W.jpg

2011年12月31日

谷内六郎

CCF20111226_00001.jpg


谷内六郎の絵が好きで、色々と本を買い集めています(原画は買えないので)。

横須賀美術館谷内六郎館に行ってみたいなーとぼんやり思いながら過ごす年末です。

(山本)
posted by 星燈社 at 00:00| 日記

2011年12月30日

贈りものを


友人の坂本くんと中山さんから誕生日の贈りものを頂きました。

DSC_1066.jpg

創業100周年を迎えた、ハリス・ツイードのペンケースと

DSC_1068.jpg

セゾンファクトリーの生醤油ドレッシング。それから

DSC_1070.jpg

小粋な包み紙にくるまれた

DSC_1073.jpg

「菓匠 花見」の上生菓子を頂きました。おいしかったです!

しかし、さすが僕の好みを全部把握しているなーと驚きました。どうもありがとうございます!


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 日記

2011年12月29日

はたき


DSC_1060.jpg

月島のこっさ。さんで買ってきた正絹のはたきで、小掃除(大掃除のミニチュア版)をしました。
これで気持ち良く年を越せます。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 日記

2011年12月28日

『押し花』


osibana.jpg


着物の図案のように、自然の草花をそのまま平面の世界に表した『押し花』の図柄です。
posted by 星燈社 at 09:00| 星燈社の和柄

2011年12月27日

えりまき巻いて


小さいお子さん二人を連れて、僕のいとこ一家が星燈社まで来てくれました。


DSC_0799.jpg

先日、「抹茶白玉」柄のえりまきを巻いて、すごく似合っていたりく君には

DSC_0950.jpg

今回は頭に巻いてみました。かわいいなあ…


DSC_0958.jpg

こんな満面の笑みを見せる場面も。


DSC_0943.jpg

一方、りく君のお姉さんのめいちゃんは「三色だんご」柄のえりまきがよく似合っていました。


ちなみに、めいちゃんは最初えりまきが少しいやそうでしたが

DSC_0962.jpg

最終的にすごく気に入っていました(遊び道具的な意味で)。

そんなわけで、お休みのところわざわざ来てくださってどうもありがとうございます。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 日記

2011年12月26日

茶筒「ひなぎく」

CCF20111217_00014.jpg


「ひなぎく」柄の茶筒が出来上がって参りました。

DSC_1005.jpg
茶筒(小)「ひなぎく」
税込価格1,050円(本体価格1,000円)
●寸法:75mm×120mm
●素材:ブリキ、和紙
●日本(静岡県)製



DSC_1013.jpg
茶筒(大)「ひなぎく」
税込価格1,260円(本体価格1,200円)
●寸法:75mm×155mm
●素材:ブリキ、和紙
●日本(静岡県)製


