W.jpg

2011年06月30日

歳の取り方A


昨日、お世話になっている日本橋の老舗問屋さんにご挨拶に伺いました。

この道数十年という社長さんが僕に「その歳ならまだまだなんでもできますよー」と、それから「今後ともよろしくお願いしますね」との言葉をくださいました。

さあ果たして僕が数十年後、どこぞの世間知らずの若僧に僕もそんな風に言えるんでしょうか。

さしあたり今から、自分より若い人に向かって「全然わかってないなー」なんてことは絶対言わないようにしたいと思っています。
posted by 星燈社 at 09:00| 日記

2011年06月29日

歳の取り方


小巾(こはば=てぬぐいの幅です)の国産ガーゼ生地を探して、ガーゼ生地専門の問屋さんに行ってきました。

この道50年以上の社長さんは全然偉ぶらず謙虚で、すごくかっこよかったです。
きっと自分の仕事にプライドを持っているからこそ謙虚になれるんですね。僕もあんな風に歳をとりたいものです。

posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年06月28日

小石原焼

DSC_0264.jpg

『ここん 神楽坂』さんで、小石原焼のそば猪口を買いました。確か小鹿田焼の源流になった焼き物(のはず)です。

早速アイスコーヒーを入れて使っていますが、そば猪口は何だかおおらかでいいですね。麦酒を入れてもよさそう。

まあ要するに何が言いたいかというと、ほんと急に暑くなってきましたね…!
posted by 星燈社 at 22:00| 暮らしまわり

2011年06月27日

Shimokitazawa Indie Fanclub

h1.jpg

昨日、友人と『Shimokitazawa Indie Fanclub 2011』に行ってきました。
街全体を音楽フェスの会場にするなんて、さすが下北沢。すごーく開放感のあるいいフェスでした。

かなりのんびり楽しみましたが、それでも元スパルタローカルズ(初期の頃大好きでした)の安部コウセイ率いるHINTOやトクマルシューゴの参加するGELLERS、そして本命の星野源SAKEROCKもばっちり見て帰ってきました。

かなりリフレッシュした日曜日でした。来年も絶対いこうと思います。
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年06月26日

京都・大阪・滋賀I



京都、大阪、滋賀を巡った3日間の最終日は、京都の街をぶらぶらしました。

とか言いながら、結局は雑貨屋めぐりをしてしまったわけなんですが…!

DSC_0243.jpg

もちろん京都といえば欠かせない『恵文社 一乗寺店』も行ってきました。さすがの品揃えと雰囲気でしたよー!

DSC_0248.jpg

そして鴨川の川床を見て夏を感じたり

DSC_0250.jpg

鴨川沿いでのんびりしたあと

DSC_0252.jpg

大学時代の友人・尾形くんと『六曜社珈琲店』で与太話をして京都をあとにしました。

そんなわけで、たくさんの方にお会いしてお話できて、とても充実した3日間でした。

今までにも関西には何度も足を運んだことがありますが、今回が一番自分の中の地図が広がったように感じます。お世話になった皆様、本当にどうもありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願い致します。
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年06月25日

京都・大阪・滋賀H



DSC_0212.jpg

居酒屋「いそじ屋」さんで閉店まで飲んだあと、生粋の大阪人・いそじ屋の白浜さんに連れられて

DSC_0218.jpg

『燗の美穂』という、おいし熱燗を飲ませてくれるという店に行ってきました。

日本酒好きな中村美穂さんが店主だから『燗の美穂』という店名にしたそうです。

DSC_0224.jpg

店内はこんな感じ。東京じゃあなかなかこの開放感のあるお店は作れませんねー。
ちなみに白いTシャツの若者が白浜さん。

さてさて『燗の美穂』さんは、日本酒好きなら相当うなるお店でした。

DSC_0227.JPG

まずこの品揃えで値段は驚きです。


DSC_0236.JPG

そして酒飲みは唸る肴の品揃え。うちの姉(酒飲み)はこれ大好きだろうなー。

DSC_0219.jpg

こちらはお通し3品。水ナスと本マグロと…あとなんでしたっけ。すいません忘れました。でもおいしかったです。


DSC_0240.jpg

そして2件目に連れてっていただいたお店『チュカテ』

常連さんがたくさんいましたが、それもそのはずの美味しさでした。

大阪人にしかわからない大阪を見せて頂き、とても貴重な夜でした。白浜さんありがとうございました!
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年06月24日

