくなりました。

現在、東京メトロ各線の主要駅で配布されているそうですので、見かけた際には是非お手に取ってご覧になってみてくださいねー。
posted by 星燈社 at 21:16| お知らせ

2010年05月16日

一銭五厘の旗

sDSC_0982.jpg
先日、ずっと探していた暮らしの手帖初代編集長・花森安治の「一銭五厘の旗」をやっと購入できました。
美しい装丁は勿論のこと、本文の挿画に至るまで全て花森安治。


sDSC_0983.jpg
箱から出すと


sDSC_0984.jpg
接ぎ合わせた木綿の写真を使った美しい装丁が現れます。


sDSC_0989.jpg
広げるとこんな感じ。
いつまで見ていても飽きない本当に美しい装丁です。
こういう本が普通に店先に並んでいた頃の本屋はどんな風だったんでしょうね。


sDSC_0990.jpg

僕が特にハッとしたのは、

『ただ値が安いというだけで、野菜は魚より軽んじられ、木綿は絹よりも蔑まれてきた。
わけても紺ガスリはまれに、その好さを言うひとがあっても、木綿というだけ、安価というだけで、ふだん着と考える、そのワクから出ようとはせぬ。
銭を離れて無心に見れば、その色、肌ざわり、手厚く冴えかえって、数多い布地、日本外国を並べて、これは第一等の美しさであるのに』

『もっとあとになって、二十一号では久留米へ出かけていって、久留米がすりが織りあがるまでのこまかい写真のルポルタージュをのせている。こんなに紺がすりに執着するのは、ほんとうに美しいものとはなにか、それを編集者が読者に率直に問いかけている姿勢からくるのであった。
…せっかくの美しい生地がむざむざと、いま新しいペラペラのどぎつい色と柄の生地に置き換えられて捨てられようとしている。
それへの挑戦であり、反撃であったのである。
日本が昔からもちつたえてきたもののなかから、美しいものだけをよりわけて残していく、そのための主張であった。』

という一節。目から鱗。
花森安治のように、虚飾なく真っ当に本当の美しさを問いかけてくる雑誌は現代日本にあるんでしょうか。
少なくとも僕が東京に憧れながら田舎の高校生時代に読んでいたファッション雑誌は「よくわからない服を『カッコイイ』と定義づけて売ろうとしていた」だけのような気がします。

sDSC_0991.jpg

そして花森安治が恐れた通り、木綿の美しさが省みられなかった結果、「新しいペラペラのどぎつい色と柄の生地」が主流になり木綿織物は普段着としてもほとんど姿を消してしまいました。
広い日本を見渡せば、久留米絣をはじめとして会津木綿や松阪木綿、三河木綿に伊勢木綿、ざっと挙げるだけでも真面目に織られている美しい木綿はいくらでもあるのに。

sDSC_0993.jpg
当社も微力ながら少しずつでも、日本の美しいものが真っ当に評価されるつなぎ手であり伝え手になっていきたいなー、と思いを新たにしました。
posted by 星燈社 at 09:13|

2010年05月15日

写真まみれの土曜日

ありがたいことに日々楽しく仕事をさせて頂いておりますが、それでも無意識に蓄積される疲れを癒そうと集まった大学時代の写真部同期たち。
もっとも僕らが集うのは大人の雰囲気漂う隠れ家的居酒屋ではなく、薬剤のにおい漂う写真部部室なのですが。



そんな写真まみれの部室にいるのは

sDSC_0975.jpg
以前茨城でおば様を口説いていた「かっこいい方の山本くん」。
写真なんてそっちのけで、パソコンでネットサーフィンでもしているのかなーと思ったら



sDSC_0976.jpg
ここでもしっかり写真を補正していました。
「かっこいい方の山本くん」のお株は到底奪えそうもないですね…

そんなこんなでくだらない話に花を咲かせ、気の置けない友人がいるのはとても素晴らしいことだなと感じ入った土曜日でした。
posted by 星燈社 at 23:37| 日記

