W.jpg

 

2012年11月21日

鹿児島@



DSC_0589.jpg


熊本を離れたあとは、新幹線で鹿児島へ行きました。
新幹線なら、1時間半で両県を移動できます。便利ですねえ。



夜は、現在「霜月展」を開催して頂いております、ポツリの東さんに「心水」という花尾地鶏を食べさせてくれるお店へ連れていって頂きました。これがもう、鶏料理革命というべき美味しさでした。ホントに。


DSC_0595.jpg

炭火で焼いて、甘さが引き立った下仁田ネギを皮切りに、

DSC_0593.jpg

一本ずつ焼き鳥が供されます。ちなみに、こちらは炭火焼つくね。
ふわふわのつくねの上に、わさびマヨネーズと「とんぶり」が添えられていまして海原雄山もびっくりのおいしさ!



DSC_0591.jpg

鶏レバーの刺身も、見たことないような希少部位がたくさん。甘い刺身醤油が、九州の焼酎によく合います。


DSC_0597.jpg

締めには、鶏の朴葉味噌焼き。ぺロリでした。
こんな美味しいものばかり食べてバチが当たらないように、毎日がんばらないと!本当にごちそう様でした。


昨年は東さんとあまりゆっくり話す時間がありませんでしたので、ゆっくりとおいしいものを食べながら色々な話をできて、とても楽しい時間でした。どうもありがとうございました。


(山本)


posted by 星燈社 at 12:00| 星燈社だより