W.jpg

2013年04月30日

横須賀美術館



sDSC_0762.jpg

先月に引き続き、今月も横須賀美術館に行ってきました。
目当ての谷内六郎館の展示は「日常の中の夢、まぼろし」。谷内六郎の絵の魅力がぐっと引き立つテーマの展示でした。谷内六郎最高!



sDSC_0757.jpg

ちなみに美術館の喫茶店はオーシャンビュー。素晴らしいロケーションです。お茶を飲みにくるだけでも良さそうですねー。



sDSC_0769.jpg

帰り道には夕焼けも見れました。そういえば海に沈む夕日を見るのなんて随分ひさしぶりだったかも。



(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年04月29日

知恵とか



小さい頃から両親に「人からお金は借りるな」と言われて育ったので、
星燈社をはじめるときにも、自然とお金は借りようとは思いませんでした。

とは言え、自己資金があるわけもないから知恵を絞り出し、
売れない製品をつくった時点でおしまいなので本気でつくり、
結果として、小ロットからつくってくれる工場も見つけられました。ほとんどの工場とは今でもずっと付き合いがあります。


まだこれからどうなるか全然わかりませんが、身の丈で成長していこうとするなら、これはこれで案外悪くないんじゃないかなーとも思います。



ところで、先日ネパールで撮った写真を整理していたら、




57020042.JPG


なんかすごいの出てきました。ネパリのニトリ!!



(山本)

posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2013年04月28日

明礬温泉A



sDSC_0365.jpg

昨日ご紹介しました、明礬温泉「湯の里」の敷地内に



sDSC_0384.jpg

星燈社のお取引先「ともゑや」さんがあります。
こちらの建物の屋根は、湯の花小屋と同様に、数年ごとに取替えが必要なのだそうです。

話しは逸れますが、明礬温泉は非常に濃い硫黄泉で、湯の里さんの空調も取替えが必要になり、従業員の方の自動車にキズがあれば、そこからどんどん錆びていってしまうそうです。

それでもこの土地で湯の花小屋を守り暮らすというのは、やはりそこで暮らしていく覚悟があるんだなあと感じます。
そういう方がいらっしゃるからこそ、日本の地方の多様性が保たれているんでしょうねえ。


sDSC_0362.jpg

さて、ともゑやさんの入り口には、大分県でつくられている小鹿田焼が売られていました。
僕も入荷したての浅いどんぶりを買わせて頂きました。


sDSC_0361.jpg

店内には、星燈社の製品もズラリ。春らしく華やかに並べてくださりありがとうございます。



sDSC_0380.jpg

ちなみに、ともゑやさんでは、オリジナルで「湯の花小屋」てぬぐいを販売なさっています。染めも凝っていて、これで1,260円はお安い!自分用にばっちり買って帰りました。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2013年04月27日

明礬温泉




sDSC_0365.jpg

大分県別府市にある、明礬温泉に行ってきました。別府七湯のうちのひとつです。別府駅から車で20分ぐらいで、こんな秘湯のような風景が広がっているとは驚きですね。


上の写真は、「湯の里」の敷地内に立ち並ぶ、明礬温泉のシンボル“湯の花小屋”。


sDSC_0340.jpg

その湯の花小屋では江戸時代から脈々と受け継がれてきた製法で、天然の入浴剤「薬用 湯の花」がつくられています。
なんとその製造技術が重要無形民俗文化財に指定されたとか。

sDSC_0343.jpg

小屋の中はこんな風になっております。


sDSC_0354.jpg

できあがった湯の花はこちら。キラキラした結晶です。とても綺麗。
※湯の花小屋からの無断採集は厳禁ですのでご注意下さい。


sDSC_0383.jpg

もちろん温泉にも入って帰りました。
明礬温泉「湯の里」のにごり湯は、とっても濃くて最高でした。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2013年04月26日

