W.jpg

2011年07月31日

続けること


「とにかく多くの人に伝えたい。お金じゃないんだ」という考え方があります。

この考え方も、なるほどなーと思う部分はあります。
実際に僕も、学生時代に写真を撮ることに没頭していたときは「お金とかじゃなく、ただ伝えたい」と考えていました。とにかく伝えたいから、と行動を起こすのはすごく大事です。


でも、何かを伝えるためには、長く続けることがとても大事。
そして長く続けるためには、続けてゆけるだけの、最低限の利益を出していくことが肝要です。

つまり、本当に多くの人に何かを伝えたい場合には、安易に「お金じゃない」とは言ってはいけないなーと考えています。

(山本)
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年07月30日

移転について

DSC_0043.jpg

そういえば、徐々に錦糸町の事務所への移転準備が進んでいます。

9月のギフトショーの開催に合わせてショールームもオープンする予定です(星燈社はギフトショーには出展しませんが)。がんばります。

(山本)


posted by 星燈社 at 22:00| お知らせ

2011年07月29日

夏の月島



DSC_0897.jpg

先日、月島「こっさ。」さんへ伺いました。

DSC_0893.jpg

店頭には夏のてぬぐいがズラリ。

DSC_0892.jpg

それから風鈴もいろいろ揃っていましたよ。すっかり夏ですねー。

DSC_0889.jpg

こちらはこけしコーナーです。
当社のこけしぽち袋は「鳴子系」が一番人気のようです。

DSC_0890.jpg

店内奥には星燈社の茶筒と急須がズラリ。たくさん置いて頂きどうもありがとうございます!

DSC_0900.jpg

ちなみに、先日発売開始した星燈社のてぬぐい新作10柄も、こっさ。さんで全柄お買い求めいただけますよ。お近くの方はぜひお立ち寄り下さいませ。

DSC_0885.jpg

帰り道、出航前の屋形船を見つけました。一度でいいから乗ってみたいものです。ご飯おいしいんですかねー。

posted by 星燈社 at 22:00| 日本各地のお取扱店

2011年07月28日

蕎麦

DSC_1028.jpg

最近また夏らしい天気が続いているので、蕎麦がおいしいです。
作るのに手間がかからないですしね。

でも以前僕の兄(カオナシ)

「立ち食い蕎麦でコロッケ蕎麦っていうの頼んでみたら、ふやけたポテトコロッケが蕎麦の上にのってて悲しい気分になったよ…」

と話していて、なんだか僕も物悲しい気持ちになった覚えがあります。蕎麦が人を悲しくさせることがあるなんて…!


(山本)
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年07月27日

郷土玩具シリーズ

skokeshi-top.jpg

お陰様で好評の「こけしぽち袋」に続いて

郷土玩具.jpg

郷土玩具のぽち袋シリーズが登場します。

まあ発売は9月頃なんですが…かわいく絵柄ができあがったので、つい早めに紹介してしまいました。

ちなみに上の写真は、津軽の鳩笛、山口の金魚提灯、福島の赤べこです。

他にも「こんなかわいい郷土玩具あったんだ!」という目から鱗の絵柄も登場しますよ。
どうぞ楽しみにお待ち下さい。

(山本)
posted by 星燈社 at 22:00| 製品ができるまで

2011年07月26日

「雪夜」について

DSC_0646.JPG

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、ほとんど全ての製品で「雪夜」柄の品番は「01」。

また、星燈社ホームページの背景も「雪夜」柄です。

これはなぜかというと、北国生まれの僕にとっての原風景が、雪の降る夜だからです。
あんまり図案作りに僕個人の意図は入れないようにしていますが、これだけはちょっとエゴが入っていたりします。

(山本)
posted by 星燈社 at 22:00| 星燈社の和柄

2011年07月25日

sippo


sippo.jpg


ショールームに置く什器を探しに、三鷹の古道具店『四歩 (sippo)』へ行ってきました。いいものが買えました。


posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年07月24日

てぬぐい入荷しました


DSC_0646.jpg DSC_0668.jpg DSC_0655.jpg
DSC_0658.jpg DSC_0669.jpg DSC_0653.jpg
DSC_0650.jpg DSC_0648.jpg DSC_0659.jpg
DSC_0649.jpg