京都・大阪・滋賀G



クロッシェ大日イオン店さんへ伺ったあと、

DSC_0197.jpg

大阪・弁天町の居酒屋「いそじ屋」さんに伺いました。
こちらのいそじ屋を切り盛りされている白浜さんとは昨年末、ご依頼を頂いてメニューブックを作ったときのご縁です。


DSC_0202.jpg

お手洗いに続く昭和レトロな廊下には


DSC_0204.jpg

星燈社のてぬぐいがチラリ。


ちなみにいそじ屋さんは酒の肴が手頃でおいしいんです。

DSC_0194.jpg

牛すじポン酢や

DSC_0196.jpg

砂肝から揚げ

DSC_0199.jpg

特製明石焼きなどなど。


「うわー行きたい!」と思われた酒飲みの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし白浜さん一家は日中クリーニング業もされていまして、そちらが相当多忙とのこと。そんなわけでいそじ屋さんは屋号そのまま経営を知人の方に譲り、今度はカフェになるそうです。残念です…!

DSC_0212.jpg

そんなこともあり、僕もつい23時頃までゆったり飲んでしまいました。
全部とてもおいしかったです。ありがとうございました!
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年06月23日

京都・大阪・滋賀F



滋賀県大津市『NORTHWEST SELECT』さんに伺ったあと

DSC_0173.jpg

京都をまたいで、大阪府まで行きました。

DSC_0174.jpg

降り立ったのはこちら、地下鉄『大日』駅。
地下鉄に乗って、梅田から20分ぐらいです。

DSC_0176.jpg

駅を降りて見えてくるのは、ショッピングセンター・イオン大日店です。

星燈社とイオン!なんだか全然縁がなさそうですが

DSC_0185.jpg

こちら『クロッシェ イオン大日店』にて、星燈社製品のお取り扱いをして頂いているのです。ありがとうございます。


DSC_0186.jpg

この日は父の日の前日。駆け込みギフトのお客様でお忙しい中お邪魔してしまいすみませんでした…!

DSC_0179.jpg

さて日本の食卓まわりのコーナーには

DSC_0180.jpg

星燈社の茶筒『ゆきだま』がありました。
こうして見ると、ゆきだまも立派になったなーとしみじみします。
子供が小学校に入学するときの気分はこんな感じなんでしょうか。


DSC_0189.jpg

それはそうと、クロッシェさんの書籍コーナーがすごく充実していました。
奥の棚には暮らしまわりの本がズラリ並んでおりまして

DSC_0188.jpg

雑誌のコーナーにはさりげなく「minä perhonen」の本もありました。

DSC_0190.jpg

それから大きく「暮らしの手帖」コーナーがありましたよ。


DSC_0187.jpg

かなり広い店内の中なので、ささやかな一角ですが

DSC_0191.jpg

それでもかなり良い場所に

DSC_0192.jpg

星燈社の紙製品が陳列されております。どうもありがとうございます!


そんなわけで、大阪にお住まいの方はぜひぜひ一度クロッシェさんへ足をお運び下さいませ!