熊本



sDSC_0334.jpg

先日、熊本に行ったときに「etu」という古道具・古家具屋に行ってきました。
いわゆるアンティークというより「ブロカンテ」ってやつでしょうか。すごくかっこいいダイニングテーブルがありましたが、さすがに持って帰れないのであきらめました。



sDSC_0332.jpg

etuの建物は、旧洋裁女学校を改装したらしく、広々とした空間が素敵でした。
お隣の系列店のカフェも大盛況の様子でした。



でも僕はカフェを横目に熊本市内にひた走り


sDSC_0337.jpg


「うつわ屋」の小山さんご夫婦に、馬刺しを食べに連れて行って頂きました。焼酎とよく合いますねー。楽しい時間をどうもありがとうございました。


ちなみに、熊本ではカーラジオから

「わー!何この白いカルパッチョ!」

「フフ…これは馬のタテガミだよ。これには焼酎がよく合うのさ…」

という焼酎のCMが流れてきて、さすが熊本!
あと道の駅で思わずくまモンのTシャツを買いました!!!


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年04月25日

こんなところで



1360981404_i.jpg

僕の趣味はウィンドウショッピングならぬウィンドウ物件探し。

最近のお気に入りは、上の写真の金沢R不動産で賃貸募集している、重要文化財の物件

213.57 平米で家賃11万円ですよー。きっとこんなところで働いたら気持ち良く働けて、良いモノがつくれそう。


そういえば金沢の町家をリノベーションして、5件のオフィス&物販が集まっている「Machiya 5」も無事オープンしたようです。
友人(と僕は思っている)の森さんのオフィスも入りました。いいなー。
森さんのオフィスの床材は、星燈社と同じくユカハリを使っているそうです。金沢に遊びにいきたい!!!

ちなみにMachiya5では、カフェスペースのテナントを再募集しているそうです。東京から考えたらタダみたいな家賃です。こちらもご興味のある方に是非素敵なカフェをオープンして頂けましたら、僕はすごく嬉しいです。古いものは使って保存するのが一番。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年04月24日

神坂雪佳



昨日23日で、京都高島屋・細見美術館ARTCUBE SHOPさんにて開催して頂いていた「星燈社展」は終了いたしました。足をお運び下さった皆様、どうもありがとうございました。

残念ながら会期中にお越し頂けなかった皆様、大変申し訳ございませんでした。


KAMISAKA.jpg


と見せかけて、ARTCUBE SHOPさんのご好意で、2013年5月9日〜20日の期間で開催される、京都・高島屋『美の競演 京都画壇と神坂雪佳〜100年の時を超えて〜 京都市美術館・細見美術館コレクションより』でも、引き続き星燈社の製品をお求め頂ける運びになりました。

しかもその間、京都高島屋のショーウィンドウには星燈社の製品が並ぶとか並ばないとか並ぶとか!どうもありがとうございます。

まさか高島屋さんのショーウィンドウに弊社製品を並べて頂ける日がくるとは。
この道を選んで本当に良かったなーと自己満足しました。


58040025.JPG


ちなみに僕は大学時代、自由と奔放をはき違えて休みのたびにふらり外国旅行をしていまして、そのせいか「星くん大学卒業したら旅人になると思ってたよーワハハ」と結構言われました。
さすがにそうやって生きていける自信はまったくないよ!!

(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年04月23日

日常


CCF20130424_00000.jpg

益田ミリ著「ほしいものはなんですか?」を買いました。最近めっきり益田ミリにはまっています。
先日姉が送ってくれた「泣き虫チエ子さん」も、とっても良かったです。


フィッシュマンズの音楽もそうですが、特別じゃない日常をエンターテイメント作品に仕上げるってすごいことだなーと感じます。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年04月22日

学ぶ


星くん好きそうだから読んでみてよーと言われて、
東京造形大学2013年入学式での、学長の式辞を読んでみました。僕はあんまり人のスピーチを見聞きするのは得意じゃないけど、これは名文。モノづくりを学びたい若者は必読だと思います。