星燈社のてぬぐい、一気に10柄が登場です。
とてもきれいに染め上がりました。

ts-top.jpg

ご覧のように、星燈社の手ぬぐいは、職人の型染めです。
ぜひお店で見かけた際にはお手にとってご覧下さいませ。


DSC_0899.jpg

ちなみに当社のてぬぐいには、黒いシールが貼ってあります。
ちょっとしたことなんですが、シール一枚でなんだかてぬぐいが引き締まるような気がするんです。


posted by 星燈社 at 09:00| 新製品のお知らせ

2011年07月23日

ホームページリニューアル

HPT.jpg

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、予定より早くホームページをリニューアルしました。

何が変わったかと言いますと、ブログホームページ、それからオンラインショップが一体化しました。

また、左メニューの『製品ができるまで』コンテンツが加わりました。お手すきの際にご一読いただけましたら幸いです。
posted by 星燈社 at 09:00| お知らせ

2011年07月22日

エピソード

episode.jpg

9月28日に、星野源のセカンドアルバム『エピソード』が出るそうです。今から発売が待ち遠しいです。予約して買わないと。
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年07月21日

恵比寿


このあいだの日曜日「知り合いが立ち上げたという革小物ブランドの展示会を見に行こうよ」と誘われて、アパレルOEMの会社で働いている友人・伊原くんに会ってきました。


DSC_0831.jpg

で、帰り道にヱビスビール記念館に立ち寄りました。

DSC_0833.jpg

雰囲気もいい上に、エビスビールが400円で飲めるんです。

DSC_0834.jpg

しかも目の前で注いでくれます。ついつい5杯ぐらい飲んでしまいました。
また日曜日の昼下がりから行きたいもんです。


ちなみに僕と伊原くんは小学校のときの同級生です。
小学生の頃の伊原くんはバリバリのサッカー少年。
かたや僕はパンパンのデブでした。
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年07月20日

札幌宮の森美術館にて

miyanomori.jpg


すっかりお知らせするのを忘れておりましたが、8月末まで札幌『宮の森美術館』ミュージアムショップにて、こけしフェアーが開催されております。

期間中、星燈社のこけし製品も、同美術館ミュージアムショップでお買い求め頂けます。
お近くの方はぜひにー!

kokeshi12.jpg

ちなみにミュージアムショップ限定、こけしぽち袋12柄各1枚入り880円なんていう特別パックもあるようです。

美術館の公式オンラインショップでもお買い求めになれます。他にもいろいろと珍しいこけしグッズが揃っておりますので、お好きな方はぜひ一度ご覧下さいませ。
posted by 星燈社 at 22:00| お知らせ

2011年07月19日

野口英世記念会館

DSC_0843.jpg

タテタカコ・ソロコンサートを聴きに、信濃町にある「野口英世記念会館」まで行ってきました。何やら管理法人の形態が変わる関係でもうすぐ取り壊しになるそうですが、音響も雰囲気もすごく良かったです。

コンサートでは「歩幅と影」や「ひまわり」なんていう珍しい曲も演奏してましたよー。いい夜でした。


(c)タテタカコ

ちなみに、最初はタテさんの綺麗な声からは想像できないすごい形相に驚くんですが、次第にこの顔が見たくてコンサートに足を運ぶようになります。本気さが良いんです。
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年07月18日

移転のお知らせA


昨日もお知らせいたしましたが、8月より東京都墨田区に事務所移転になります。

DSC_0498.JPG

ショールームの内装についてメモを取っている内装屋さん。

DSC_0507.JPG

こちらは事務所スペース。
当たり前ですが、まだ何もありません。

これから急ピッチで床や壁の張替え、ドアの取り付けなどをして頂きます。
内装屋さん大忙しです。


そんなわけで、気がついたら

DSC_0505.JPG

内装屋さんが高速移動していました(ウソ)。
posted by 星燈社 at 22:00| お知らせ

2011年07月17日

移転のお知らせ

スカイツリー.jpg

突然ですが、8月より、星燈社の事務所が移転します。

スカイツリーもすぐそこ、東京都墨田区の錦糸町です。


外観B.JPG

こちらのビルの1階部分に、事務所・ショールームと2つ借ります。


ちなみに右に立っている青シャツの方は、今回仲介でお世話になっている石原産業(株)の斉藤さん。


DSC_0269.jpg

墨田は、印刷工場や、繊維・縫製・染めなどの会社が多く、モノ作りの風土が残っているエリア。

洗練された渋谷区あたりとは全然違いますが、地に足がついた感じが気に入っています。


posted by 星燈社 at 22:00| お知らせ

2011年07月16日

佃島の盆踊り

DSC_0720.jpg

東京の無形文化財に指定されているという、佃島の盆踊りを見てきました。

DSC_0703.jpg

唄と太鼓だけの、静謐な雰囲気の盆踊りでした。来年もまた来たいと思います。



posted by 星燈社 at 09:00| 日記

2011年07月15日

「ここん神楽坂」にてミニフェア開催します

DSC_0687.jpg

「ここん神楽坂」へ、展示販売会の打ち合わせに行ってきました。

8月5日〜21日まで、「ここん神楽坂」にて星燈社のミニフェアを開催して頂くことになりました。

いまお出しできる星燈社の製品たちや、できたての新製品がズラリ並びます。
ぜひぜひ皆様お越し下さいませ!