---------------------------------
クロッシェ イオン大日店

〒570-0016
大阪府守口市大日東町1-18

TEL&FAX.06-4252-3552

OPEN:9:00-23:00

---------------------------------

posted by 星燈社 at 22:00| 日本各地のお取扱店

2011年06月22日

京都・大阪・滋賀E



DSC_0139.jpg

今日ご紹介するのは、滋賀県大津市『NORTHWEST SELECT』

DSC_0143.jpg

の、看板犬ベルさんです。

DSC_0141.jpg

前足がかわいいベルさん。


DSC_0144.jpg

お店を訪れるお客様方のアイドルになっていました。確かまだ1歳でしたっけねー。


DSC_0145.jpg

ちなみにベルさんはずっとオーナーの瀬川さんご夫妻の指を舐めてました。

「最初はお腹すいてるのかなーと思ってたんですけど、ただなめるのが好きなんだって最近気づきました」とのことでした。

DSC_0151.jpg

……

DSC_0152.jpg

チラリ

DSC_0154.jpg

さらにひと休みしてから

DSC_0156.jpg

起立して

DSC_0157.jpg

最後はアップで。


セレクト雑貨が並ぶお洒落な店内の中、ベルさんの存在が程よく訪れるお客様を和ませてるんでしょうねー。ついつい僕もベルさんと遊んでいて長居してしまいましたし。


そんなわけで、お近くの皆様や観光で関西に訪れる方は、ぜひぜひ一度『NORTHWEST SELECT』さんに足をお運びくださいませー!満足すること間違いなしです。


----------------------------------------------

NORTHWEST SELECT

〒520-2143
滋賀県大津市萱野浦23-22-1F

TEL:077-544-6760

----------------------------------------------

posted by 星燈社 at 22:00| 日本各地のお取扱店

2011年06月21日

京都・大阪・滋賀D



DSC_0160.jpg

昨日に引き続き、滋賀県大津市『NORTHWEST SELECT』さんのご紹介です。

DSC_0117.jpg

昨日は店内手前の北欧食器と奥のカバンの棚をご紹介しましたが

DSC_0139.jpg

こちらは店内右の、キッチンまわりの品が並ぶコーナーです。
日本の荒物からポット、かご等、日常生活が楽しくなりそうな品々がズラリ並べられていました。

DSC_0125.jpg

よく見ると星燈社の茶筒も。どうもありがとうございます!

僕の独断ですが、当社の茶筒の中でも『雪夜』を注文いただくと「さすがだなー」と感じます。

というのも、決して派手ではないけれど長く飽きのこない日用品として『雪夜』が最適だと思うからです。

DSC_0134.jpg

さてさて、一方こちらは紙モノコーナーです。
当社のざらざら紙のレターセットシリーズも置いて下さっております。

その他にも素敵な外国のマルシェ袋や、シール、マスキングテープなどが並んでいました。紙モノ好きにはたまらないセレクトでしたよ!


DSC_0130.jpg

そしてこの赤いフォルムは…

DSC_0131.jpg

星燈社の『こけしぽち袋』です。
こんなお洒落な店内に並んでていいんですかね…心なしかこけし達も恐縮しているような気もします…

それでもなんと「こけしぽち袋」はズラリ10種類が並んでおりますので、お店へ足を運んだ際にはぜひぜひお好きなこけしを探してみて下さいね。


そして『NORTHWEST SELECT』さんといえば、忘れちゃいけないのがこちらの

DSC_0143.jpg

看板犬のベルさんです。なんてかわいさ…!!


DSC_0150.jpg

ちなみに下を向くとちょっとギズモに似てるような気がします。そんなところもすごくかわいいんですよー。

そんなわけで明日はベルさんの写真ギャラリーです。

お店紹介からだんだん趣旨が変わってきたような気もしますが、是が非でも紹介しますのでどうぞお楽しみに!


ちなみに下を向くとちょっとギズモに似てるような気が
posted by 星燈社 at 22:00| 日本各地のお取扱店

2011年06月20日

京都・大阪・滋賀C




DSC_0077.jpg

京都駅からJRに乗り、滋賀県大津市へ向かいました。
滋賀県といっても、京都から電車で20分もかからない距離です。

DSC_0115.jpg

大津市の地図はこんな感じ。イメージ通り、琵琶湖が目立ちますね!

