W.jpg

2012年08月31日

カラーチャート


DSC_0507.jpg


星燈社オリジナルの、カラーチャートをつくりました。


DSC_0502.jpg

ピンクの色合いだけでもズラリ。


この色見本をつかって、ぽち袋や茶筒などの紙製品をつくります。
毎日ふつうに目にする日用品だからこそ、製品の色みはすごく大事なんじゃないかなと考えています。



(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| ただいま製作中

2012年08月30日

おばあちゃんと柴犬




おばあちゃんと犬@.jpg


出勤途中、柴犬を散歩に連れているおばあちゃんをよく見かけます。
どうやら柴犬もだいぶ年配のようで歩みがゆっくり。


おばあちゃんと犬A.jpg

ずっと柴犬だと思っていましたが、
尻尾がこんな感じで垂れ下がっているので雑種なのかも。




蛇口@.jpg


それはそうと、先日おばあちゃんがコンビニで買い物をしている間、
店の外で待っている柴犬を見かけました。


一見ほほえましい風景のようですが、よーく見ると


蛇口A.jpg


ヒモは蛇口に引っ掛けてるだけ。


蛇口B.jpg

しかし意に介さない柴犬


蛇口A.jpg


まあそんなわけで特にオチはないんですが、なんか癒されましたよーというお話でした。

(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2012年08月29日

星燈社だより8月号


DSC_0055.jpg

『星燈社だより』8月号が出来上がりました。


DSC_0054.jpg

4月からはじめて、なんだかんだで5号目。
1年間揃えたら、何かいいことがあるかもしれませんよ(なかったらすみません)!!


DSC_0056.jpg

ちなみに、「あのコーナーを楽しみにしています」とよくお聞きするのが、スタッフの好きな食べ物コーナー。7月号は、『酒の肴』でした。

8月号は、夏にとても食べたくなるアレです。今夜僕も食べようかなアレ。


(山本)
posted by 星燈社 at 17:00| 平成絵双紙

2012年08月28日

正月あそび



ぽち袋の紹介ばかりですみませんが、今日も新柄ができたので、ホヤホヤのうちにご紹介します。



DSC_0010.jpg


『へびの正月あそび』


DSC_0011.jpg

へびが羽根突き、独楽、書きぞめをしています。




ぽち袋のフタを折り曲げて裏返すと


DSC_0014.jpg


裏側のへびが羽根突きの羽根をキャッチします。
こういうの好きなんです僕。



今気づきましたが、「へびの正月あそび」は、へびが4匹。
レターセットの「親子つばめ」も雛は4羽、「こけし」も4体。これも指摘されてはじめて気がつきました。
ぜんぜん意識しているわけじゃないんですが、僕が4人兄弟だから4個描いてしまうのかもしれないですね。



DSC_0017.jpg

『ペンギンと雪夜』。

実はこれ、1年前ぐらいに依頼されて描いた絵柄なのですが、なんだかんだでお蔵入りになってしまったので、ぽち袋にしてみました。
そうやって見てみると…1年前から全然絵がうまくなってないという衝撃!!



DSC_0019.jpg

それはそうと、ウラにはアデリーペンギンと雛がいます。


DSC_0022.jpg

他にも伝統文様の『青海波』と『鱗文様』を入れたバージョンも作ってみました。硬派な仕上がりで、これはこれでけっこう良いんですよね…





-------------おまけ-------------





DSC_0029.jpg


おとといのブログで描いた、ナスキュウリのぽち袋をつくってみました(非売品)。





DSC_0026.jpg


あと、パンダのかわいさを研究している鯛も(こちらも非売品)。





DSC_0027.jpg


鯛がんばれ!!!





(山本)

posted by 星燈社 at 17:00| ただいま製作中

2012年08月27日

熊猫か鯛か


昨日に引き続き、さらにぽち袋の新作絵柄ができました。


DSC_0494.jpg

「熊猫と松竹梅」。


DSC_0496.jpg

松竹梅の「竹」を、パンダが食べてます。


DSC_0497.jpg

ウラはパンダの後ろ姿。
パンダのしっぽは、実は黒じゃなくて白なんですよね。


「縁起がよくてかわいいぽち袋を作ろう」と決めたからでしょうか、今年は(僕としては)かわいい絵柄が出来上がってきている気がします。



そんな中、僕の唯一の心配は


CCF20120824_00007.jpg

パンダに負けて「鯛と松竹梅」の人気が落ちそうなこと。



DSC_0483.jpg

鯛がんばれ!!