造形大学創立者の桑澤洋子さんは、デザインや美術について

「それは単なる自己表現というより、社会に責任を取る表現であり、デザイナー美術家は、現代の社会や産業が孕む矛盾を解明する文明的な使命を持たなくてはならない」

と言ったそうですが、ホントにその通りだと思います。「自己表現」の壁を越えたところに、社会性が生まれてくるんだと感じます。


-------------------------------

それはそうと

DSC_0038.JPG

先日、生の桜海老が入った手打ちパスタを食べました。これぞ和洋折衷の極みの味。とってもおいしかったです。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年04月21日

ギフト包装



sDSC_0308.jpg


ショールームに、茶筒のギフト包装の見本を飾りました。これがまた結構素敵な仕上がりに(僕はノータッチですが)。店頭にお越しの際はぜひご覧下さいませ。





すること帖.jpg


星燈社の新製品「すること帖」ですが、「すること帖にメモしたあと、家に置き忘れて出かけちゃったー」という失敗談を耳にしました。
それを防ぐには「すること帖を忘れず持つ」とメモをすればいいんでしょうか。なんか禅問答みたいですね。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年04月20日

ピカピカ


sDSC_0312.jpg

気が向いたので、星燈社の窓をピカピカに磨いてみました。きれいにすると気持ちいいですねー。



(山本)


posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年04月19日

期間延長です





3月20日(水)から京都・高島屋3階「細見美術館 ARTCUBE SHOP」さんにて開催して頂いております星燈社展ですが、ご好評につき、4月23日(火)まで会期延長となりました。


IMG_3792.JPG

広々としたスペースで展開して頂いておりますので、ゆっくりご覧頂けます。よろしければ、ぜひお越し下さいませ。


(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年04月18日

かわいい紙雑貨A



DSC_0348.jpg

昨日紹介いたしました「かわいい紙雑貨」の巻末には



DSC_0354.jpg

星燈社もご紹介頂いております。どうもありがとうございます。


DSC_0355.jpg

ちなみに星燈社のすぐ上に紹介されているのは、手染め和紙の聚落社さんですが、
弊社お取引店、旅猫雑貨店にて『なつかしくてあたらしい紙+』展が2013年4月25日(木)〜5月6日(月)の日程で開催されます。楽しみ!!


----------------------

先日、自宅の本棚を整理していたところ、学生時代の教科書がたくさんでてきました。

仕事に役立つかなーと思って色々眺めていましたが、なぜか出てくるのは「破産法」「民事再生法」「刑事訴訟法」など物騒なのばっかり。
たぶん変にケチな僕は教科書の値段が高いから捨てなかったんでしょうけれど、できるなら一生お世話になりたくない!


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年04月17日

かわいい紙雑貨



sDSC_0347.jpg

PIE BOOKSから刊行された書籍「かわいい紙雑貨」



sDSC_0353.jpg

星燈社の製品も掲載して頂いております。どうもありがとうございます。


それにしても、ページを開くと、作家やメーカーの皆さんがとってもかわいい紙雑貨をつくっていらして、僕は強い衝撃を受けました。
そんなわけで落ち込むので僕はまだあんまりちゃんと読んでいませんが、皆様ぜひぜひお手にとってじっくりご覧下さい。



おまけ


sDSC_0337.jpg

先日、キルフェボンのケーキを食べました。やっぱりおいしいですねキルフェボン。
4月下旬からは、これまで仙台限定だった「ずんだのシブースト」が都内でも販売開始!ズンダー(ずんだファンの俗称)にはマストですね。