2010年05月14日

東京都中央区月島「こっさ。」さん

今日ご紹介するのは、東京都中央区月島におありになる、手ぬぐいと小間物のお店・こっさ。さんです。



僕は白熱灯の似合う夜の和雑貨屋さんの佇まいがとても好きなのですが、こっさ。さんもすごく素敵な佇まい。
sDSC_0931.jpg


近くから見ると


sDSC_0939.jpg

sDSC_0942.jpg
てぬぐいが風にはためいています。



sDSC_0952.jpg
お店の前には『亀の子たわし』や

sDSC_0953.jpg
和箒が陳列されています。


sDSC_0955.jpg
では早速店内へ。失礼しまーす!


sDSC_0961.jpg
と、入ってすぐこれからの季節の花「紫陽花」の手ぬぐいが。
その下を見ると


sDSC_0959.jpg
色んなメーカーの「紫陽花」てぬぐいが置いてあります。
日本独自の染め技法「注染」独特の「ぼかし」が綺麗です。




sDSC_0972.jpg
ご覧の通り、こっさ。さんの手ぬぐいの品揃えは圧巻です。
他ではなかなか手に入らない手ぬぐいも揃っていますよー!
そして手ぬぐいの陳列で面白いのは




sDSC_0969.jpg
メーカーに関係なく、手ぬぐいを色柄ごとに並べているところです。
最近手ぬぐいを売るお店は増えてきていますが、こういう品揃えと並べ方は珍しいと思います。思わず目移り。


sDSC_0965.jpg
こちらの黒い地染めの手ぬぐいはこっさ。さんオリジナル手ぬぐい「はがし」。
月島もんじゃを食べるときに使うあれですねー!


そんなわけで全国の手ぬぐいファンの方もビギナーの方もそうでない方も月島にお立ち寄りの際は是非「こっさ。」さんへ足をお運びくださいませ。
きっとお気に入りの一枚が見つかりますよ!


ちなみに当社も今「注染」の手ぬぐいを鋭意製作中です。
細かい作業で発狂しそうになりながらも、ポップな絵柄ができあがりました。どうぞお楽しみにー!


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
手ぬぐいと小間物 こっさ。

東京都中央区月島3-14-6
         
TEL&FAX:03-3536-0125

営業時間:12時〜20時まで
   

5月の休み: 11日(火)、18日(火)、25日(火)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


posted by 星燈社 at 23:00| 日本各地のお取扱店

2010年05月13日

遠くアフリカE



sDSC_0002.jpg
タンザニアの中では涼しく「タンザニアの軽井沢」と一部(ていうか僕らの間)で言われているイリンガという街に行き、やっと念願の布地を沢山見に行くことができました。

sDSC_1030.jpg
イリンガの街並み。
キゴンセラ村に行った後だと都会に見えます。



sDSC_1031.jpg
市場の近くで話す人たち。
独特の色彩のカンガを着こなすセンスはさすが。
同行の池田くん曰く「傘の柄が今の流行」とのこと。
しかし、どこの国も女性の方がお洒落ですねー。

sDSC_1032.jpg
布屋の軒先は、さりげなく床のタイルまで素敵。

sDSC_1033.jpg
そして見上げると色の洪水。



sDSC_0002.jpg
棚にびっしりと色鮮やかな布。一軒目から目移りします。


sDSC_0036.jpg
その他に何軒も布屋をハシゴしたのですが、
僕が特に気に入ったのはこのお店。
かなり個性的な布が揃っていました。


sDSC_0034.jpg
たとえばこんなのや

sDSC_0033.jpg
こんなの

sDSC_0031.jpg
それにこんなカンガや

sDSC_0030.jpg
こういうのもありました

sDSC_0035.jpg
何よりお母さんの手伝いをしている少年の笑顔が素敵。
いい商売人になれよー!