ちなみに僕の出身は北海道ですが、150年ぐらい前に北海道に入植するまでは、山本のご先祖は滋賀の人だったという話です。


さて、大津に到着して真っ先に向かったのは

DSC_0160.jpg


当社のお取引店『NORTHWEST SELECT』さんです。

DSC_0165.jpg

お店の前には広い駐車場もありますので、車で来られても大丈夫ですよ!

DSC_0164.jpg

そんなわけで早速お店にお邪魔しますと

DSC_0117.jpg

素敵な雑貨がズラリ。かなり奥行きのある広々とした空間に、きちんと商品が並べられています。勉強になります。


DSC_0120.jpg

さてさて、店内の手前側には

DSC_0121.jpg

北欧ヴィンテージの食器がズラリ。かなり風合いの食器たちです。

DSC_0122.jpg

店内奥には、『ateliers PENELOPE』の小物がたくさんあります。
僕も友人の誕生日にひとつ購入して帰りましたよ。

DSC_0124.jpg

こちらの『ateliers PENELOPE』のトートバッグも使いやすそうです。
まあしかしむくつけき僕には似合いませんが…!こういうバッグを見かけるたびに、女性のファッションは楽しそうだなーと思ってしまいます。

というわけで、長くなりそうですのでお店紹介は明日にも続きます。


posted by 星燈社 at 22:00| 日本各地のお取扱店

2011年06月19日

京都・大阪・滋賀B



DSC_0039.jpg

大阪の封筒工場まで伺ったあと、京都まで戻り


DSC_1063.jpg

がまぐちの製造をお願いしている会社に伺いました。
がまぐちも中国製が増えてきている中、こちらの会社ではあくまで日本製にこだわってがまぐちを作られているのです。

四方をがまぐちに囲まれた空間で新製品の企画のお話しをしまして、がまぐち好きの僕にとっては、それはもう幸せな時間でした。

やっぱり直接お会いしてお話しをするのは違います。
細かな部分の加工の相談もできましたし、新製品のアイディアがいくつも浮かびました。

「直接話すのが一番」というのは、かなり感覚的な問題なのかもしれませんが、それでもやはり僕はその感覚を大事にしていきたいと思います。


【京都・大阪・滋賀Cに続く】



posted by 星燈社 at 22:00| 日本各地のお取扱店

2011年06月18日

京都・大阪・滋賀A



昨日に引き続き、封筒工場のご紹介です。

DSC_0032.jpg

こちらは封筒の窓抜きの刃型。かなりレトロでいい味がでていました。


DSC_0042.jpg

他にも「道具」と呼びたくなるような、古い機械が大事に使われていました。

DSC_0028.jpg

なんでも、オーバーホールしながら長く使っているのだそうです。


DSC_0053.jpg

こちらは封筒の製袋の際にズレが生じないように細かく調整をしているところ。

DSC_0039.jpg

そして製袋作業です。糊付けしたあとそのまま乾かすために、こういうタテ長い機械になるんだそうです。

skokeshi-top.jpg

そんなわけで、ざっと見てもこのように色んな方の手を借りて、星燈社の封筒モノの製品作りが行われているのでした。

今度からは、より一層しっかりと星燈社の紙製品を売っていかないといけないなーと思った次第でした。

【京都・大阪・滋賀Bに続く】
posted by 星燈社 at 22:00| 製品ができるまで

2011年06月17日

京都・大阪・滋賀@

DSC_0077.jpg

京都・大阪に行ってきました。


DSC_0004.jpg
朝早い新幹線に乗って

DSC_0008.jpg

気がついたら大阪に到着です。新幹線って速いですねー。

DSC_0011.jpg

大阪に到着して、まずは

DSC_0027.jpg

「ぽち袋」「のし袋」「贈りもの袋」「こけしぽち袋」それから、ざらざら紙のレターセットの封筒を作って頂いている工場へ足を運びました。

丁寧な仕事ぶりにいつも感心しきりだったので、一度工場を見学したいなーと思っていたのです。


DSC_0014.jpg

こちらは「ざらざら紙のレターセット」の封筒の原紙。
丁度型抜き加工待ちでした。

DSC_0021.jpg

こちらのレトロな機械で型抜きをします。

DSC_0073.jpg