DSC_1010.jpg


底面には星燈社のロゴがプリントされています。

寒くなってきてから、オンラインショップでも茶筒のご用命が多くなっております。「冬はやっぱりあたたかいお茶」というのは、なんとも日本人らしくて良いですね。


(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 日記

2011年12月25日

もういくつ寝ると


今日を入れて、あと3日で星燈社の2011年度の営業もおしまいです(もっとも僕は30日まで小売店さん巡りをしますが)。

敢えて具体的な目標を掲げずに1年間仕事をしてきましたが、気がついたらぼんやりと思っていた目標を越えているような気もしますし、全然達していないような気もします。

忙しいような気もしますが、ただ仕事の効率や業務システムが不十分なだけなのでは、という気もします。

そんな風に色々と振り返る年末ですが、ひとまず年末しなければならない明らかな目標は、年賀状を書くことです。

(山本)
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年12月24日

計画と無計画のあいだ

kma.jpg

ミシマ社の三島邦弘著「計画と無計画のあいだ」を買いました。帰省の道すがら、ゆっくり読み進めようと思います。


(山本)
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年12月23日

クリスマススカイツリー

DSC_0977.jpg

帰りがけ、ふと見ると東京スカイツリーがクリスマス用にライトアップされていました。

「中途半端な点灯」という意見もあるようですが、僕はこのぐらいの方が風情があって良いと思います。それに点灯するとは知らなかったのでちょっと得した気分でした。

(山本)
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年12月22日

カオナシ来たる


DSC_0975.jpg

弊社ブログをお読み下さっている方にはカオナシとしてお馴染みの僕の兄が星燈社まで来てくれました。

アメリカで星燈社のがまぐちや手ぬぐいを使う、とのことです。どうもありがとうございます。


(山本)
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年12月21日

オンラインショップ商品追加について


mamegama.jpg

オンラインショップに

●豆がまぐち
●えりまき」
●ぽち袋-郷土玩具シリーズ
●ぽち袋-日本の風物シリーズ

を追加いたしました。

どうぞお手すきに際にご覧下さいませ。

【オンラインショップはこちら】
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年12月20日

誕生日に



私事ですが、先日僕の誕生日でした。
ちなみにペギー葉山綾小路きみまろと同じ12月9日です。

DSC_0967.jpg

そんなわけで誕生日にと、こっさ。の橋本さんからココファームワイナリーの「農民ロッソ」という国産赤ワインを頂きました。どうもありがとうございます。時間ができたらゆっくり味わおうと思ってます。


DSC_0882.jpg

それから、九州にいる友人の池田くんから野田琺瑯のラウンドストッカーを頂きました。どうもありがとうございます。早速米びつとして使っています。


ちなみに

DSC_0879.jpg

ギフト包装の上に、星燈社のレターセットがつけてありました。
福岡天神にある西鉄インキューブさんで購入したそうです。


(山本)
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年12月19日

クリスマス


DSC_0812.jpg


当社の古くからのお取引店『HOLIDAY MARKET TOYA』の宮崎さんから、シュトーレンと珈琲豆のクリスマスギフトを頂きました。ありがとうございます!皆でおいしく頂きます。

DSC_0817.jpg

それから「三角波」で企画・販売している、型染め作家・関美穂子さんデザインの来年度カレンダーも頂きました。
実は個人的にすごく欲しかった品でした。どうもありがとうございます。


DSC_0816.jpg

というわけで、鬼に笑われるかもしれませんが、星燈社本店には早くも来年のカレンダーが貼ってあります。お越しの際にはチラリご覧下さいませ。


(山本)
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年12月18日

和柄帳


top-wagara.jpg

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、ホームページ左のメニューに「星燈社の和柄」という項目が加わりました。定番の柄や新柄がズラリ並んでおりますので、どうぞお手すきの際にご覧下さいませ。



(山本)

posted by 星燈社 at 22:00| 星燈社の和柄

2011年12月17日

遠くの気分


土曜日なのでどこかに出掛けたかったものの、結局事務所で残務を整理していましたが

DSC_0802.jpg

鹿児島のポツリさんで買った、nest coffee焙煎『ポツリブレンド』を飲みつつ仕事をしていたので、なんだか遠くに行った気分を味わえました。


DSC_0808.jpg

ちなみに、事務所では珈琲豆を茶筒(大)「花こぎん」に入れて保存しています(自宅ではゆきだま)。手前味噌ですが便利なんですよー。


(山本)
posted by 星燈社 at 15:00| 日記

2011年12月16日

りく君とえりまき

DSC_0788.jpg


僕の従姉妹のゆうちゃんと息子のりく君が星燈社の事務所に遊びに来てくれました。


DSC_0788.jpg

……

DSC_0789.jpg

チラリ


DSC_0790.jpg


……


DSC_0791.jpg


ニヤリ


りく君のこの含み笑いがなんとも好きです。


DSC_0794.jpg


で、丁度そばに「えりまき-抹茶白玉」の染め見本があったので、りく君に巻いてみたところ


DSC_0799.jpg

驚くほどよく似合っていました。


DSC_0798.jpg


ガーゼ生地で柔らかいですし、子供用のえりまきを作ってもかわいいかもなーと思いました。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 日記

2011年12月15日

連絡帳とおすそわけ


社内での伝達事項を書くための「連絡帳」があります。

基本的には真面目なことが書いてあるんですが、最近とあるムーブメントが起こりつつあります。


それは…




DSC_0777.jpg







DSC_0778.jpg






DSC_0781.jpg




そう、いつの間にか「おすそわけムーブメント」が起こっています。
出勤してきておいしいお菓子があると嬉しいので、僕も喜んで参加しています。

でもちょっと油断していると


DSC_0776.jpg

タイムカードを入れる棚がこういう状態になり、若干いやがらせのような見た目になるので注意が必要です。



ちなみに

DSC_0786.jpg

最近では、こんな大物が入ってきましたよ。


DSC_0785.jpg

クリスマスまで毎日、日付の部分を開けて、中に入っているお菓子を食べられるカレンダー(?)です。

小さい頃、僕の家にもこれがあって、兄弟4人で争って開けて食べたなーと思い出して懐かしくなりました。


(山本)
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年12月14日

ベルグ

sDSC_0447.jpg

ちょっと前になりますが、またもや新宿ベルグに行ってきました。

色んな世代の人が肩肘張らず楽しそうにくつろいでいて、いやー本当にいいお店です。近いうちにまた行きたいと思います。

(山本)
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年12月13日

『散歩道』


散歩道.jpg


散歩の途中、ふと道端に目を落とすと、雑草の中に小さな花や実が咲いています。そんな情景を図柄にしたのが『散歩道』。
posted by 星燈社 at 22:00| 星燈社の和柄