DSC_0688.jpg

神楽坂まつりが近いこともあって、提灯が並んでいました。
夏の風情があって素敵でした。
posted by 星燈社 at 22:00| お知らせ

2011年07月14日

二階堂和美

nijimi_jacket.jpg

すごく遅ればせながら、二階堂和美の良さに気づきました。

去年「KAIKOO POPWAVE FESTIVAL」で一度ライブを見たときは、同行の坂本くんと「こんなおもしろい人がいるんだなー」と大笑いしていただけだったんですが徐々にハマってきました。ニューアルバム『にじみ』も買おうと思っています。





おまけ


(c)二階堂和美


ニューアルバム『にじみ』より「女はつらいよ」です。
「いいなー!」と思った方はそのままレコード屋さんへ!
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年07月13日

浴衣について


梅雨も明けて夏真っ盛りで、浴衣を着ている方を電車の中で見かけるようになりました。
浴衣の花模様は見ていてすごく勉強になります。

でもあくまで僕の主観ですが、浴衣にはもっと良い絵柄のものがあっていいんじゃないかと感じます。

そんなわけで、来年から満を持して、星燈社で浴衣の反物を少しずつ製造・卸売していこうと思っています。
もし来年まで覚えていたら、ぜひホームページをのぞいてみてくださいませ。
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年07月12日

あひろ屋てぬぐい店

DSC_0679.jpg

注染てぬぐい店『あひろ屋』の野口さんから、毎年恒例、神楽坂ラ・ロンダジルで開催される手ぬぐい店のDMが届きました。

DSC_0682.jpg

広げるとこんな感じ。凝ってますねー。
あひろ屋さんは今年で10周年だそうです。おめでとうございます!

ちょうど期間中、神楽坂まつりもやってますし、僕も手ぬぐいを買いに行こうと思います。

---------------------------------------
あひろ屋 手ぬぐい店 vol.6

7月12日(火)〜7月23日(土)
会期中の日、月はお休み

12時〜19時まで
※状況に応じて営業時間が変わる場合あり

※最終日は17時まで

---------------------------------------


おまけ

DSC_0676.jpg

たい焼きを買ってきました。僕はたい焼きが好きです。

しかもこのたい焼き、実はただのたい焼きではなく…

DSC_0677.jpg

ずんだ餡!!
僕はずんだも大好きなんです。そんなわけでおいしかったです。
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年07月11日

ホームページをリニューアルします

hpr.jpg

星燈社のホームページをリニューアルします。

リニューアルオープンは8月の予定です。

今までのはちょっとシンプルすぎて面白くなかったので、今度は読んで(少しは)おもしろいコンテンツを増やそうと思います。

posted by 星燈社 at 18:00| お知らせ

『花飾り』


hanakazari.jpg


小花をつなげて作った『花飾り』の絵柄です。

切れ目なく丸くつながった花飾りがどこまでも続く、晴れやかで縁起の良い絵柄です。
posted by 星燈社 at 12:00| 星燈社の和柄

2011年07月10日

てぬぐいができるまでD



今日はてぬぐいの色校正と染料についてご紹介します。

DSC_0475.jpg

こちらが色校正の作業場。僕が想像する通りの職人の部屋でした。


DSC_0476.jpg

こちらの色見本、どこかで見たことがある色だなーと思ったら

「それ全部星燈社さんとこの色見本ですよー」とのことでした。

ちなみにこちらの染め屋さん、色校正1回目から、ほとんどの絵柄でこちらの色指定とぴったりの色を出してきて驚きました。


そうしてできあがってきた星燈社のてぬぐいの染料がいたるところに置いてありました。

DSC_0491.jpg

まずは「三色だんご」

DSC_0493.jpg

「野あそび」

DSC_0494.jpg

「こでまり」

DSC_0437.jpg

「花こぎん」

DSC_0492.jpg

そして「ゆきだま」…ん?

DSC_0492 - コピー.jpg

ゆきだるま!!