sDSC_0042.jpg
帰り道、瀟洒な時計台があると思ったら

sDSC_0044.jpg
イスラム教寺院でした。
扉の意匠にまで工夫を凝らしていました。



タンザニアの庶民の女性たちは、色鮮やかなカンガを見事に着こなしていました。その光景の美しいこと。
でもタンザニア女性の憧れは綺麗なワイシャツに身を包んで仕事をすることらしいです。なんだか少し前の日本を見ているようですね。
日本の木綿織物の現状を見ていたらわかるように、一度日常着から消えたものを日常に取り戻すのは大変です。
タンザニアのカンガは日本のように「ダサいから着なくなる」という方向に進まず「かっこよくアレンジする」方向に進んでくれればいいなー。
しかし、そのためには皮肉なことに「西洋的なセンスを兼ね備えたタンザニア人」の存在が必要なのでしょうけれど。一回外の文化を見ないと自分たちの文化の良さには気づきにくいものですから。

なーんてことを池田くんと話し合いながら、旅は続いていくのでした。

【遠くアフリカF】に続く
posted by 星燈社 at 23:25| 『遠くアフリカ』

2010年05月11日

アフリカンテキスタイル

sDSC_0430.jpg
実家の母へ、タンザニア土産にアフリカの布(カンガ)をあげたところ、テーブルクロスを作ってさらに余り布でこんなものを作ったそうです。先日東京に遊びに来たときに撮影。

sDSC_0418.jpg
巾着

sDSC_0421.jpg
筆入れ

sDSC_0420.jpg
小物入れ

sDSC_0419.jpg
ナップザック


カンガの小物かわいいですねー。
ちなみに最初の写真(巾着)に書いてある文字はスワヒリ語のことわざで、いろんな意味があるそうです。
タンザニアの社会は女性が直接夫や上司に口頭で直接文句・意見を言うのは良しとされていないらしく、カンガのメッセージで間接的に意見を言うらしいですよ。

僕がタンザニア人だったら「飯碗ばっかり買うな」とかいうメッセージのカンガを奥さんに着られてしまうんでしょうかね(数えたら飯碗十八個持ってました)。
posted by 星燈社 at 00:44| 日記

2010年05月10日

筍を煮る

sDSC_0903.jpg

行きつけの八百屋でやわらかそうな新筍を見つけたので、迷わず購入。なんと280円。
まずは米の研ぎ汁と鷹の爪で煮てアクを抜きます。


sDSC_0918.jpg

それから筍と鶏肉を雪平鍋に入れ、ひたひたの水と味醂・醤油・昆布をひとかけら。木の落し蓋をしてじっくり煮込んだら、僕が作ったとは思えない美味しさの煮物が出来ました。
posted by 星燈社 at 01:17| 暮らしまわり

2010年05月09日

飯碗道楽

sDSC_0893.jpg
先ほど必要上の理由から自宅の器を色々出し入れしていたら、やけに飯碗ばかりたくさんあることに気がついて驚愕。
うつわ道楽ならぬ飯碗道楽ですね。


sDSC_0920.jpg
ちなみに一番のお気に入りはこいつ。
今は残念ながら休業中の吾妻橋・土庵さんで数年前に購入しました。
納豆ご飯からマグロの漬け丼まで似合う暮らしの相棒です。
posted by 星燈社 at 13:15| 日記

2010年05月06日

遠くアフリカD

【遠くアフリカ@はこちら】
【遠くアフリカAはこちら】
【遠くアフリカBはこちら】
【遠くアフリカCはこちら】


sk27.jpg
大洪水の翌日、池田くんは朝からまた授業です。僕はつい寝坊してしまったのですが、授業が終わる間際には教室に滑り込めました。


sk28.jpg
池田君と教え子。
「日本人は若く見える」とよく言われますが、確かに池田君の方が年下に見えます。



sk22.jpg

授業後、池田くんは生徒たちの期末テストを準備するために学校で仕事をしなければならなかったので、池田家の台所で僕が料理。
これからの人生まあまあ長生きする予定ですが、後にも先にもタンザニアの台所で料理をすることはないでしょう。
しかも電気ナシ。



k23.JPG
できあがったのはこれ。
「シーフードココナッツミルクパスタ」です。
シーフードとは言ってもここは山の中。昆布や乾物・干し椎茸を水で戻したものなのですが。
そんな限られた材料で作ったものですので、我ながら
「見かけはいまいち!!」
と胸を張って言えるのですが、それでも乾物の旨みは日本人の舌に合うので、まさか遥かタンザニアのしかも山奥キゴンセラ村で日本の味を満喫できました。