2011年12月12日

小田晃生の


kousei.jpg


ずっと探していた小田晃生のライブDVDを買いました。


小田晃生は


(C)小田晃生


こんな歌を歌っています。いい声ですねー。
そんなわけで今日は早く家に帰って、ゆっくりとDVDを観ようと思います。

(山本)
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年12月11日

鹿児島ぶらりA


DSC_0284.jpg

鹿児島といえば、かき氷の「しろくま」。
天文館むじゃきという、しろくまの老舗で食べてみたんですが、予想より大きくて食後はかなり寒くなりました。
夏以外はスモールサイズをおすすめします…!

DSC_0288.jpg

こちらは桜島。外を歩いていて、やけに砂ぼこりが目に入るし口の中もジャリジャリするなーと思っていたら、桜島の火山灰だそうです。土地柄ですねー。


(山本)
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年12月10日

鹿児島ぶらり


夜の鹿児島をぶらり歩いていきました。

DSC_0259.jpg

上の写真はナガオカケンメイがプロデュースしたという「マルヤガーデンズ」。色々と魅力的なテナントが入っていて、勉強になりました。

DSC_0267.jpg

こちらが鹿児島の老舗デパート山形屋。
こちらの山形屋さんの中4階にある「What」さんにて、星燈社の文具をお求めになれますよ。
ぽち袋もズラリ揃っておりますので、お年玉袋をまだお求めでない方は、ぜひ足をお運び下さいませ。

ちなみにWhatさんでは、ショップオリジナル鹿児島てぬぐいを販売されていました。とてもかわいかったですよ!お土産に最適ですね。


DSC_0274.jpg

と、洒落たお店を続けて訪れたのですが最後は「とり処 なかちゃん」で焼き鳥を食べてきました。

「おかえりなさい」の文字通り、むくつけき男ひとりで入るのにも緊張しない良いお店でした。何よりレバーがものすごくおいしかったです…!

(山本)
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年12月09日

鹿児島市・カルトレリアさん


OMISEHOUMON-TOP.jpg


DSC_0243.jpg

アミュプラザ鹿児島4Fにある「カルトレリア」さんにで、星燈社の品物の取り扱いがはじまりました。
当社製品の他にも、贈りものに最適な品や年末用品などいろんな品が揃っておりますよ。ぜひ皆様足をお運び下さいませ。


DSC_0279.jpg

ちなみにアミュプラザ鹿児島は、新幹線発着駅の鹿児島中央駅から直結の複合ショッピング施設。休日に家族で過ごされる方や、観光で訪れる方で賑わっていましたよ。


DSC_0282.jpg

かく言う僕も、ポップコーン片手にアミュプラザ鹿児島で映画を観てきました。夜9時以降は割引で1,200円で映画が観られるんですよー。お得でした。


(山本)
posted by 星燈社 at 22:00| お店訪問記

2011年12月08日

博多


DSC_0234.jpg

久留米かすりの織元を訪ねた後、博多で一泊しました。

DSC_0235.jpg

博多駅周辺はすっかりクリスマスムードです。

DSC_0236.jpg

平日なのに博多はすごく賑やかで、イルミネーションも東京より豪華だなあと感じました。


DSC_0230.jpg

天神あたりを散策したあと、友人の薄田さんおすすめの「珈琲 美美」で休憩したり

DSC_0233.jpg

ブックスキューブリックに立ち寄ってみたりしました。
ひとり旅で知らない街をゆっくりぶらぶらするのも随分久しぶりだったので、満喫しつつも時間の使い方に少しまごつきました。でも楽しかったです。


