W.jpg

 

2010年05月03日

栃木県宇都宮市、露さんA





sDSC_0611.jpg
ついつい露さんに長居しすぎた僕と坂本くん(中学・高校の同級生)は、陶器市に間に合うよう、脇目も降らずに益子へ向かいました。

sDSC_0614.jpg

とか言いつつ、実はナビ役の僕が道中の綺麗な農村風景に気を取られて思う存分脇目を振りまくって坂本くんが何度も道に迷いかけたんですけどね。
坂本くん、 ごめん!!



sDSC_0619.jpg

さてしかし僕の名案内と坂本くんの活躍により、無事に益子へと到着しました。益子参考館前の水田がとても綺麗。


sDSC_0624.jpg

こちらは陶器市の会場。車で来たのをいいことに、小皿や湯呑みを買い込んでしまいました。散財!


sDSC_0632.jpg

益子には何度も訪れていますが、陶器市のあるこの時期に来たのははじめてでした。
良かったです、陶器市。是非またこの時期に訪れたいです。



sDSC_0638.jpg
わたぼうし。



sDSC_0635.jpg
夕暮れ。


sDSC_0646.jpg
坂道。


sDSC_0645.jpg
煙突。



sDSC_0654.jpg

sDSC_0662.jpg
改装後、はじめて訪れるSTARNET。さらに進化・深化して素晴らしい場所になっていました。



sDSC_0666.jpg
STARNETのアイドル、ヤギのメーちゃん。




sDSC_0667.jpg
しかし僕にはつれない態度。



sDSC_0668.jpg
と思いきや



sDSC_0671.jpg
あっ



sDSC_0672.jpg
こんばんはー



sDSC_0673.jpg
そしてちょうど夕闇が訪れる頃、益子の町を出ました。
帰りは急がないので、僕が車を運転しました。安全第一!
(危うく田んぼに落ちそうになったのは内緒です)。



益子の町から直接帰京はせず、再び宇都宮へと向かいました。
というのも、同行の坂本くんと「絶対日が暮れてからの露さんは雰囲気良いから行ってみようぜ」と言い合っていたからです。





さて果たして、夜の露さんは

sDSC_0705.jpg
想像以上の素敵さ。



sDSC_0686.jpg
和小物には白熱灯がよく似合います。


sDSC_0683.jpg
江戸風鈴は、外から見ても素敵ですが



sDSC_0693.jpg
やはり天井にズラリ並んでいるのは格別です。
白熱灯の中の風鈴たちは、まるで縁日のような風情を醸し出していてグッと来ました。




sDSC_0707.jpg
お昼に伺った時には気付かなかったのですが、ふと壁を見ると宇都宮ゆかりの人物、川上澄生の版画が!
生の版画を見るのははじめてで思わず感動。




しかもなんと「露さんができるまで」の写真も見せていただけました。

sDSC_0689.jpg
ワン



sDSC_0690.jpg
ツー



sDSC_0691.jpg
スリー!


sDSC_0680.jpg
そして今。
何もないところにひとつのお店ができてその地に根付いていく、ということの意味を垣間見たような気がします。




sDSC_0702.jpg
最近気分が和んでないなー、という方は是非露さんへ!



sDSC_0698.jpg
気分が和む証拠に、いつもはクールな坂本くんも


sDSC_0699.jpg
思わず満面の笑み。
もう結構付き合い長いんですが、坂本くんのこんないい笑顔見はじめて見ました。いやホントに。




sDSC_0677.jpg

系列店のレストラン・キッチンフィールドさんもすごく美味しいですよ。こちらも合わせて是非にー!