手作業で、ミリ単位の調整をして裁断すると

DSC_0023.jpg

このように、封筒の形ができあがってきます。
想像したよりもずっと手仕事の要素がある作業ですねー。



最近、伝統工芸の手仕事が見直されてきていますが、僕は封筒の窓抜きのような、いわば「普通の手仕事」もすごく価値があると考えています。

というわけで次回も封筒工場をご紹介します。

【京都・大阪・滋賀A】へ続く



posted by 星燈社 at 22:00| 製品ができるまで

2011年06月16日

あたらしい手捺染A

【あたらしい手捺染@】はこちら

星燈社オリジナルの和柄の、手ぬぐいの製作が進んでいます。
色校正中の柄もありますが、色柄が決定した手ぬぐいをちょっとご紹介。


DSC_0332.jpg

こちらは、「ぼたん」の手ぬぐい。
茶筒ぽち袋などでも人気の高い絵柄です。

DSC_0336.jpg

ちなみに生地は「特岡」というキメの細かい木綿を使っています。


DSC_0338.jpg

「手捺染」らしく、手描き原画の細かいゆらぎまでそのまま表現されています。

DSC_0334.jpg

ウラ染まりは、昨日ご紹介した「雪夜」には及びませんが、ふつうの手捺染に比べるとずっと綺麗にウラ染まりしております。


製品としてのお届けは8月頃になる予定です。どうぞ楽しみにお待ち下さいませ。




posted by 星燈社 at 22:00| 製品ができるまで

2011年06月15日

あたらしい手捺染@

雪夜.jpg


星燈社の和柄を使って、手ぬぐいを作ろうと思いました。

星燈社の和柄はいわゆる総柄なので、たたんで使う手ぬぐいにしてもかわいくなりそうな予感がします。

ただ、ひとつ問題になるのは染め方です。


tn.jpg

知っている方も多いかと思いますが、手ぬぐいは「注染」と「捺染」のどちらかの技法で染められます。


注染と捺染にはそれぞれ特徴がございまして


tn (2).jpg
●注染

・隣接している色柄の染分けが難しい
・ウラもオモテと同様に染まる
・細かい柄の表現ができない
・独特のにじみや、グラデーションの表現ができる


tn (3).jpg
●捺染

・隣接している色柄も染め分けられる
・ウラがオモテ面のように染まらない
・細かい柄も表現できる
・グラデーションの表現ができない


と、「注染」と「捺染」には、それぞれ一長一短の特徴があります。


tn (3).jpg

さて、星燈社の和柄を手ぬぐいにしようと思ったとき、柄の細かさや、色の合わせ方を考えると、適しているのは「捺染」。

DSC_0327.jpg

というわけで、染め屋さんにお願いして、捺染で見本染めを作って頂きました。

ご覧のように、捺染らしく細かい柄まで綺麗に染まり、さらに「雪夜」柄の深い黒も表現できています。


ちなみに「捺染は注染よりも吸水性が落ちる」という人もいますが、それは顔料で染めた場合の話。染料捺染で染めた場合は、吸水性に差異はありません。

DSC_0325.jpg

さらに、「機械捺染」ではなく、職人が手作業で染める「手捺染」独自の技で、ほとんど注染と差異なくウラまで染めて頂きました。

柄によっては、ウラの染まり方が注染には及ばない場合もありますが、星燈社はしばらくこの染め方でやってみようと考えています。


【あたらしい手捺染A】へ続く
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年06月14日

メーカーとブランド

「メーカー」と「ブランド」。この2つは、雑貨の世界でいえばかなり似たもの同士だと思います。


ではこの2つの違いはというと

「自分独自の世界観を表現する」のがブランド

「世の中に求められているものを提供する」のがメーカー

なんじゃないでしょうか。

ブランドよりもメーカーが長続きするのは、この辺りの違いが大きいんじゃないかと僕は睨んでいます。


posted by 星燈社 at 22:00| 製品ができるまで

2011年06月13日

Shimokitazawa Indie Fanclub 2011



h1.jpg


きたる6月26日、下北沢で「Shimokitazawa Indie Fanclub 2011」なる、下北沢のライブハウス10数店舗を使ったライブハウスイベントが開催されるそうです。
まあ詰まるところ、下北沢全体を会場にしたフェスですね。