(山本)
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年12月07日

久留米かすり


DSC_0229.jpg

先日、福岡県にある久留米かすりの織元を訪ねてきました。

DSC_0193.jpg

こちらが絣の生地を織っている工場です。
ガシャンガシャンと音を立てながら、古い機械が現役で稼動していました・


DSC_0188.jpg

近くから見るとこんな感じです。


DSC_0200.jpg

こちらは「くくり」をする前の糸です。

DSC_0218.jpg

こちらは藍甕(あいがめ)。温度管理がとても大変なのだそうですが、色味はやはり化学染料とは違う、とのことです。

DSC_0029.jpg

星燈社では、こちらの工場で織られている久留米絣を「散歩がまぐち」で使用しています。

DSC_0047.jpg

日本で織られ続けている久留米かすりを、現代の生活に合うように提案する手伝いができたら、と考えています。


(山本)
posted by 星燈社 at 22:00| 製品ができるまで

2011年12月06日

トンボさん


最近、集荷にきている宅配業者さんとよく雑談を交わします。

なんだかいちいち魔女の宅急便に出てくるトンボのような発言をするので、星燈社では「トンボさん」で通っています。


そんなトンボさんの発言例をいくつかご紹介しますと

発言例@
「クリスマス、休み取れそうっすか?僕は完全に無理っすねー」

発言例A
「僕、星燈社さんの社名、なんか好きなんすよー。由来とか聞いていいですか?」

発言例B
「けっこう忙しいんすねー!ちゃんと寝れてます?」

発言例C
「僕もこういうアンティーク?的な?家具、好きっすよー」


集配の仕事は毎日お客さんと顔を合わせる仕事ですから、トンボさんのような、なんだか憎めない人は色々と得なんだろうなーとしみじみ思います。

(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 日記

2011年12月05日

寿司屋のように

DSC_0327.jpg

先日、アパレルのOEMメーカーに勤めている友人が
「モードのブランドは、作っている裏側を見せたらダメだ」という話しをしていました。

なんでかなーと思ったら
「製造の背景で汗を流しながら人が作っているのを隠さないと、売れなくなる」からだそうです。

そう言われてみれば、モードなブランドの場合は確かにその通りかもしれませんね。


DSC_0335 - コピー.jpg

一方で、星燈社は逆に、製造の背景をできるだけ見せようとしているメーカーです。
というのも、目の前で作っているところを見せれば、作る側は良い緊張感を保て、お客様側は作っている過程を見て楽しむことができるからです。

そんな「モードなブランド」と「星燈社」の違いを食べもの屋に例えると
「フランス料理屋」と「寿司屋」の業態の違いと同じだと思います。

つまり
前者は「お客様の見えないところで作り、完成形だけを提供する」
後者は「材料を提示し、目の前で作っている場面を見せながら提供する」

ということですね。
日本人のひいき目もありますが、僕は後者の寿司屋のような仕事の方がおもしろいと思っています。

とかなんとか言ってたらすごくお寿司が食べたくなってきました。

(山本)
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2011年12月04日

和柄と日本語

ssCCF20111123_00000.jpg


和柄のモチーフになるものは、花や雲、あるいは生き物など様々です。

それらすべての和柄に共通するのは
「元々のモチーフのとげとげしさを取り、少し優しく表現している」ことだと思います。

そんな和柄の「とげとげしさを取り、少し優しく」表現するところは、日本語の敬語表現にとてもよく似ているなあと感じます。

(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 日記

2011年12月03日

東急ハンズ広島店


HANDS.jpg



すっかりお知らせするのが遅くなってしまいましたが、今年の10月より東急ハンズ広島店にて、180cm程のブースにて、星燈社の品物を販売して頂いております。

お近くの方はぜひぜひ足をお運び下さいませ。

(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 日本各地のお取扱店

2011年12月02日

虚飾なく

58040013.JPG



大学時代に写真を撮り歩いていた頃、変に格好つけず・虚飾なく真っ直ぐに向かい合って写真を撮ろう、と考えていました。

星燈社をはじめてからもそれと同じように、変に格好つけず・虚飾なく真摯に仕事をすることを心掛けています。
というよりまあ…器用に立ち回ろうとすると、大失敗するだけなんですけどね。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 日記

2011年12月01日

石川県伝統産業工芸館


ご縁があり、石川県伝統産業工芸館にて星燈社の品物のお取り扱いがはじまりました。

副館長の柳井さんによると
「石川の作り手に刺激を与えるためにも、県内だけではなく日本全国のしっかり作られているモノを扱いはじめた」のだそうです。

ショールームをお見せして色々お話ししているうちに、面白いご提案を頂きました。詳細は年明けにでもお知らせ致しますね。どうぞ気長にお待ちくださいませ。

(山本)
posted by 星燈社 at 22:00| 日本各地のお取扱店