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


〒321−0151 栃木県宇都宮市西川田町71−5
         
電話番号:028−684−6121

営業時間:12時〜21時まで
   

定休日 :水曜日
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by 星燈社 at 22:51| 日本各地のお取扱店

栃木県宇都宮市、露さん@


sDSC_0512.jpg
昨日、陶芸の里・栃木県益子町の陶器市に合わせて同県宇都宮市におありになる「露」さんへご挨拶に伺いました。





sDSC_0598.jpg
今回の旅のお供は中学・高校の同級生・坂本くん。
僕のおぼつかない運転をフォローしてくれます。ありがとう!



sDSC_0609.jpg
宇都宮と益子町の位置関係はこんな感じ。
そんなわけで出発です。




sDSC_0499.jpg
東京を出発してまず辿り着いたのはみんな大好き「道の駅」。
「ごか」は「五霞」と書きます。茨城県です。



はためく旗は
sDSC_0507.jpg
うまいもんどころ(水戸黄門にあやかったのでしょうか)。
早速「いばらきを食べよう!」と僕らが向かった先は



sDSC_0464.jpg
道の駅の醍醐味、農産物直売所。
新鮮な野菜がたくさんあったのですが




sDSC_0465.jpg
さすがにこのキャベツはたくさん過ぎのような気がしますね。





sDSC_0476.jpg
壁には、道の駅で売っている野菜の生産者さんのお名前がズラリ。




sDSC_0484.jpg
結局購入したのは道の駅の醍醐味、乳製品。
北海道の道の駅の乳製品も美味しいけれど、こちらも負けず劣らず美味しかったです。オススメです。



sDSC_0489.jpg
あと季節の柏餅も食べたりして。




sDSC_0474.jpg
道の駅には国産箒も売っていました。
キャベツもたくさんある上に箒もあれば、いざとなったら道の駅で暮らせそうですね!





sDSC_0493.jpg
外にはシロツメクサが。すっかり春。





sDSC_0477.jpg
あっ田舎犬!


sDSC_0478.jpg
チラリ





というわけで田舎犬に後ろ髪を引かれながらも道の駅を出発し、なんとか栃木県・宇都宮市に到着しました。


sDSC_0568.jpg
車を降りて早速見えてきたるは



sDSC_0512.jpg
目的のお店「露」さんです。
露さんは宇都宮の人気レストラン・レストランフィールドさんの敷地内に建っている和小物のお店です。店内に入る前に、既にこの佇まいが素敵!




sDSC_0517.jpg
看板は古材か流木で作られていて、実にいい風合いが出ています。



sDSC_0569.jpg
では早速おじゃまします!




sDSC_0577.jpg
店内は、茶色を基調とした落ち着いた佇まい。
そして外から見るよりも随分と高く感じられる天井には




sDSC_0526.jpg
沢山の江戸風鈴!



sDSC_0552.jpg
店内奥を眺めてみると



sDSC_0530.jpg
ブリキの米びつ(日本製)や



sDSC_0529.jpg
使いやすそうなガラスのコップ、箸



sDSC_0554.jpg
それから当社の茶筒も大小仲良く座っていました。
ちなみに僕が伺う前日に茶筒を買ってくださったお客様が居られたそうで、1日早く伺えばよかったなーと悔やみました。
5月1日に露さんで茶筒を買ってくださったお客様、この場を借りてどうもありがとうございました。



sDSC_0541.jpg
一方レジの前には紙モノがズラリ。


sDSC_0579.jpg
駄菓子屋さんで使われていたであろう瓶にはテープが入っていました。
テープがお菓子みたいで、選ぶのがとても楽しそうですね。
当社の紙モノはどこにあるのかなーと探してみたら



sDSC_0533.jpg
こんなところにいました。



sDSC_0594.jpg

あとひょうたん好きとしてすごくツボにはまったのが、この「ひょうたん抜き型」。
(買って帰ってくるのを忘れてしまったことに今気付きました。迂闊!)。




sDSC_0601.jpg

ついつい時を忘れて露さんに長居してしまい、気がついたら益子の陶器市に間に合うか間に合わないかギリギリの時間。
でも車で急げばなんとか間に合いそう。がんばるぞ!

とか言いつつ、急ぐときは怖いから僕は運転しないんですけどね。
坂本くん、がんばって!



【栃木県宇都宮市、露さんAへつづく】
posted by 星燈社 at 20:45| 日本各地のお取扱店