W.jpg

2012年02月29日

書類棚


sDSC_0410.jpg


先日ご紹介した下駄箱に続きまして、下北沢の『アンティーク山本商店』で書類棚を買いました。


sDSC_0409.jpg


開くとこんな感じ。2段になっている上、A4ファイルも収納できるのです。
書類棚としてすごく便利ですが、実は本来の用途はレコードキャビネットだそうです。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 日記

2012年02月28日

窓ギャラリー


sDSC_0328.jpg

2月の星燈社・窓ギャラリーは「茶筒」です。

たまたま通りすがった70代ぐらいの女性の方に「色がケバくなくていいわね!」と言っていただけるとすごく嬉しかったりします。

(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 日記

2012年02月27日

疲れたとか忙しいとか



両親から「就職しろ」と言われずに、いやむしろ「とにかくまずやってみろ」と言われて星燈社を始めてからというもの毎日本当に楽しく仕事をさせてもらっている手前、「疲れた」とか「忙しい」と口にするのは反則のような気がしています。

まあそもそも比較対象がないので、どのぐらいからが「忙しい」と言われる忙しさなのかわかりませんので、「忙しい」と言ったところでただ僕の仕事の効率が悪いだけなんじゃないかという話もありますが。

(山本)

posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2012年02月26日

春のえりまき


erimaki.jpg

コットンガーゼのやわらかな肌ざわりとご家庭でお洗濯できる気軽さが人気のえりまき

現在ほとんど欠品中ですが、ちょっと首元に何か巻きたくなる春に合わせて新柄が5種類登場いたします。どうぞ楽しみにお待ち下さいませ。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 日記

2012年02月25日

下駄箱


sDSC_0430.jpg

星燈社本店の什器として、昭和の下駄箱が加わりました。
お気に入りの古道具店のひとつ、学芸大学の「OTSU FURNITURE」で買いました。

sDSC_0432.jpg

下駄箱の取っ手は、陶器で出来ています。プラスチックのように安っぽくはなく金属のように重たくないところが気に入っています。



(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 直営店のこと

2012年02月24日

努力と要領


要領の良い人はやみくもに努力だけする人のことを見下し、努力する人は要領の良い人を不真面目だと軽んじる場合が多いように思います。

ですが、何かを極めようとするときには努力と要領のどちらも必要、つまり「要領よく努力する」ことが不可欠です。

そして、この「努力と要領」は、モノ作りの世界では「技術とセンス」と言い換えられるのではないでしょうか。

センスだけ良くても、モノが良いだけでも駄目というのはなんとも難しい話ですが、僕も肝に銘じようと思います。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 日記

2012年02月23日

3,000円


sDSC_0334.jpg


友人と話していて
「3,000円って色んなことができる金額だよね」
という話題がでました。

仲の良い友人と呑みに行く金額、
映画館で映画を見てちょっといいお昼ご飯を食べる金額、
好きなアーティストのライブに行く金額、
何冊か本を買って喫茶店に行く金額、
音楽CDのアルバムの金額。

僕がたまにする、そういった嬉しい遊びの金額は大体3,000円です。


一方、星燈社の製品でいうなら
茶筒とてぬぐい、豆がまぐちのセットで小売価格が大体3,000円。

「茶筒+てぬぐい+豆がまぐち」が提供できる嬉しさ楽しさが、
上に書いたような「3,000円の遊び」と等価かどうかを意識しながら仕事をしていこうと思います。

さらに言えば、等価を越えて「これで3,000円なんてお買い得!」と喜んでいただけるような価値作りをしていきたいものです。


(山本)
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2012年02月22日

石橋を


昨日、「難しいことを簡単な言葉で話せる人が好き」と書きましたが、「難しいことを考えつつも、頭でっかちにならずに行動できる」人はすごいなーと思います。

つまり「石橋を叩いて渡る」のではなく「石橋を叩きながら渡る」ということでしょうか。

ちなみに僕は「石橋を叩きながら渡っているうちに叩くのが面倒くさくなって石橋が崩れる前に全力疾走」タイプです。危険!

