W.jpg

2011年02月28日

専門店になる

DSC_0898.jpg

インターネットが発達し・webショップで地域の別なく色んなものを手に入れることができるようになった今、以前よりも使い手の目が肥えてきているように感じます。

そういう状況の中、よほどの大企業を除いて小売店やメーカーは「なんでも屋」じゃなく「専門店」を目指していくべきなんじゃないでしょうか。
難しい(僕的に)言葉を使うと『ランチェスターの法則』というやつですね。

というわけで、今年は「専門店」をキーワードに着実に進んでいこうと思っています。
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年02月27日

3月からは

DSC_0853.jpg

3月1日から、春の青春18きっぷが使えるようになりますね。
とは言っても、学生時代と違い、何日もかけてゆっくりどこかへ…というわけにはいきませんが。でも普段は微妙に足を運ぶのが億劫な距離の、たとえば鎌倉や静岡なんかに行けたらいいなーと思っています。

ちなみに今回の青春18きっぷのチラシ(上の写真)は、僕の地元・北海道の函館から程近い大沼という場所です。湖がきれいで、のんびりしたいいところですよ。

DSC_0841.jpg

余談ですが、先日おみやげに頂いた飲茶セットをせいろで蒸してみたらおいしかったです。たまにはちょっと手間をかけてせいろなんて使ってみるのもいいですね。

posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年02月26日

中野・大橋

JR中野駅から歩いてすぐ、「大橋」というお茶屋さんへ行ってきました。

写真がなくて申し訳ないのですが、お茶屋さんにしては珍しく洋風な店内。
今風なお店だなーと思いきや、実は江戸創業(1653年)の老舗とのこと。なんでも、もっと若い方にも間口を開こうとフランスの片田舎風に改装したとか。

DSC_0835.jpg
茶葉のパッケージもこんな感じ。紅茶みたいですね。

老舗の名前にあぐらをかかずに色々と工夫されているのを見るにつけ、新参者なんかはもっともっとがんばらなきゃなーと思います。
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年02月25日

春一番

DSC_0833.jpg

今日の関東は春一番が吹いてあたたかでした。そろそろ春の予感がしてきました。

雑貨のメーカーは、半年ほど季節を先取りしてカタログ・新商品を作るのが普通みたいですが、どうも夏に冬のこと・冬に夏のことを想像するのが難しく、星燈社は季節と並行して四季のレターセットや新柄を出しています。

でも、寒い冬にあったかい春を想像して新柄を作ったりするのも悪くないかもしれませんねー。これから精進しようと思います。
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年02月24日

神楽坂あるき

DSC_0823.jpg
神楽坂まで足を伸ばし「ここん神楽坂」さんまで行ってきました。

DSC_0814.jpg
色みが綺麗な手捺染の風呂敷がありました。
淡い色の組み合わせでも、合わせ方次第で華やかになりますね。勉強になります。


それから時期が時期ですので
DSC_0821.jpg
ひな人形がズラリ。

DSC_0822.jpg
型染めのひな人形が特にかわいかったです。

DSC_0817.jpg
ちなみにカウンター横の飾り棚には

DSC_0819.jpg
当社の茶筒が並んでいます。
木の棚に茶筒って似合いますね。


それから帰り道に
DSC_0827.jpg

神楽坂に新しくできた『PAUL』というフランスに本店があるらしいパン屋へ寄りました。ここで売っている二色のオリーブのパンがすごくおいしいですよ!神楽坂に立ち寄った際にはぜひぜひ。
posted by 星燈社 at 22:00| 日本各地のお取扱店

2011年02月23日

麻布かりんと

先日友人の坂本くんから、「麻布かりんと」の芋かりんとうをもらいました。どうもありがとうございます。

DSC_0813.jpg

こんな洒落たパッケージのかりんとうもあるんですね。
日本の伝統文様を使いながらもモダン。中身もおいしかったです。

老舗といわれる和菓子屋さんは別ですが、かりんとうのような日用の和菓子に関してはまだまだかわいいパッケージが少ないなーと感じます。
でも、多分これからの時代は「麻布かりんと」のような、ちょっと洒落たパッケージの日用和菓子が増えてくると思います(増えなかったらごめんなさい)。

posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年02月22日

急須

kyusu.jpg


別にもったいぶるような話じゃないので書かせていただきますが、昨日さらりとご紹介した、企画中の新製品は「急須」です。素材は、磁器にするつもりでおります。

急須本体の絵柄はもちろん、外箱の色やラベルや急須の中に入れる「かご網」の大きさ・深さなど決めないといけないことがたくさんあって、とても楽しいです。



おまけ
DSC_0810.jpg

最近、珈琲とあんこって案外結構合うなーと気づきました。
探してみればこういう意外な組み合わせって結構いろいろとあるのかもしれないですね。

posted by 星燈社 at 22:00| 製品ができるまで

2011年02月21日

色見本

DSC_0803.jpg

新製品の色校正のために色見本を送付しました。
右の「ゆきだま」は特に微妙な色合いが売りです(と思っている)ので、うまく色が出ることを祈っています。

あ、ちなみにこの汚い字は僕の字ですが、本気を出せばもっとうまく書けるので大丈夫です心配いりません。
なんたって小学校の書道の時間には、教科書の上に半紙を重ねて見本を写し書きした程の実力ですので。もっとも、それでも評定は「普通」でしたが。やっぱり真似をしても結局ボロが出るんですね。


それから中学生の書道の時間には、小渕恵三氏を敬して「平成」と書いた半紙を掲げるのがちょっとした流行になりました。あ、でも平成生まれの子はこれ知らないのかな。
posted by 星燈社 at 22:00| 製品ができるまで

2011年02月20日

こでまり


新作図案「こでまり」のご紹介です。
KODEMARI.jpg

小さい手毬(てまり)のような花なので「こでまり」。昔の人はずいぶん小粋な名前をつけたものですね。
昨日ご紹介した「三色だんご」「あん菓子」「やまぼうし」それから「野あそび」とともに、こちらの絵柄も春先にお目見えする予定です。



そうそう、春先といえば

tabineko-nanbu.jpg

ゴールデンウィーク中にまたがって2週間ほど、いつもお世話になっております雑司が谷「旅猫雑貨店」にて星燈社の展示販売会を開催して頂く予定です。
春に出る新作がずらっと並びます。新柄などをご覧になりたい方は、散歩がてらぜひぜひ足をお運び下さいませ!
posted by 星燈社 at 22:00| 新製品のお知らせ

2011年02月19日

三色だんご



三色だんご.jpg


華やかな色合いの新柄ができあがりました。
モダンな水玉模様…と見せかけて、見てうれしい食べておいしい「三色だんご」です。
よーく見ると赤・白・緑の3つが連なっただんごも混じっています。街で見かけた際にはぜひお探し下さい(ウォーリーよりは断然見つかりやすいと思いますよ)。
posted by 星燈社 at 22:00| 新製品のお知らせ

2011年02月18日

クロッシェイオン大日店さん

大阪府でも、クロッシェイオン大日店さんにて、星燈社の製品をお手に取ってお選び頂けるようになりました。

みなさまご存知のショッピングモール・イオン大日店の中にございまして、なんとお店の営業時間は朝の9時から夜の23時!

市営地下鉄谷町線・大阪モノレールの「大日駅」に直結しておりますので、アクセスも便利です。
とても素敵なお店ですので、どうぞ皆様足をお運び下さいませ!
僕も3月もしくは4月には、休みを使って足を運んでみる予定です。その際はこちらでもお店のレポートをさせて頂きますね。


---------------------------------
クロッシェ イオン大日店

〒570-0016
大阪府守口市大日東町1-18

TEL&FAX.06-4252-3552

OPEN:9:00-23:00

---------------------------------

posted by 星燈社 at 22:00| 日本各地のお取扱店

2011年02月17日

初春の月島

DSC_0791.jpg
仕事を早めに終わらせて、月島・こっさ。さんへ伺いました。

DSC_0784.jpg
店頭のてぬぐいはひな祭りシーズン。

DSC_0787.jpg
他にもひな祭りの手ぬぐいが沢山揃っております。かわいいですねー。
星燈社も来年は「ひなこけし」の手ぬぐいを作ろうかと思います。

DSC_0789.jpg
壁面ギャラリーもひな祭です。

それから、忘れちゃいけない
DSC_0788.jpg
こっさ。さんがめでたく開店5周年を迎えられました。
おめでとうございます!