-------------おまけ-------------



パンダと鯛.jpg


パンダのかわいさを研究している鯛。


鯛2.jpg

鯛がんばれ!!!


(山本)

posted by 星燈社 at 17:00| ただいま製作中

2012年08月26日

富士鷹茄子と祝いへび



年末に向けて、ぽち袋のデザインが続々と出来上がっています。


DSC_0486.jpg

『富士鷹なすび』



DSC_0487.jpg


鷹がナスを捕らえています。


DSC_0492.jpg

『祝いへび』



DSC_0493.jpg

縁起の良い白へびが破魔矢に絡み付いて、『祝』の字になっています。

正直これを思いついたとき「傑作ができてしまった…」と思いましたが、今年売ったらあと12年後まで販売するチャンスがないんですね!




-------------おまけ-------------


なす.jpg


鷹から逃げるナスキュウリ(お盆のやつ)




DSC_0487.jpg

キュウリは無事に逃げたようです。





きゅうり.jpg

やったねキュウリ!!


(山本)
posted by 星燈社 at 00:00| ただいま製作中

2012年08月25日

ぽち袋


ぽち袋のデザインを製作中です。
ぽち袋は祝い事に使うものですから、普段よりもポップなものにしようと意識してつくっています。


CCF20120824_00007.jpg

「見上げ鯛と松竹梅」。


DSC_0483.jpg

エラ呼吸のことはこの際おいといて、鯛が松竹梅を眺めています。
※鯉じゃないですよ。


DSC_0479.jpg

「まねき猫」。


DSC_0481.jpg

お腹に「福」って描いてあります。
ちなみに、右手を挙げている猫はお金を招き、左手を挙げている猫は客を招くそうです。


DSC_0482.jpg

ぽち袋のウラは猫の後ろ姿。しっぽがポイントです。
※熊じゃないですよ。

おそらく10月から販売開始になるかなーと思います。どうぞ今しばらくお待ち下さいませ。

(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| ただいま製作中

2012年08月24日

Hanako


DSC_0473.JPG

今月号のHanakoに、星燈社の製品を掲載して頂いております(友だちの山本くんからのメールで知りました)。どうもありがとうございます。

京都特集を読んでみたら、今まで知らなかったお店もいろいろと載っていて京都はまだまだ奥が深いなーと唸りました。京都に行きたい!


(山本)


posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2012年08月23日

昨日のこと



昨日、友だちの友だちの友だちの、力士の方がいらっしゃいました。

相撲取りの方と話すのは生まれてはじめてでしたが、まだ19歳なのに礼儀も挨拶もしっかりしていて、目から鱗が落ちました。

僕は根っからの文化系なのですが、「体育会系の人が就職に有利」というのは当たり前だよなーと思います。接してて気持ちいいですもんね。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2012年08月22日

ひとつめ


DSC_0307.jpg

弊社のお取引先様からご依頼を頂き、特注で長日傘をつくらせて頂くことになりました。ありがとうございます。

どんな製品でもそうですが、ひとつめが売れるのは、何よりも嬉しい瞬間です。これがあるからやめられません。



DSC_0664.jpg

ちなみに長日傘をご依頼頂く場合には、露先(傘骨の先の部分)をいろんな色型の中からお選び頂けるようにしようかなーと思っています。
弊社スタッフの間では、意外に金色がかわいいと話題です。


(山本)
posted by 星燈社 at 20:00| 平成絵双紙

2012年08月21日

積み上げる


この仕事をやっていていつも良いなあと思うのは、図案や製品それから考え方を、どんどん積み上げていけることです。

僕個人の経験値なんて大したことないので、ときどき自信がなくなることもあります。そういうときはつくってきた製品を眺めることで支えられます。

できるだけ廃盤をつくりたくないなあと考えているのには、そういう理由もあったりします。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2012年08月20日

給与明細



星燈社の給与明細フォーマットには、備考欄があります。

ですので、せっかくだから毎月どうでもいいコラムを書いています。


CCF20120820_00000.jpg

今月はこんなの。



CCF20120820_00000 - コピー.jpg


今月はネギの破壊力について。


大体毎月こんな風に、些細でどうでもいいことを書いていますが、
時々「これは傑作!」といえる程の、素晴らしくどうでもいいことが書けたりします。


(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2012年08月19日

馴染む


DSC_0655.jpg


昨日いらして下さったお客様が、いい具合にくたっとして色が馴染んだ、野あそびのてぬぐいをお持ちでした。

染め上がったばかりのてぬぐいはいつも目にしていますが、使い込んである製品を見るとすごく嬉しいものですねえ。


DSC_0652.jpg

これからも奇をてらわず、暮らしに馴染み、使っていて嬉しくなる図案や製品をつくりたいなーと思いました。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2012年08月18日