(山本)



posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2012年02月21日

難しいこと


大学生の頃、難しいことを理解して難しい理屈を話せる人のことがすごいなーと思っていました。

でも最近では、難しいことを、誰にでもわかる簡単な言葉に置き換えて話せる人の方が魅力的だなーと思います。

僕の場合はそれ以前に、難しいことを理解するところから始めなきゃいけませんが。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 日記

2012年02月20日

しんしん


CCF20111217_00004.jpg


先日、東京に雪が降ったときに
「こういうのを、雪がしんしんと降るっていうのかなー」という話しをしていて、雪が降る静けさを「しんしん」と呼んで、どんどん降り積もる様を「こんこん」と呼ぶ感性は良いなあ、と思いました。

ちなみに星燈社の雪の絵柄でいうと、「雪夜」が「しんしん」で、「ゆきだま」が「こんこん」です。


(山本)

posted by 星燈社 at 09:00| 日記

2012年02月19日

「いいものはいい」


「地場産だからおいしいですよ」「こんな貴重な部位を使いました」ということを売り文句にしている料理をいざ食べてみたら、味は普通だった、ということがあります。

もしくは「これを撮るのにこんな苦労をしました」と長々と説明されている写真や、「企画から発売まで苦節5年かかりました」と説明している商品もありますね。

でも、これらは本来そんな理屈抜きで「おいしい料理」「伝わる写真」「良い商品」であるのが第一。そうでなければ誰も見向きはしてくれません。


要するに、まず何より重要なのは「いいものはいい」ということ。その後にはじめて、それらのストーリーに注目してもらえるのではないかと思います。僕も肝に銘じて仕事をしなければ。


(山本)
posted by 星燈社 at 22:00| 日記

2012年02月18日

ギフト包装


sDSC_0235.jpg


手ぬぐいのギフト包装は、薄手の紙袋+星燈社シールの包装でしたら無料でお包み致します。
中の絵柄が少し透けて見えるのが上品で素敵ですよ。

もしご入用でしたら、店頭・オンラインショップを問わずご相談くださいませ。

(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 直営店のこと

2012年02月17日

うつろい



てぬぐい『散歩道』.jpg

星燈社本店の「てぬぐいのれん」が、『散歩道』のてぬぐいになりまして

sDSC_0287.jpg

店頭が、ぐっと春らしい雰囲気になりました。


新緑が芽吹いて花が咲き、紅葉してそれから雪が降るように、日本にははっきりとした四季のうつろいがあり、またそれを楽しむ感性も大事にされてきました。

しかし一方で、そんな四季の移ろいを街なかから感じにくくなってきているのも事実。


DSC_0369.jpg

だからこそ星燈社では、身近に四季を感じられる製品を作り、四季の移ろいや日本らしさを楽しむ感性を育てていきたいと考えています。

そしてそういった感性は、これからの時代を生きていく上で、きっとますます重要になっていくんじゃないかと思うのです。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 日記

2012年02月16日

ワレモノ注意


DSC_0322.JPG

弊社の製品には、茶筒など破損の恐れがあるものがございます。
ですので、壊れ物の発送時には「ワレモノ注意」と赤いマジックで記載しています。

DSC_0323.JPG

こちらが使用しているマジック。太字ですから、大きく目立つ字が書けるのです。


それはそうと先ほど、カートンの上部に「ワレモノ注意」と書こうとマジックのフタを開けようとしたところ、何か様子がおかしい。



なんでかなーと思ってよく見たら、持っていたのはマジックではなく



DSC_0324.JPG

S&Bの唐辛子でした。



DSC_0325.JPG


こうして見ると結構見た目が似てませんか。似ていますね。そっくりですね。
皆さんもどうぞお気をつけ下さい。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 日記