というわけで、上の写真に書いてあります5周年記念のノベルティーレターセットを星燈社で作らせていただきました。

そんなわけでこちらが
DSC_0793.jpg
ざらざら紙のレターセット「こっさ。」
(一部では、ざらざら紙のレターセットの中で一番かわいいんじゃないかという噂も)

DSC_0795.jpg

がまぐち・扇子・下駄や荒物、それから新潟のお米など、こっさ。さんで扱われている品をちりばめました。


DSC_0797.jpg

上には、こっさ。さんの玄関口の手ぬぐいのれんと外灯をあしらっております。

DSC_0796.jpg

便箋15枚/封筒3枚入り。月島土産にもいいかもしれませんねー。
数量限定ですので、お早めにどうぞ!
posted by 星燈社 at 22:00| 日本各地のお取扱店

2011年02月16日

春とこけし

DSC_0758.jpg
雑司が谷『旅猫雑貨店』へおじゃまして参りました。

DSC_0757.jpg
入り口にはひなまつりのてぬぐいが。
ずいぶんと凝った染めですね!


DSC_0748.jpg
店内には春らしい品がたくさん入荷しています。

ちなみに
DSC_0749.jpg
今日の新入荷はつくしの箸置きです。

それから、こけし好きにはたまらないのが
DSC_0752.jpg
「こけし」柄の風呂敷!
(詳しくはこちらをご覧下さい)

DSC_0753.jpg

星燈社のこけしモチーフのレターセットも「こけし」「帽子こけし」「ひなこけし」が揃いぶみです。

それから珍しいところでは
DSC_0745.jpg
こけし千社札!こちらの商品は、遠方からの注文もあるそうです。
先に紹介した風呂敷もそうですが、最近はいろんなメーカーがこけしモチーフの商品くぉ作り始めているようです。こけしマーケットの確かな広がりを感じます。嬉しいことです。
posted by 星燈社 at 22:00| 日本各地のお取扱店

2011年02月15日

運転と運営

kaerimichi.jpg


別におもしろくもなんともない話ですが、会社やお店の運営は、車の運転に似ているように思います。

まわりをよく見ず猛スピードで進めばカーブを曲がりきれませんし、思いもかけない事故に遭います。
かと言って先の進み方を考えすぎて止まっていたら、今度はバッテリーが上がってしまい動けなくなります。

要するに、車の運転でも会社(お店)の運営でも大事なことは、先の見通しを立てながら周りの状況を見て、ゆっくりでも安全運転することなのかなー、なんて柄でもないことを考えてみました。

ちなみに僕は車の運転にこれでもかというぐらい自信がないので、かなり安全運転です。
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年02月14日

雪のバレンタイン

DSC_0699.jpg

今日は東京も雪のバレンタインになりましたね。
ホワイトクリスマスならぬホワイトバレンタインってことになるんでしょうね。電車は止まって大変でしたけど。

ちなみに僕は北海道育ちなので、高校生まではホワイトクリスマスもホワイトバレンタインも毎年のことでした。

それでふと思い出したんですが、僕が高校2年生のバレンタインの日、理由は忘れましたが(たぶん寝坊)学校に大遅刻。学校に着いたときにはもう一時間目の授業も半ば。

で、普段から僕に厳しい担任のよしこ先生が

「山本おまえなんで遅刻した?」

と聞いてきたので、ああこれはまずいと思いイチかバチか

「登校途中に数え切れないぐらいの女学生に囲まれてチョコ攻めに遭い、到底持ちきれなかったので自宅にチョコを置いてきたから遅れました」

と言い訳したところ、よしこ先生も爆笑してまさかのお咎めなしでした。

よしこ先生、あの時はありがとうございました。

でも今だから白状しますけど…実はあれウソでした!ごめんなさい!

posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年02月13日

日本茶と珈琲

昨日に続いてお茶と珈琲の話題です。

DSC_0684.jpg

珈琲と日本茶に対して、多くの日本人は「珈琲は外で飲むもの」「お茶は家で飲むもの」という意識を持っているように感じます。

コーヒーショップのチェーン店が多くある一方で、日本茶カフェのチェーン店をほとんど見かけないのはその辺りの意識の違いからきているのでしょうね。

星燈社としてはそういった「お茶は家で飲むもの」という意識を否定するつもりはまったくなく、むしろかなり賛成です。

CS.jpg

ただ、そこにひとつプラスしたいのは「日本茶のある生活を新鮮に楽しむ」という意識です。
たとえばちょっと気の利いた茶器を使ったり、楽しみながら茶葉を選ぶことなど。

b28de8e931.JPG

ささやかではありますが、そうやって日本茶を日常の中で新鮮に楽しむことこそ「日本茶は日本の誇れる文化だ」と胸を張るための第一歩になるのではないでしょうか。

と、まあそんな大仰なことを書きましたが、要約すると、どっちみち日本茶は日本人が一生つきあっていくものですし折角なら楽しまなきゃ損だ、というお話でした。

posted by 星燈社 at 22:00| 製品ができるまで

2011年02月12日

お茶まわりをトータルに

DSC_0677.jpg

今年は、お茶まわりをトータルで楽しんで頂くための色々な試みをはじめようと思っています。

コーヒーまわりで素敵な品物はいろいろとありますが、日本茶まわりになると、まだまだ素敵な品物は少ないように感じます。
そんなわけで、生活に馴染み・茶筒とセットでギフトにもなるお茶まわりの品を色々と検討中です。日本茶まわりの生活をトータルで提案しているメーカーは少ない(僕が知らないだけかも)ので、わくわくします。
posted by 星燈社 at 22:00| 製品ができるまで

2011年02月11日

鎌倉絵はがき

DSC_0678.jpg

鎌倉みやげに、ささめやゆき画『鎌倉絵はがき』をいただきました。どうもありがとうございます。

DSC_0679.jpg

こちらは、改装前の鎌倉の老舗喫茶店・ミルクホールを描いたもの。そういえば去年の12月から再び改装オープンしたんですよね。改装後はどんな雰囲気になったのでしょう。鎌倉に遊びに行かなくては。
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年02月10日

椿と桜展

椿と桜.jpg

北海道・洞爺湖におありになる当社のお取引店『HOLIDAY MARKET TOYA』さんにて、ひと足早く春を感じる『椿と桜』展が開催されております。
というわけで、店主・宮崎さんから画像を頂きましたので、こちらでもチラリご紹介いたします。

20110202_2037892.jpg
展示の入り口には生花の椿が活けてあります。

20110202_2037891.jpg
椿はやはり華やかですねー。

椿柄の和雑貨は
022.jpg
竹久夢二デザイン・椿柄の製品が揃っています。

023.jpg
年代問わずお持ちになれるデザインです。

桜の雑貨は
016.jpg
手ぬぐいや

20110131_2036142.jpg
桜染めのショールなどが揃っていますよ。


こちらにご紹介しきれないぐらい、他にもまだまだ桜と椿の雑貨が揃っております。2月いっぱい開催しておりますので、北海道の方は是非足をお運び下さいませ!
posted by 星燈社 at 22:00| 日本各地のお取扱店

2011年02月09日

沖縄県宜野湾市『そ』

今月より、沖縄県宜野湾市におありになる、雑貨屋[そ]ssoさんでの星燈社製品のお取り扱いがはじまりました。

[そ]ssoさんは、その名の通り素朴で簡素な、毎日の生活に役立つ道具が揃うお店です。
『まいにちの、素。』というお店のブログに掲載されている写真も紹介文もイラストも、ただの商品紹介では終わらない魅力に溢れています。
というわけで、お近くの方は、ぜひぜひ足をお運び下さいませ!