そうなんです「ゆきだま」はよく「ゆきだるま」と間違えられます。
もういっそゆきだるまに改名しようかな(ウソ)。


DSC_0394 - コピー.jpg

そんなわけで、星燈社のてぬぐい、7月20日頃の入荷です。
どうぞ楽しみにお待ち下さいませ。
posted by 星燈社 at 22:00| 製品ができるまで

2011年07月09日

てぬぐいができるまでC



てぬぐいの型染め作業が終わったあと、発色を良くするために「ぬかづけ」という工程を行い

DSC_0486.jpg

反物を蒸し釜に入れて色を定着させます。

DSC_0483.jpg

色が定着しにくい生地の場合は、こちらの高圧釜で蒸すそうです。


DSC_0489.jpg

そしてこちらの洗い場で

DSC_0471.jpg

こうやって

DSC_0472.jpg

手作業で水洗いしていきます。

このあとさらに、

@生地を整理(要するにシワ伸ばしですね)
Aてぬぐいの大きさに裁断
B丁度良い大きさに畳んで


maccha-tenugui.jpg

ようやくてぬぐいの出来上がりです。

5回に渡って続いたてぬぐいのお話も今日でおしまい。読んで頂きありがとうございました。


と見せかけて、このシリーズはけっこう好評だったので、明日は色校正と染料のお話を書かせて頂きますよー!あと1回だけお付き合い下さいませ。

【てぬぐいができるまでD】に続く
posted by 星燈社 at 09:00| 製品ができるまで

2011年07月08日

てぬぐいができるまでB


DSC_0422.jpg

染め工場の社長に、星燈社の手ぬぐいの染め型を見せて頂きました。


DSC_0423.jpg

これが「花こぎん」と「野あそび」の染め型です。


DSC_0424.jpg

黒い部分は染まらず、抜けている部分に染料が入っていきます。


DSC_0456.jpg

こちらは「花こぎん」の型。
この細かな絵柄は、手捺染でしか表現できません。


DSC_0445.jpg

この2枚の型は、どちらも「こでまり」の型。
手捺染では、色ごとに染め型が必要になるのです。

DSC_0444.jpg

1枚目は、こでまりの花の型。


DSC_0448.jpg

2枚目は、こでまりの葉を染めるための型です。



てぬぐいを染める作業、ましてや染め型を見る機会はなかなかないので、とても面白かったです。そして染め型を見ているうちに新製品のアイディアが浮かんできました。

ちなみに、てぬぐいは7月20日頃の発売予定です。
僕が今こうしている間にも、染め作業がどんどん進んでいるはずです。それで7月20日頃仕上がりだなんてすごいですねー仕事はやいですねー。