食後はしばしのんびり。池田くんが熱心に撮影しているのはsk25.jpg




sk21.jpg
当時できたてホヤホヤの茶筒の大・小。
中にはそれぞれ坂本くん・石島さんからのお土産のお茶葉が入っています。



そして実は池田くんはこの日から勤めている学校がテスト休みに入るため10日余りの休暇を取ることができ、僕と共にキゴンセラを出て街に向かうことになっていたのでした。なんと心強い。


sk19.jpg
一路、赤土のアフリカらしい道へ。



sk20.jpg
車が来たら2秒でわかる素敵な道路。




sk-1.jpg
街へ行くバスまでまだしばらく時間があるので、キゴンセラで一番人気があるバー(通称キゴンセラの銀座)でビールを飲んでいるときに、ふと目に入ったのは


sk18.jpg
床屋の看板。もっとよく見ると





sk30.jpg
すっごくガラが悪そう。
しかもご丁寧に左右の眉毛に剃りこみ入り。けど肝心の髪型は、タンザニア人男性のほとんど全員がスキンヘッドか坊主だったような…それでも床屋がやっていけるんだからタンザニアはすごい!


sk14.jpg
それから大地震のように揺れるバスに7時間ほど揺らり揺られて辿り着いたのはソンゲアという街。





sk7.jpg
丁度夕飯どきだったので炭火の焼き鳥を。





sk4.jpg
焼いているのはさっきの床屋の看板顔負けのコワモテお兄さん。




sk5.jpg
と思いきやニコリ



sk10.jpg
お兄さん特製、焼き鳥のポテト添え。
ビールのつまみに最高です



タンザニアはもともとイギリス領だったので普通に英語は通じます。
でも英語よりもスワヒリ語で交渉するほうが圧倒的にぼったくられることが少ないので、色んな交渉の場面ではついついスワヒリ語をしゃべれる池田君に頼ってしまいました。

以下の写真は、焼き鳥屋のお女将さんとスワヒリ語で話す池田くん。
僕はスワヒリ語はわからないので、会話の内容を勝手に類推。



sk12.jpg
「女将さん、焼き鳥うまかったよー」
「ホント?」
「ウソだと思うなら女将さんも食べてみなよー」




sk11.jpg
「ホントだオイシーーーー!」
「でしょーー!」




sk13.jpg
「オイシーーーーーー!!」
「ほらねーー!」



sDSC_0002.jpg
そうして盛り上がった翌朝、朝イチのバスでイリンガという街に行き、やっと念願の布地を沢山見に行くことができたのでした。



【遠くアフリカEに続く】
posted by 星燈社 at 22:07| 『遠くアフリカ』

2010年05月03日

栃木県宇都宮市、露さんA





sDSC_0611.jpg
ついつい露さんに長居しすぎた僕と坂本くん(中学・高校の同級生)は、陶器市に間に合うよう、脇目も降らずに益子へ向かいました。

sDSC_0614.jpg

とか言いつつ、実はナビ役の僕が道中の綺麗な農村風景に気を取られて思う存分脇目を振りまくって坂本くんが何度も道に迷いかけたんですけどね。
坂本くん、 ごめん!!



sDSC_0619.jpg

さてしかし僕の名案内と坂本くんの活躍により、無事に益子へと到着しました。益子参考館前の水田がとても綺麗。


sDSC_0624.jpg

こちらは陶器市の会場。車で来たのをいいことに、小皿や湯呑みを買い込んでしまいました。散財!