雑草


DSC_0649.jpg


星燈社の前にある花壇に、雑草が生えてきました。

ひっこ抜こうかなーと思ったんですが、よく見たら結構かわいらしいのでそのままにしてあります。


DSC_0644.jpg

こんなのとか



DSC_0648.jpg

これなんかは、そのまま図案になりそうです。


花屋に飾ってあるきらびやかな花よりも、こうした素朴な野花や雑草の方が素敵だなーと感じます。



雑草といえば、高校1年生の頃。
担任の教師が
「山本星はスターじゃなくてスターダストだ」
と陰口を叩いていたのを、今思い出しました。
いま考えたらけっこうひどい!!



(山本)


posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2012年08月17日

くず餅


DSC_0638.jpg

ずっと食べてみたいなーと思っていた、船橋屋のくず餅を頂きました。
くず餅は勿論のこと、黒蜜やきなこに至るまでさすがの美味しさでした。どうもありがとうございます。


(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2012年08月16日

お金と知恵


何かをやろうとするとき、
「お金がないから知恵を出す」場合と
「知恵がないからお金を出す」場合の、どちらか一方を選ぶ場合が多いように感じます。

たとえば冷蔵庫や洗濯機を買うのは「お金で知恵を買う」ことで、いまや僕らが「お金で知恵を買う」ことなしに暮らしていくことは無理。

でも、少なくとも自分自身の仕事ぐらいは、お金じゃなくて知恵を出していきたいなあと思います。楽じゃなくても、そっちの方が面白そう。



(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2012年08月15日

ギフトシール


DSC_0577.jpg

『はまなす』柄の、贈りもの用のシールができあがりました。ざらっとした和紙素材です。

DSC_0571.jpg

近くから見るとこんな感じ。
星燈社のてぬぐいを色見本に送り、近似色で作ってもらいました。
贈りものをご入用の際には、お付けいたしますね。


-----------------------

夏期休暇を頂きまして、今日からまた通常営業です。
気持ちも一新、何かあたらしいことをしたい気分。とりあえず体力づくりに自転車でも買おうかな!



(山本)
posted by 星燈社 at 17:00| 平成絵双紙

2012年08月14日

くるみやまびこ



DSC_0456.jpg


イルフ童画館の齊藤さんから、ヌーベル梅林堂の「くるみやまびこ」を頂きました。
思わず震えるおいしさでした。ありがとうございます。


(山本)
posted by 星燈社 at 01:00| 平成絵双紙

2012年08月13日

ぎおん森庄



DSC_0228.jpg

先月、京都・祇園にある築120年の宿「ぎおん森庄」に1拍させて頂きました。


DSC_0157.jpg

素晴らしい中庭。


DSC_0155.jpg


僕が泊まったのは「雪の間」。

実は谷崎潤一郎が細雪を執筆するときに、ここを定宿としていたとのこと。
それにちなんで、細雪に登場する姉妹の名前が部屋の名前になっているそうです。かっこいいですね。


DSC_0149.jpg

こちらは「雪の間」から見える中庭の景色。これぞ京の宿ですねえ。


DSC_0161.jpg

雑誌CASA BRUTUSで、原研哉オススメの宿として紹介されていました。


そんなわけで、京の旅には森庄さんに是非足をお運び下さいませ。ついでに併設の雑貨店には星燈社の品物もありますよー(宣伝)。

(山本)

posted by 星燈社 at 01:00| 平成絵双紙

2012年08月12日

日傘


DSC_0307.jpg

星燈社だより7月号に日傘を話しを載せたところ、欲しい!という声を頂くようになりました。ありがとうございます。


DSC_0364.jpg

先日つくったサンプルは長日傘でしたが、折りたたみも作ってみようかなあと思っています。楽しみです。


(山本)

posted by 星燈社 at 01:00| 平成絵双紙

2012年08月11日

HANSEL&GRETEL


今月から潟潤[ルドさんで展開されている『HANSEL&GRETEL』3店舗にて、星燈社製品のお取り扱いがはじまります。

よろしければ、皆様ぜひぜひ足をお運びくださいませ!