星野源SAKEROCKキセルGELLERSハンバートハンバートショピンgroup_inou二階堂和美青葉市子などなどを観に僕も足を運びますよー!ばっちりチケットも購入しました。

きっと最後のほうはお酒も飲んでいろいろどうでもよくなっちゃうんだろうなー。
でも、そんな気分もトータルで楽しみたいと思います。チケットは残りわずからしいのでお早めに!(回し者じゃないですよ)
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年06月12日

「散歩がまぐち」肩紐について


次回ロット(6月末入荷予定)より、「散歩がまぐち」の肩紐の長さを調節できるようになります。

DSC_0319.jpg

こんな感じです。

DSC_0320.jpg

別角度から見るとこんな感じ。

DSC_0321.jpg

さらに別角度から見るとこんな感じです(しつこいですねごめんなさい)。


「肩紐が長い」「肩紐が短い」などいろんな意見を頂いておりましたが、そういう方もこれで大丈夫かと思います。

※尚、肩紐の原材料費、加工賃の値上がりにより、2011年8月より多少の値上げをさせて頂く予定です。大変ご迷惑をお掛けいたしますが、どうぞご了承下さい。
posted by 星燈社 at 22:00| 製品ができるまで

2011年06月11日

さんぽ

今日は午後から久しぶりに羽を伸ばしてきました。

DSC_0304.jpg
大学時代の友人と会い、神保町の老舗喫茶「さぼうる」に立ち寄り

DSC_0302.jpg

苺の生ジュースを飲んでから

DSC_0306.jpg

なぜか三鷹の禅林寺で森鴎外と太宰治のお墓参りをしたあと

DSC_0311.jpg

「古書上々堂」で古本を眺めたり

DSC_0313.jpg

「まほろば珈琲」で深煎珈琲豆を買ったりしつつ

DSC_0315.jpg

「山田文具店」で素敵な文具と雑貨を拝見して、それから早稲田の食堂で定食を食べて帰ってきました。


そんなに遠くに行ったわけではないですが、こういう散歩はやっぱり楽しいですね。いい気分転換になりました。明日からまたがんばります。
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年06月10日

日本色名大鑑

弘前の従姉妹が「物置を整理してたら、昔の色の見本帳が出てきたんだよね」ということで、一冊の本を送ってくれました。どうもありがとうございます。

DSC_0293.jpg

「日本色名大鑑」。うちの祖父の本なんでしょうか、かなり年季の入った本です。

DSC_0295.jpg

日本の伝統色が、詳しい説明つきで、72色掲載されています。

うちの親戚中でも僕ぐらいしか使う人がいないんじゃないか…というより、僕の仕事に役立ちすぎて怖いぐらいの一冊です。
posted by 星燈社 at 22:00|

2011年06月09日

めんこいふくしま展

旅猫雑貨店へ納品に伺いましたところ

DSC_0277.jpg

旅猫雑貨展・其の参「めんこいふくしま展」がはじまっていました。

ちなみに其の壱は小鹿田焼、其の弐は星燈社でした。

DSC_0278.jpg

かわいい赤ベコや

DSC_0281.jpg

お手頃価格の白河だるま

DSC_0282.jpg

会津のリトルプレス「oraho」も置いてありました。第二号も会津の魅力を丁寧に紹介していましたよ。


DSC_0283.jpg

それから会津ではじまる本のイベント「Book!Book!AIZU」の素敵なDMも。旅猫雑貨店も参加されるそうですよ。楽しそうなイベントですので、会津に興味のおありの方はこの機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。
posted by 星燈社 at 22:00| 日本各地のお取扱店