sDSC_0632.jpg

益子には何度も訪れていますが、陶器市のあるこの時期に来たのははじめてでした。
良かったです、陶器市。是非またこの時期に訪れたいです。



sDSC_0638.jpg
わたぼうし。



sDSC_0635.jpg
夕暮れ。


sDSC_0646.jpg
坂道。


sDSC_0645.jpg
煙突。



sDSC_0654.jpg

sDSC_0662.jpg
改装後、はじめて訪れるSTARNET。さらに進化・深化して素晴らしい場所になっていました。



sDSC_0666.jpg
STARNETのアイドル、ヤギのメーちゃん。




sDSC_0667.jpg
しかし僕にはつれない態度。



sDSC_0668.jpg
と思いきや



sDSC_0671.jpg
あっ



sDSC_0672.jpg
こんばんはー



sDSC_0673.jpg
そしてちょうど夕闇が訪れる頃、益子の町を出ました。
帰りは急がないので、僕が車を運転しました。安全第一!
(危うく田んぼに落ちそうになったのは内緒です)。



益子の町から直接帰京はせず、再び宇都宮へと向かいました。
というのも、同行の坂本くんと「絶対日が暮れてからの露さんは雰囲気良いから行ってみようぜ」と言い合っていたからです。





さて果たして、夜の露さんは

sDSC_0705.jpg
想像以上の素敵さ。



sDSC_0686.jpg
和小物には白熱灯がよく似合います。


sDSC_0683.jpg
江戸風鈴は、外から見ても素敵ですが



sDSC_0693.jpg
やはり天井にズラリ並んでいるのは格別です。
白熱灯の中の風鈴たちは、まるで縁日のような風情を醸し出していてグッと来ました。




sDSC_0707.jpg
お昼に伺った時には気付かなかったのですが、ふと壁を見ると宇都宮ゆかりの人物、川上澄生の版画が!
生の版画を見るのははじめてで思わず感動。




しかもなんと「露さんができるまで」の写真も見せていただけました。

sDSC_0689.jpg
ワン



sDSC_0690.jpg
ツー



sDSC_0691.jpg
スリー!


sDSC_0680.jpg
そして今。
何もないところにひとつのお店ができてその地に根付いていく、ということの意味を垣間見たような気がします。




sDSC_0702.jpg
最近気分が和んでないなー、という方は是非露さんへ!



sDSC_0698.jpg
気分が和む証拠に、いつもはクールな坂本くんも


sDSC_0699.jpg
思わず満面の笑み。
もう結構付き合い長いんですが、坂本くんのこんないい笑顔見はじめて見ました。いやホントに。




sDSC_0677.jpg

系列店のレストラン・キッチンフィールドさんもすごく美味しいですよ。こちらも合わせて是非にー!



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


〒321−0151 栃木県宇都宮市西川田町71−5
         
電話番号:028−684−6121

営業時間:12時〜21時まで
   

定休日 :水曜日
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by 星燈社 at 22:51| 日本各地のお取扱店

栃木県宇都宮市、露さん@


sDSC_0512.jpg
昨日、陶芸の里・栃木県益子町の陶器市に合わせて同県宇都宮市におありになる「露」さんへご挨拶に伺いました。





sDSC_0598.jpg
今回の旅のお供は中学・高校の同級生・坂本くん。
僕のおぼつかない運転をフォローしてくれます。ありがとう!



sDSC_0609.jpg
宇都宮と益子町の位置関係はこんな感じ。
そんなわけで出発です。




sDSC_0499.jpg
東京を出発してまず辿り着いたのはみんな大好き「道の駅」。
「ごか」は「五霞」と書きます。茨城県です。



はためく旗は
sDSC_0507.jpg
うまいもんどころ(水戸黄門にあやかったのでしょうか)。
早速「いばらきを食べよう!」と僕らが向かった先は



sDSC_0464.jpg
道の駅の醍醐味、農産物直売所。
新鮮な野菜がたくさんあったのですが




sDSC_0465.jpg
さすがにこのキャベツはたくさん過ぎのような気がしますね。





sDSC_0476.jpg
壁には、道の駅で売っている野菜の生産者さんのお名前がズラリ。




sDSC_0484.jpg
結局購入したのは道の駅の醍醐味、乳製品。
北海道の道の駅の乳製品も美味しいけれど、こちらも負けず劣らず美味しかったです。オススメです。



sDSC_0489.jpg
あと季節の柏餅も食べたりして。




sDSC_0474.jpg
道の駅には国産箒も売っていました。
キャベツもたくさんある上に箒もあれば、いざとなったら道の駅で暮らせそうですね!