(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年04月16日

異世代



DSC_0229.jpg

読売新聞に星燈社の茶筒を取り上げて頂いて、一番嬉しかったのは、普段のお客様よりもひとまわり上の世代の方がお問い合わせやご注文をくださったことです。

今までモノをたくさん見て暮らしてきた世代の方に「こういうのが欲しかったのよー」と評価して頂けて、ちょっと自信になりました。どうもありがとうございます。



(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年04月15日

とこキャン


sDSC_0336.jpg

大学生のとき1年間通っていた、早稲田大学所沢キャンパス(通称とこキャン)に遊びに行ってきました。
いつのまにか見知らぬかっこいい校舎ができていてびっくり。


sDSC_0333.jpg

なつかしの図書館。


sDSC_0334.jpg

八重桜も綺麗でした。

学部生の子たちはきっと街で遊ぶのに夢中なんだと思いますが、窓から緑が見える環境で学べるなんてうらやましいなーと思いました。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年04月14日

ねぎぼうず



sDSC_0318.jpg

おにぎりを「ねぎぼうず」のてぬぐいで包んでみたら、やけにしっくりきました。


sDSC_0317.jpg

それから昨日、世にもおいしいモンブランを頂きました。どうもありがとうございます!


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2013年04月13日

カレーショップイトウ



イトウ1.JPG


出勤途中にいつも見かけて気になっていた、カレーショップイトウに行ってきました。ご覧くださいこの入りにくさ。店内の様子なんて全然わかりません。

しかし勇気を出して入ってみたところ…



イトウ2.JPG


なんとまあ、正しい日本の洋食が出てきました。

●野菜の甘みが効いたクリームソースをかけたポークカツ(さくさくでした)、
●いろんな野菜が入ったサラダ(ドレッシングも自家製かも)、
●野菜スープ(おいしい)
●カレーをかけたライス(最高)

これで850円。いいですねーー。時間があるときまた行きたいと思います。



(山本)

posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2013年04月12日

体感景気



専門家じゃないので景気の実際はわかりませんが、
僕が身近に目にするところでは、渋谷ヒカリエがオープンして盛況、東京大丸がリニューアルオープンして賑わい、東京スカイツリーが完成して東京ソラマチも好調、JPタワー「KITTE」がオープンして好評と、体感景気はけっこう悪くないんじゃないかーと思っています。

こういう「小にぎわい」がずっと続くといいなあと思いますが、バブル世代の人から見たら、それでもきっと今の東京の街は寂しく見えるんでしょうねえ。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年04月11日

大津坂倉



DSC_0461.jpg

神奈川県横須賀市、京急大津駅前に「大津坂倉」という町のお菓子屋さんがあります。

なぜわざわざ足を運んだかというと、何を隠そう大津坂倉でお菓子を買うと…



DSC_0497.jpg

谷内六郎がデザインした包装紙で包んでくれるんです。
なんでも先代ご主人が谷内六郎と親交があったとか。


DSC_0504.jpg

包装紙を広げるとこんな感じ。めちゃめちゃかわいいですね。



DSC_0509.jpg

お菓子もおいしかったです。ぺロリでした。



DSC_0458.jpg

ちなみに店内では


DSC_0459.jpg

包装紙の原画も見られます(許可を頂いて撮影させて頂きました)。

横須賀美術館の谷内六郎館へ立ち寄るついでにぜひぜひ!


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年04月10日

送別会リターンズその2



昨日に引き続き、高島さん送別会リターンズの様子をご紹介します。

DSC_0295.jpg

必ず注文する「生海苔とシラスのピザ」。
今回のシラスはいつもより太っていると思ったら、ちょうど今はシラスの水揚げの季節ですね!


DSC_0297.jpg

サーモンとキノコの薄焼きピザを経て


DSC_0303.jpg

デザートはそれぞれサツマイモのモンブランパフェ×2個



sDSC_0302.jpg

好きなケーキが2種類選べる、食いしん坊のデザート



sDSC_0301.jpg

フォンダンショコラ


sDSC_0305.jpg

あと、僕のわがままでもう1個焼きたてパイの一度ミルフィーユを頼みました。おいしかった!!