-----------------------------------------------------

●HANSEL&GRETEL 成城本店
〒157-0066
東京都世田谷区成城6-5-34 成城コルティ2F
TEL:03-5429-2525 FAX:03-3789-8522
営業時間:午前10時〜午後9時(定休日なし)


●HANSEL&GRETEL 立川エキュート店
〒190-0023
東京都立川市柴崎町3-1-1立川エキュート3F
TEL:042-527-8205
営業時間:午前10時〜午後9時半(日祝 午前10時?午後9時)


●HANSEL&GRETEL 阪急西宮ガーデンズ店
〒663-8204
兵庫県西宮市高松町14-2阪急西宮ガーデンズ2F
TEL:0798-68-4158
営業時間:午前10時〜午後9時(定休日なし)

-----------------------------------------------------
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2012年08月10日

アイディア


個人的に好きで、しばしば『日本仕事百貨』という求人紹介サイトを眺めて楽しんでいます。

普通の求人サイトと違って「お金だけじゃない」もしくは「生き方としての」仕事を探せるところが、興味深いなあと思っています。

今は不況だなんだと騒がれていますが、アイディアと行動力とセンスさえあれば、インターネットを使って『日本仕事百貨』のような仕事をはじめられる可能性があるのですから、けっこう悪くない時代かもしれないなあと感じます。

(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2012年08月09日

天然の


DSC_0443.jpg

氷と水と天然の冷蔵庫で冷やすと、ビールと西瓜がより一層おいしいように感じます。
そうやって視覚的に涼を楽しむのも日本人らしくていいですね。

(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2012年08月08日

星燈社だより7月号


CCF20120807_00001.jpg

お知らせするのがとっても遅くなりましたが、星燈社だより7月号が入荷しております。
今回の表紙は「黒豆きなこ」。


オンラインショップで星燈社製品をお求めの方に同封させて頂いている他、ショールーム店頭及び星燈社のお取引店の一部で配布して頂いております。

今月もどうでもいいことが綴られていますが、よろしければ是非ご覧下さいませ!



kaki.jpg



それから、本日より14日まで弊社夏期休業です。
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い致します。

(山本)
posted by 星燈社 at 01:00| 平成絵双紙

2012年08月07日

小毬がまぐち


DSC_0538.jpg

オンラインショップと店頭限定の製品『小毬(こまり)がまぐち』ができあがりました。


DSC_0547.jpg

小さい見た目とは裏腹に、マチが広くて便利なんです。


DSC_0545.jpg

角がまぐち、豆がまぐちと比べるとこんな感じ。
父・母・子どもみたいですね。ちなみに1,260円(税込)です。

(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2012年08月06日

弘前


DSC_0514.jpg


弘前へ行ってきました。そしてねぷた祭りも見てきました。


DSC_0492.jpg

僕のお気に入りはこちらのねぷた絵。かっこよかったです。


(山本)



posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2012年08月05日

染め屋さん


DSC_1137.jpg


ひと昔前は、染め工場もひとつの会社の仕事を請け負うだけでやっていけたそうです。

今は、いろんな会社の仕事を総合的にやらないとダメだ、とのこと。

星燈社も、もっと工場に安定して仕事をまわせるようにしていきたいなーと思いました。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2012年08月03日

形式と意識



僕は「日本の文化を日常に取り入れるきっかけ作り」をしよう、と思って星燈社の仕事をしています。

けれど別に
「日本人はちゃぶ台と畳の生活をするべきだ」とか
「日本人は毎日キモノを着て暮らすべきだ」とは考えていません。


たぶん文化を伝えるために重要なのは、堅苦しく「形式」や「様式」にこだわりすぎることではなく、
なんか日本っていいなあーと思える「意識」を大事にすることだと思います。


(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2012年08月02日

遊び



そろそろ雑貨の展示会でも、年末向けの商品が並ぶ季節。
遅ればせながら星燈社でも、ぽち袋のデザインをつくりはじめました。


今年はちょっと遊び心を入れた縁起物シリーズもつくろうかと思っています。

たとえば


ふくろう.jpg


ふくろう(不苦労)。



たぬき.jpg

たぬき(他抜き)。



鏡餅とへび.jpg

それから干支モノ、鏡餅とへび。


ちなみにどれも思いつきで作っただけなので、製品化するかは未定です。
幻のデザインになってしまうかもしれませんが、それはそれでご愛嬌!!


(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2012年08月01日

祇園祭


DSC_0101.jpg


先日、はじめて京都の祇園祭を体験しました。
ちなみに僕が見たのは「宵々山」の日。

DSC_0079.jpg


大きな山鉾。

DSC_0094.jpg



DSC_0125.jpg


すごく素敵なお祭りでした。
学生の頃、いろんなお祭りの写真を撮るのにはまっていたのを思い出しました。
今度は山鉾巡行を見てみたいなあ。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