というわけで明日は染め作業の工程のあとの、蒸し・水洗い作業をご紹介します。

【てぬぐいができるまでC】に続く


posted by 星燈社 at 12:00| 製品ができるまで

2011年07月07日

てぬぐいができるまでA


【てぬぐいができるまで@はこちら】



昨日に引き続き、星燈社のてぬぐいの染めの現場をご紹介します。


DSC_0318.jpg

まずは捺染台に白生地を、シワがないようにきれいに並べていき


DSC_0327.jpg

一枚一枚、熟練の職人が型染めしていきます。


抹茶白玉.jpg

ちょうど「抹茶白玉」の絵柄を染めているところでした。


DSC_0329 - コピー.jpg

型染めしたあと、型をずらして


DSC_0335 - コピー.jpg

白場がでないように、きっちり型を移動して


DSC_0336 - コピー.jpg

染料を


DSC_0337 - コピー.jpg

白生地に染めていきます。



DSC_0388 - コピー.jpg

こちらが手捺染の作業が終わったあとの生地です。


DSC_0338 - コピー.jpg

これに木型を取り付けて

DSC_0436 - コピー.jpg

天井に持ち上げると

DSC_0395 - コピー.jpg

こんな風になります。圧巻ですねー。


手ぬぐいが天井に並ぶ、こういう風景は、世界中探しても日本でしか見られないものです。

この日本らしい風景がずっと続くように、手ぬぐいをもっと一般の方に広めていこうと思いました。



そんなわけで引き続き明日は、てぬぐいの型をご紹介します。


【てぬぐいができるまでB】に続く
posted by 星燈社 at 22:00| 製品ができるまで

2011年07月06日

てぬぐいができるまで@

DSC_0496.jpg

7月下旬に発売開始する星燈社の手ぬぐいを染めてくれている、東京の染め屋さんに伺ってきました。


DSC_0368.jpg

社長にご挨拶したあと、早速染めの現場を拝見すると

DSC_0379.jpg

ちょうど今日は星燈社のてぬぐいを染める日でした。

ボードにも書いてありますが、星燈社のてぬぐいはキメの細かい「特岡」という生地を使っています。

DSC_0372.jpg

壁には、風合いのいい木の道具が。

「これ何年ぐらい使ってるんですか?」

と社長に聞いたところ

「うーんよくわかんないけど何十年かなー」

とのことでした。



さて天井をよく見ると

DSC_0341.jpg

染めたての星燈社の手ぬぐい「雪夜」「ゆきだま」「やまぼうし」「宵待草」が並んでました。こうして見ると壮観ですねー。

こうして染めの現場を拝見すると、自社のてぬぐいへの愛着が増しますね。

そして、染めて下さっている職人さん達に恥じないように、しっかり世に出していかなければいけないなーと思います。


DSC_0327.jpg

そんなわけで引き続き、明日はてぬぐいの染めの工程をご紹介します。


【てぬぐいができるまでA】に続く

posted by 星燈社 at 18:00| 製品ができるまで

2011年07月05日

錦糸町

DSC_0269.jpg

錦糸町までJANコードの申請に行ってきました。

「JANって何?」という方も多いかと思いますが、要するに自社製品のバーコードが手に入りますよーってことです。あと流通にいろいろ便利なんです。

スカイツリー.jpg

他にも用事があって錦糸町をぶらり歩いていたら、スカイツリーがすぐそこ。
近くから見るとかなり大きいですねー。ひさしぶりに東京を感じました。

posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年07月04日

日本の色

DSC_0001.jpg

写真を整理していたら、アフリカの布屋さんで撮った写真が出てきました。

この色とりどりの美しい原色の布はアフリカの風土に根ざしたモノなのでしょうねー。

一方、日本の色の美しさはというと、「淡さ」にあるような気がします。
「かさねの色目」のように、日本独特の淡い色合いの美しさを、星燈社の品を通じて今の世の中に提供できたら楽しいだろうなーと考えています。

posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年07月03日

日本製


先日京都に行った際、星燈社のがまぐちを作ってくれている会社に伺いました。
日本製にこだわってモノ作りをされている会社です。

そこの社長さんが

「日本製にこだわってやっていくには、安売りはせずに、しっかりしたモノを作って、買ってくれる方々に価格以上の価値を提供してもらうのが大事」

という話をされていて、なるほどその通りだなあと思いました。

そもそも、しっかりしたモノ作りをするには、しっかりした意思疎通が大事。
そしてしっかりした意思疎通をするには、(余程の大企業でない限り)日本で作るのが一番です。

そんなわけで、これからもできるだけ製作の現場に足を運んでしっかりしたモノ作りをしていきます。
posted by 星燈社 at 22:00| 製品ができるまで

2011年07月02日

あひろ屋の手ぬぐい扇子

念願のあひろ屋の手ぬぐい扇子を買いました。

DSC_0066.jpg

絵柄は人気の「菊」です。

オンラインショップの在庫はなくなってしまったようですが、もうすぐ始まる神楽坂のラ・ロンダジルでの毎年恒例「手ぬぐい店」では数量限定で販売されるようですよ。

僕も神楽坂まつりに合わせて、手ぬぐい店へ足を運ぼうと思います。楽しみです。



posted by 星燈社 at 22:00| 暮らしまわり

2011年07月01日

散歩がまぐちに新柄が登場します



SANPO-GAMAGUCHI.jpg

半年ぶりに、散歩がまぐちに新柄が加わります。

DSC_0047.jpg

新柄はこちらの3つ。

DSC_0046.jpg

【GK-006】散歩がまぐち『板絣-ねずみ色』


DSC_0043.jpg

【GK-007】散歩がまぐち『文人縞』


DSC_0045.jpg

【GK-006】散歩がまぐち『水玉』



すべて織元さんから直接取り寄せた、久留米絣の反物を使っています。

今までのシリーズよりも、さらに洋服に合わせやすい色柄になっているんじゃないでしょうか。もちろん浴衣などの和装にも最適です。

DSC_0029.jpg

特に『水玉』が僕の予想を上回ってすごくかわいいです。

反物の状態でもかわいくなるだろうなーとは思ってはいましたが、包みを開けてかわいさにびっくりしました。これだから新製品の企画はやめられません。

DSC_0052.jpg

ちなみに、これから色々と登場するがまぐち製品に星燈社ロゴ入り提げ札がつきますが

DSC_0063.jpg

裏側には、がまぐちのワンポイント。
こういうちょっとした遊びが好きなんです。

8月には、今までの5柄を含めて、たくさん入荷する予定です。どうぞ楽しみにお待ち下さいませ。
posted by 星燈社 at 12:00| 新製品のお知らせ