W.jpg

 

2012年10月19日

アレンジ




石川県立伝統産業工芸館からのご依頼で、明治・昭和・大正時代の帯の絵柄をもとに図案づくりをしました。

当時の帯の意匠は構図や文様が美しく、現代にも通じるデザインのものが多くあります。


その魅力を伝えるべく伝統産業工芸館で
「ひいおばあちゃんの帯 −明治・大正・昭和初期の意匠を見る−」
という展示をするにあたり、文様を現代風にアレンジした図案が欲しいとのご要望でした。


そんなわけで、今回星燈社でつくらせて頂いた図案をいくつかご紹介します。





SARASA.jpg

『さらさ』




miyabi.jpg

『せせらぎ』



TSUMI.jpg

『つみ草』




dandanbatake.jpg

『だんだん畑』



P1020911.JPG


このように過去のすぐれた意匠を現代的にアレンジして新しい見せ方を提案することの方が、
ただ新しいだけのデザインをつくることよりもずっと意味があると思っています。
貴重な機会を頂き、ありがとうございました。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 星燈社だより