---------------------------------
[そ]sso

〒901-2225
沖縄県宜野湾市大謝名1-24-18
TEL&FAX.098-898-4689

営業時間:12:30 −19:30

定休日:水・木
---------------------------------
posted by 星燈社 at 22:00| 日本各地のお取扱店

2011年02月08日

茶筒再入荷のお知らせ

欠品しておりました茶筒が再入荷して参りました。


ちなみに、今回ロットより、全ての茶筒に底面プリントが入ります(あんまり誰も気にしないでしょうけど)。

春の新作茶筒の製造も着々と進んでいます。どうぞ楽しみにお待ち下さいませ。
posted by 星燈社 at 22:00| お知らせ

2011年02月07日

『やまぼうし』

やまぼうし.jpg


日本の野山に生える『山法師』の花の絵柄です。

園芸用に大事に育てられる花ではないのでご存じない方も多いかもしれませんが、素朴ながら疲れた登山客の目を和ませてくれる花です。

その素朴な花だからこそ、ぽち袋や茶筒など、生活まわりの品の絵柄として、ぴったりかなと思います。
posted by 星燈社 at 22:00| 星燈社の和柄

2011年02月06日

臨時休業のお知らせ

臨時休業のお知らせ.jpg


誠に勝手ながら、2月7日(月)は、当社臨時休業とさせて頂きます。

休業期間中に頂きましたご連絡は、2月8日(火)以降、順次対応させて頂きます。
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
posted by 星燈社 at 22:00| 日本各地のお取扱店

2011年02月05日

展示会に行ってきました

DSC_0043.jpg
昨日、展示会へ足を運んできました。会場を見て回った後、久留米絣の織元さんへご挨拶。久留米絣の生地をたくさん見せて頂きました。

あまり時間はなかったのですが、若い方でも馴染みやすくかわいい生地を数点見つけました。星燈社で製品化するのが早くも楽しみです。
posted by 星燈社 at 12:00| 日記

2011年02月04日

月島と米飴生姜

DSC_0034.jpg
月島『こっさ。』さんへ納品に伺いました。

DSC_0031.jpg
店先にはひなまつりの手ぬぐいが。
ひな人形を出すのが億劫、という方はひな人形の手ぬぐいを飾ればオッケーですね。

ちなみに個人的に気になっていたのが
DSC_0032.jpg
『しょうがシロップ煮 米あめ 生姜』。

詳しくはこっさ。さんのブログ記事に譲りますが、試食させて頂きましたら、米飴のやさしい甘さと生姜の香り、クローブのピリリとした辛さがうまくマッチしていてとても美味しかったです。気になる方は試食を是非!
posted by 星燈社 at 22:00| 日本各地のお取扱店

2011年02月03日

節分

mamemaki.jpg


今日は節分です。豆まきをされる家庭も多いのでしょうか。
上京してきて知ったのですが、関東の人は豆まきで大豆を撒くんですね。北海道はもっぱら落花生でした。
大豆を撒くなんておかしいんじゃないか…と思っていたけれど、よく考えたら鬼が落花生ぶつけられて逃げてる絵なんて見たことないですね。落花生がマイノリティでしたか!

ちなみに、僕の実家では豆まきがクリスマスと並ぶ、一大エンターテイメントと化しています。説明すると長くなるので、その話はまたいつか。
posted by 星燈社 at 12:00| 日記

2011年02月02日

あん菓子


angashi-aka.jpg

春に出る新作図案「あん菓子」です。
外国にも季節の素材を使ったお菓子はありますが、日本の生菓子は形そのものに季節の花木や風物のモチーフをあしらいます。
そんな生菓子の形を描いていき「あん菓子」の模様ができました。


ちなみに、同じ図柄でも色を変えると印象は変わってくるもので

angashi-hai.jpg
グレーを基調としたカラーにするとこんな感じ。


angashi-cha.jpg
さらに茶色にするとこんな感じ。



同じ模様を長く飽きずに眺めて頂くためには、こうした色換えも大事です。
さしあたり、春に出す新作茶筒は何色の「あん菓子」にしましょうか。
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年02月01日

DSC_0916.jpg
御茶ノ水を歩いていたら、夕暮れ時の空が綺麗な色味をしていました。
こういう色の染物を作ってみたいなーと思いました。
ちなみに右手に見える建物は明治大学「リバティータワー」です。大きいですねー。
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

『野あそび』

野あそび.jpg

たんぽぽ、シロツメクサ、わたぼうしなど春の野に咲く草花を並べて作ったのが『野あそび』です。

切り取る場所によって絵柄が違って出るので、茶筒に貼ったときなど、大小それぞれで違った表情になります。
posted by 星燈社 at 22:00| 星燈社の和柄