W.jpg

 

2010年12月19日

握りの寿司屋のように


以前、ある雑誌で外国人のグルメ専門ライターが

「日本の握りの寿司屋はすごい。
まず、お客にどんな具材を使っているかを目の前に見せる。
その上で、客の目の前で調理をするから噓のある仕事はできない。
さらに、調理人は、常に店全体に心配りをすることも必要になる。
世界のどんな高級料理を探しても寿司屋のような業態はない。」

というような記事を書いていて、思わず僕も「なるほど!」と膝を打ちました。

寿司屋とは業態は全然違いますが、星燈社も
--------------------------------------------------------------

@どんな素材を使っているかをしっかりと見せる
Aその上で、どんな過程で製作したかを、噓のないように説明する
B常にお取引先やお客様への心配りをする

--------------------------------------------------------------
ゆっくりとですが、そんな風にしていきたいと考えています。
実は『日本の布と日本のかたち』という項も、そんな理由があって書いたのでした。

それから、ささやかな第一歩なのですが

DSC_0820.jpg

オンラインショップを少しだけリニューアルしました。


about-seitousha.jpg
新たに「星燈社について」のページや

zenkoku-toriatukai.jpg
「全国の取扱店一覧」
のページを作りました。
小売店さんの名前と所在地を載せるだけではなく、もっと「温度」のようなものが伝わればいいなーと思い、【星燈社からのご紹介】というリンクを作りました。
まだご紹介できていないお店もあるのが心残りですが…でもひとまず公開いたします。


gaiyou.jpg
あとどんな会社なのかがすぐわかるように、会社概要もすんなり見られます。


そんなわけで、よろしければお手すきの際にどうぞご覧下さいませ。
ああ、なんかお寿司食べたくなってきました。
posted by 星燈社 at 09:00| 日記