sDSC_0493.jpg
外にはシロツメクサが。すっかり春。





sDSC_0477.jpg
あっ田舎犬!


sDSC_0478.jpg
チラリ





というわけで田舎犬に後ろ髪を引かれながらも道の駅を出発し、なんとか栃木県・宇都宮市に到着しました。


sDSC_0568.jpg
車を降りて早速見えてきたるは



sDSC_0512.jpg
目的のお店「露」さんです。
露さんは宇都宮の人気レストラン・レストランフィールドさんの敷地内に建っている和小物のお店です。店内に入る前に、既にこの佇まいが素敵!




sDSC_0517.jpg
看板は古材か流木で作られていて、実にいい風合いが出ています。



sDSC_0569.jpg
では早速おじゃまします!




sDSC_0577.jpg
店内は、茶色を基調とした落ち着いた佇まい。
そして外から見るよりも随分と高く感じられる天井には




sDSC_0526.jpg
沢山の江戸風鈴!



sDSC_0552.jpg
店内奥を眺めてみると



sDSC_0530.jpg
ブリキの米びつ(日本製)や



sDSC_0529.jpg
使いやすそうなガラスのコップ、箸



sDSC_0554.jpg
それから当社の茶筒も大小仲良く座っていました。
ちなみに僕が伺う前日に茶筒を買ってくださったお客様が居られたそうで、1日早く伺えばよかったなーと悔やみました。
5月1日に露さんで茶筒を買ってくださったお客様、この場を借りてどうもありがとうございました。



sDSC_0541.jpg
一方レジの前には紙モノがズラリ。


sDSC_0579.jpg
駄菓子屋さんで使われていたであろう瓶にはテープが入っていました。
テープがお菓子みたいで、選ぶのがとても楽しそうですね。
当社の紙モノはどこにあるのかなーと探してみたら



sDSC_0533.jpg
こんなところにいました。



sDSC_0594.jpg

あとひょうたん好きとしてすごくツボにはまったのが、この「ひょうたん抜き型」。
(買って帰ってくるのを忘れてしまったことに今気付きました。迂闊!)。




sDSC_0601.jpg

ついつい時を忘れて露さんに長居してしまい、気がついたら益子の陶器市に間に合うか間に合わないかギリギリの時間。
でも車で急げばなんとか間に合いそう。がんばるぞ!

とか言いつつ、急ぐときは怖いから僕は運転しないんですけどね。
坂本くん、がんばって!



【栃木県宇都宮市、露さんAへつづく】
posted by 星燈社 at 20:45| 日本各地のお取扱店

2010年05月01日

5月1日はすずらんの日

sk1.jpg

本日、5月1日は「すずらんの日」。

フランスやイギリスでは5月1日を「すずらんの日」と呼び、
大切な人やお世話になった方へ鈴蘭の花を贈る習慣があるそうです。その花を受け取った方には幸せが訪れるとか。

上の写真は、「すずらんの日」生まれの、札幌のすずらん鞄さんが送って下さったもの。
何を隠そう「すずらん鞄」の屋号の由来は、店主の多田さんが5月1日生まれだからなのです。
お誕生日おめでとうございますー!



さて、上の写真の包みを紐解きますと

sk2.jpg
すずらんの日についての説明書きと



pc1.jpg
すずらん柄の素敵なポストカードが入っておりました。



このポストカードを投函することで「すずらんの花を大切な人に贈る」、というなんとも素敵な企画なのです。むくつけき僕には到底思い付かない…


身近にいる大切な人との関係を再確認する「すずらんの日」は本当に良い日だなーと思います。
バレンタインデーとは違った、真っ当な形で日本にも根付いていったらとても良いですねー!
【画像提供:すずらん鞄さん】
posted by 星燈社 at 12:26| 日記