2011年06月08日

わかりやすくてシンプル

星燈社製品のデザインを決めるとき「わかりやすくてシンプルでかわいいものにしよう」と心掛けています。

でも世の中には、わかりやすくてシンプルでかわいいけれど、なんだか安易なものもあります。
だから最近は、「わかりやすくてシンプルでかわいくて、深みがある」ことが大事なんじゃないかなーと思っています。
posted by 星燈社 at 22:00| 製品ができるまで

2011年06月07日

『ARABAKI ROCK FESTIVAL.11』

ARABAKI.jpg

震災で開催が延期されていた仙台の野外音楽フェス『ARABAKI ROCK FESTIVAL.11』の開催が決まりました。8月27(土)〜28日(日)です。

東北に少しでもお金を落とすべく、今年は僕も参加します。

寄付や各種支援はもちろん大事ですが、東北を好きになって頻繁に足を運び続けることも、同じぐらい大事なことだと僕は思っています。
そんなわけでARABAKIの飲食店ブースに、東北のものが沢山でることを期待しています。今から楽しみです。

posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年06月06日

西荻こけし祭りA

「西荻こけし祭り」怒涛の物販イベントが終わったあとは、お待ちかねのトークショーです。

本当はもっと会場の写真を色々撮りたかったのですが、そんな余裕もまったくなく、他の出店者の品物をご紹介できずにすみません…!


DSC_0270.jpg

さて、本日のメインイベント、鳴子こけし工人・大沼秀顕さんを招いてのトークショーは、立ち見が出るほどの大入り満員。

DSC_0276.jpg

しかし、このトークショーはわざわざ来る価値のある、すごーく充実したトークショーでした。来てくださった皆様、西荻ブックマーク実行委員の皆様、どうもありがとうございました。
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年06月05日

西荻こけし祭り@

0938ce9bc3559fcd3f8784e6b468f55e.jpg

今日は西荻窪「こけし屋」さんにて、西荻こけし祭りでした。

DSC_0240.jpg
こちらは、スペシャルゲストに大沼秀顕さん(宮城県鳴子系こけし工人)を交えた浅生ハルミンさん、cochaeさん、佐々木一澄さん、杉浦さやかさんによるトークショーの設営の様子。


後ろの掛け軸左手には

DSC_0264.jpg

浅生ハルミンさんが描いた、鳴子にある「谷内六郎こけし」をモチーフにしたこけしが。素敵です。


その真下には

DSC_0252.jpg

ハルミンさんが絵づけしたこけしも。これもかわいいですねー。

DSC_0246.jpg

こちらには現役工人のこけしがズラリ。「こけしえん」という活動の一環で販売されているこけしです。


DSC_0248.jpg


ついでにこちらが星燈社ブース。


日曜日のお昼から、わざわざ「西荻こけし祭り」の物販まで人が来てくれるのかなーまあのんびりやろうかなーと思っていましたら

DSC_0253.jpg

開場するやいなや、歩く隙間がないほどの大入り満員でした。
こんなにこけしファンがいたなんで…!

DSC_0257.jpg

大分空いてきてこんな感じ。沢山の方に来ていただきまして、おかげさまで、すごく楽しい販売イベントになりました。来てくださった皆様、どうもありがとうございました。

【西荻こけし祭りA】に続く
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年06月04日

エレファントカシマシ



sake0.jpg



こないだも書きましたが、「Ustream」という動画の生放送サイトがすごいですね。ライブの生中継が放映されたりするんです。あ、もちろん違法なものじゃないですよ。

M1.jpg

先日はエレファントカシマシの仙台ライブが生中継で放送されていました。

¥e2eeea.jpg

アンコールを含めて、なんと充実の2時間半のライブ。
「星の降るような夜に」「ファイティングマン」などなど往年の名曲をやりつつ、最後は「俺たちの明日」を歌って帰っていきました。ものすごいかっこよかったです。