2012年02月15日

スマイル

sDSC_0300.jpg

てぬぐいは手染めですので、どうしても染めに難がある品(B反)が出てしまいます。

ですので、弊社では1枚ずつ検品をして、染め難をチェックしています。

ちなみに染め難の手ぬぐいも廃棄・返品はせずに弊社で買い取り、使える部分は全て小物に加工します。そういったところから少しずつ信頼が生まれていけばいいなと思います。


ところで、昨日おもしろい染め難を見つけました(まあ見つけたのは僕じゃないんですけどね)。


sDSC_0301.jpg

こちらは、染め難のない「ゆきだま」てぬぐい。



sDSC_0302.jpg

こちらがB反の「ゆきだま」てぬぐい。



よーく見ると




sDSC_0303.jpg

水玉がつながってスマイルマークになっていました。
こうなると染め難というよりも、むしろ大当たりなんじゃないかと思いました。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 日記

2012年02月14日

キルフェボンとスティンキー


sDSC_0262.jpg

昨日、おいしいタルトで定評のあるキルフェボンの銀座店に行ってきました。


sDSC_0254.jpg

僕が食べたのはこちら。いちごのティラミス-ミルクティ風味。おいしかったです。


ところで、キルフェボンに行くために仕事を早く上がったので、弊社近くにあるムーミングッズの専門店がまだ開いていました。

折角なので寄ってみたところ、スナフキンやムーミン、ミイなどの人気キャラクターのグッズは沢山あったのですが、僕の好きなスティンキーの品物は全然ありませんでした。


chara_17s.gif


スティンキーはこんな外見。宇宙人みたいな耳とやけにリアルな手足のミスマッチが愛嬌です。


で、なんとかスティンキーステッカーを見つけ出して購入し


sDSC_0239.jpg

キルフェボンのメニューの上に置いてみたところ


DSC_0240.JPG

確かに女性にはあんまり人気なさそうだなと思いました。


ちなみにムーミンショップでは他にも、魚の骨を持ったスティンキーの陶器タイルが置いてありましたが、さすがに使いどころがわからないので買いませんでした。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 日記

2012年02月13日

10キロ


昨晩、中高の同級生・坂本くんと会ってました。
※ちなみに僕がよく会う友人は片手で数えられるほどしかいません。

sDSC_0236.jpg

北海道みやげのサッポロクラシックをいただきました。どうもありがとうございます。

sDSC_0237.jpg

あとこちらは坂本母特製・大根の麦酒漬け。
これは本当においしくて、僕の友人の間で大人気です。
※ちなみに僕がよく会う友人は片手で数えられるほどしかいません。

で、これを習得しようと作り方を聞いたところ「まず大根10キロを…」と言われて断念したそうです。10キロなんてお米でもなかなか買わないもんなあ。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 日記

2012年02月12日

ACE ROCKER


ace.jpg

甲本ヒロトと真島昌利率いるザ・クロマニヨンズのニューアルバム『ACE ROCKER』を聴きました。

ハイロウズが解散してから、なんとなくもういいかなーと思っていたんですが、『ACE ROCKER』を聴いてみたら、ハイロウズよりも格好良くてびっくりしました。

それにしても甲本ヒロトは来年で、真島昌利は今年で50歳(!)。
こんなにかっこいい50歳がいるんだなーと思うとなんだか安心します。




そんなわけでちょっと一曲ご紹介。この曲にピンときたらぜひお買い求めくださいませ(HAPPYSONG RECORDSの回し者)。

(山本)

posted by 星燈社 at 11:00| 日記

2012年02月11日

展示のこと

IMG_2304.jpg


昨日もお伝えいたしましたが、3月1日まで京都島屋「ARTCUBE SHOP」さんにて、星燈社展を開催して頂いております。

s和柄.jpg

今回の展示は、星燈社の「あたらしくて普通の和柄」を中心とした展示となっております。
もしよろしければ、ぜひ足をお運び下さいませ。


sDSC_0405.jpg

ちなみに現在、3月末からはじまる、別の展示の企画を考えています。

こちらの展示は今までの展示とは切り口が異なり、僕個人としてもひとつのターニングポイントになりそうです。すごく楽しみです。


それにしても、こうして星燈社の試みに注目して下さる方がいらっしゃることは本当に嬉しく有り難いことです。
まだまだ経験が足りませんが、出来る限り期待に応えられるようなものを作り・考えていかないといけませんね。

(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 日記

2012年02月10日

ARTCUBE SHOPでの展示が始まりました


京都島屋の3階にあります細見美術館「ARTCUBE SHOP」にて、星燈社のフェアが始まりました。
ちなみに京都の島屋さんは京都で一番の繁華街、四条河原町にございます。

ARTCUBE SHOPの川崎さんに展示の様子をお写真でお送り頂きましたので、こちらでもご紹介させて頂きますね。

IMG_2304.jpg

まず、展示の全体の様子はこちらです。

IMG_2299.jpg

てぬぐいは新作の「押し花」「ひなぎく」「散歩道」を含む14種類が並んでいます。他には「こけしぽち袋」と「のし紙」

IMG_2300.jpg

それから「茶筒」「和紋絵手紙」などをズラリ並べて頂いております。
「宵待草」「押し花」「散歩道」のてぬぐいも、タペストリーにして掛けて頂いております。「押し花」のたんぽぽ色が良いアクセントになっていますね。

IMG_2305.jpg

こちらは「豆がまぐち」「郷土玩具ぽち袋」
ぽち袋の横に飾られているはと笛がかわいいですね。

IMG_2304.jpg


星燈社の製品は、美術品ではなく日用品です。しかし、だからこそこうして美術館のミュージアムショップに並べて頂くことには意味があると思っています。

というのも、どこか美しさの感じられるものを日常に取り入れることは、使い手が「日本って良いなあ」と思うことのできる大事な第一歩だからです。


そんなわけで、お近くの方も、ご旅行で京都へお越しになる方も是非足をお運び下さいませ。3月1日(木)まで開催しております。

(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 日本各地のお取扱店

2012年02月09日

フィルム


CCF20120210_00000.jpg


予約していた星野源のニューシングル「フィルム」が届きました。新曲5曲入りの盛り沢山の内容です。僕はカップリングなら「もしも」という曲が好きです。「乱視」も良いです。じゃあもういっそ全部良いです。



ちなみに初回限定版はPVメイキングやライブなどが収録されたDVDもついて1,800円。これはお買い得ですね。


関係ないのですが、「星野源のフィルム買ったよ」と人に話したら、「え!!」と驚かれました。

どうやら僕が「DVD」のことを格好つけて「フィルム」と呼んでいるんだと勘違いしたようです。

素人がライブハウスのことを「あのハコ、いいぜ?」とか言っちゃう感じですかね。あれ恥ずかしいですよね。

まあそんなわけで、恥ずかしい人扱いをされてすごく不本意でした。


(山本)

posted by 星燈社 at 09:00| 日記

2012年02月07日

小路苑


DSC_0400.jpg

母の誕生日の花を、神楽坂の小路苑まで買いに行きました。華やかすぎない花選びのセンスがとても良く、何かあるときはこちらのお店で選んでいます。


DSC_0166.jpg

ちなみに弊社の事務所移転祝いに頂いたお花も、小路苑でお選び頂いたそうです。そのままドライフラワーになったので今も置いてあります。

(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 日記

2012年02月06日

星燈社製品案内 平成二十四年二月


製品案内2月.jpg

『星燈社製品案内 平成二十四年二月』のカタログデータを入稿しました。近日中に刷り上って参ります。
入荷次第すぐにお送りいたしますので、小売店の皆様、どうぞ今しばらくお待ち下さいませ。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| お知らせ

2012年02月05日

バブル


「バブルの頃は、黙っていてもどんなモノでも飛ぶように売れたもんだ」「今はモノが売れない時代だ」という話を時々耳にします。

でもバブルを知らない世代からすると「黙っていてもどんなモノでも飛ぶように売れた」というのはなんだか不自然です。

僕はむしろ、使い手のことを考えて真面目にモノを作り、かつ、それを世の中に広めるための色んな方法を考えた結果としてモノが売れていく方がずっと真っ当だと思っています。