いやほんと、つくづくすごい時代に生まれてきたなーと嬉しくなりました。

posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年06月03日

冷やしトマト

DSC_0279.jpg

最近蒸し暑くなってきたので、冷やしトマトを食べました。
佐賀のトマトらしいのですが、あますぎず酸っぱすぎず美味しかったです。

八百屋さんに聞くところによると、東京で一番いいトマトが集まる大田市場まで買いに行っているとのこと。


DSC_0280.jpg

よく見るとトマトがハート型。味は一緒ですけどね…
posted by 星燈社 at 22:00| 暮らしまわり

2011年06月02日

「こけしぽち袋」入荷しました

kokeshipochi-top.jpg

新製品「こけしぽち袋」が入荷しました。

【こけしぽち袋】
全12種類 各5枚入り 
税込価格368円(本体350円)
寸法 約64mm×97mm


DSC_0196.jpg

「こけしぽち袋」はオンラインショップでもご覧になれます。

ちなみに、6月5日の「西荻こけし祭り」にて「こけしぽち袋」全12種類を販売するほか、
「全柄が一枚ずつほしい!」というご要望にお応えして、西荻こけし祭り限定・12種類アソートパックも販売する予定です。


そんなわけで、よろしければどうぞ、週末は西荻窪「こけし屋」にお越し下さい。



0938ce9bc3559fcd3f8784e6b468f55e.jpg

2011年6月5日(日)
「西荻こけし祭り」
会場:こけし屋別館2階

グッズ販売
14:00-16:00
出入自由/入場無料


出店者:
仙台こけしぼっこ(こけし雑貨)
はなめがね本舗(こけし雑貨、古本)
旅猫雑貨店(こけし雑貨、本、古本)
佐々木一澄(こけしポストカード)
杜の都の竹工房(こけし雑貨)
ゴンバ社(こけし雑貨)
にな(こけし雑貨)
星燈社(こけし雑貨)
青幻舎(本)
ハチマクラ
nano 他

-------------------------------------------------------------

トークショー
出演:浅生ハルミン cochae 佐々木一澄 杉浦さやか
スペシャルゲスト:大沼秀顕(宮城県鳴子系こけし工人)
開場:16:30/開演:17:00
料金:1500円

要予約
第53回トークショーのご予約はこちらから


-------------------------------------------------------------
こけし屋から、さらに広がれ、こけし愛の輪!『kokeshi book』著者 cochaeさん(「KOKESHIEN!」主宰)、浅生ハルミンさんら、豪華ゲストが語る伝統こけしの魅力。こけし屋コレクション・こけしの展示の他、特製切手、関連書やグッズ販売も。 

※第53回西荻ブックマークの収益の一部は、「KOKESHIEN!」に寄付し、伝統こけしとその産地、東北の復興に役立てていただきます。
「KOKESHIEN!」とは?

伝統こけしの力で、少しでも多くの方が笑顔を取り戻すことを願い立ち上げられた、チャリティ・プロジェクト。人から人へ支援を広げ、全国の方々も東北の魅力を再発見していただくことを目標としています。

http://kokeshien.com/

http://www.facebook.com/kokeshien

協力:こけし屋、にわとり文庫


-------------------------------------------------------------
posted by 星燈社 at 22:00| 新製品のお知らせ

2011年06月01日

盛岡みやげ

盛岡までクラムボンのライブを見に行ってきた友人お二方から

DSC_0189.jpg

光原社「モーリオ」のくるみクッキーと


DSC_0191.jpg

当社お取引店・和のくらし小袖さんで買ったという文香をおみやげに頂きました。
わざわざ足を運んでくれた上、おみやげまでどうもありがとうございます。

「旅先で星燈社製品があるのもおもしろいねー」と友人が言っていましたが、僕もそれが面白くてこの仕事をしている部分が多分にあります。
今年はどこに行こうか、地図と手帳を見ながら考え中です。
posted by 星燈社 at 22:00| 暮らしまわり