少なくとも星燈社で作る製品はそうした真っ当なモノでありたいですし、そうでなければ、わざわざ作る意味はないなあと考えています。


(山本)
posted by 星燈社 at 07:00| 日記

2012年02月04日

京都


DSC_1165.jpg

京都みやげに、六曜社珈琲店の珈琲豆をいただきました。どうもありがとうございます。

京都といえば、2月9日〜3月1日まで、京都の高島屋にある「細見美術館 ARTCUBE SHOP」にて、星燈社のフェアを開催して頂きます。ご依頼下さいました川崎さん、どうもありがとうございます。

新柄のてぬぐいや茶筒も並びますので、お近くの方はぜひぜひ足をお運び下さいませ。

(山本)
posted by 星燈社 at 07:00| 日記

2012年02月03日

松本さんぽC


DSC_0251.jpg

松本の地元民御用達の老舗焼鳥店「鳥心」に行ってきました。そう僕は焼鳥が大好き。
店内に入ると、年季の入ったコの字型のカウンターは、たくさんのお客さんで賑わっておりました。熱燗ととりわさが最高でしたよ。


DSC_0260.jpg

そして早めに「まるも旅館」に帰りついたのですが

DSC_0263.jpg

旅館のお風呂の浴槽がヒノキで嬉しかったです(手入れは大変だと思いますが)。
松本に来たときには是非また泊まろうと思います。


(山本)
posted by 星燈社 at 07:00| 日記

2012年02月02日

松本さんぽB




DSC_0248.jpg

松本の雑貨店、レトロスターさんにお伺いしました。


DSC_0250.jpg

正面から見るとこんな感じです。


というわけで早速おじゃましますと

DSC_0229.jpg

入口にはマスキングテープがズラリ。松本では一番の品揃えではないでしょうか。


DSC_0227.jpg

店内右手には、広々と商品が陳列されております。

DSC_0243.jpg

星燈社のてぬぐいもありました。ハンガーにてぬぐいを掛けると洒落て見えますねえ。
星燈社本店でも真似してみたいものです。



DSC_0231.jpg

一方、ステーショナリーが並ぶ棚には


DSC_0232.jpg

弊社のレターセットや


DSC_0233.jpg

のし紙も並んでおりました。素敵に並べてくださりどうもありがとうございます!



DSC_0237.jpg

それから「丸毬がまぐち」や


DSC_0235.jpg

豆がまぐち、さらに

DSC_0238.jpg

星燈社の定番の茶筒もズラリ並べて下さっておりました。どうもありがとうございます。


DSC_0248.jpg

ちなみに僕がお店におじゃましている間にも、あれよあれよという間にどんどんおやつが集まり、そして僕もワッフルやシュークリームなどのおこぼれを頂いて帰ったのでした。


DSC_0332.jpg

それからさらにレトロスターの駒井さんから、おみやげに松本・マサムラ洋菓子店の「石垣サブレ」を頂きました。どうもありがとうございます。

普通のサブレかなあと思いきや、ものすごくおいしい衝撃のサブレでした。
そんなわけで、おいしい石垣サブレがありますのでこぞって出勤してきてくださいね(社内報)。でも僕が1人で3枚食べたのは秘密!


(山本)
posted by 星燈社 at 07:00| 日本各地のお取扱店

2012年02月01日

和紋絵手紙


以前からある製品ですが、オンラインショップに掲載いたしましたので「和紋絵手紙」を改めてご紹介いたします。

 

星燈社の和柄をあしらったA5サイズのレターセットを作りました。

目上の方やお世話になった方などに、少しかしこまった手紙を書くときに最適なレターセットです。

 A5サイズと言っても、すぐにはぴんとこないかもしれませんが、ちょうどハガキの倍の大きさです。

 

このように、便箋を2つ折りにすると、封筒にぴったりおさまります。

 

封筒には、ツバメと星燈社ロゴのワンポイントが入っていますよ。

 


封筒10枚に封筒が3枚のセットですので、少しぐらい書き損じても大丈夫です。

 

 

どうぞ気分や季節に合わせて、お好きな柄をお選び下さいませ。420円です。


(山本)

posted by 星燈社 at 07:00| 新製品のお知らせ