2度の送別会で労に報いられたかわかりませんが、終始どうでもいい話しで盛り上がり、とても良い送別会になったと思います。有終の美というやつですね。
そんなわけで、1年半の間大変助かりました。おつかれさまでした!!


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年04月09日

送別会リターンズ



DSC_0299.jpg


錦糸町のTERZOにて、弊社スタッフ高島さんの送別会第二弾(送別会リターンズ)を催しました。



DSC_0291.jpg

花ズッキーニのフリット。モッツァレラチーズとアンチョビが入っていて、ズッキーニの青くささとの相性といったらもう最高でした。


DSC_0293.jpg


こちらは焼きタラコと生海苔のパスタ。パスタソースまでパンにつけてぺロリでした。
ちなみにメープルのパンにソースをつけて食べたところ「ディスニーランドの味がする」という話しが出まして、それは一体どういうことだと食べてみたところ、確かにディズニーの味がしました。


というわけで送別会リターンズの紹介は(無駄に)明日につづきます!


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年04月08日

えりまきわずか



20120404_0e135f.JPG


あたたかくなってきたなあ、と思ったらあっという間にえりまきが品薄、いやむしろほぼ売れてしまいました。ご入用の方は、ぜひお早めにお求め下さいませ。再入荷は5月中旬を予定しております。



DSC_0208.jpg

それから、茶筒「日照り子」も、大小ともに欠品しております。こちらは4月21日入荷予定です。どうぞ今しばらくお待ちくださいませ。



全然関係ないですが、昨日の休みはひたすら自宅待機してキッチンのタイルとコンロをピカピカに磨きました。おかげで気持ちよく起きられた月曜日の朝。ありがとう激落ちくん


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年04月07日

長野大好き



長野県安曇野市にある、穂高駅直結の「アートギャラリー穂高」さんにて、星燈社製品のお取り扱いがはじまりました。ご依頼下さりどうもありがとうございます。


それから、善光寺のほど近く、長野市西乃門町にある「Roger」さんでも、お取り扱いがはじまっております。どうもありがとうございます。善光寺詣での際には、ぜひ足をお運びくださいませ。


ちなみに僕はなんだか長野が大好き。時間があったら行きたいところもたくさんあります。
「まるも旅館」にも泊まりたいし、「パスタと自然派ワイン こまつや」にも行ってみたいものです。



(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2013年04月06日

マルノウチリーディングスタイル



あたらしく「マルノウチリーディングスタイル」にて、星燈社製品のお取り扱いがはじまりました。
丸の内にオープンした商業施設、JPタワー「KITTE」の5階にあります。


マルノウチリーディングスタイルさんは、書籍問屋大手の椛蜊繪ョさんの新業態。順当な新業態に挑戦していてさすがだなあと感じます。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年04月05日

今月のスタンプ



sDSC_0236.jpg


星燈社の今月の請求書のスタンプは


sDSC_0237.jpg

桜とランドセルです。
別れと出会いのシーズンですね。新入学の皆さんや新社会人の皆さんがんばってくださいー。

(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年04月04日



DSC_0233.jpg

茶筒などをお送りするとき、「ワレモノ注意」と記載しています。

昨日はお送りする荷物が多かったので、ちょっと趣向を変えて




DSC_0234.jpg

昭和レトロにしてみました。どこが昭和かというと




DSC_0235.jpg

「!」マークです。これを見てピンときたら昭和生まれ!



(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年04月03日

マカロン



sDSC_0221.jpg

世にも美味しいマカロンのおこぼれにあずかりました。マカロンってこんなに柔らかいんですね!!マカロン革命でした。ありがとうございます。



(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年04月02日

読売新聞



DSC_0231.jpg


4月1日の読売新聞の夕刊(全国版)で、


DSC_0229.jpg


君野倫子さんに、星燈社の茶筒をご紹介いただきました。
どーんと大きく掲載していただきました。どうもありがとうございます。

そんなわけで、昨日今日と電話やオンラインショップでの問い合わせやご注文が殺到する大反響を頂きました。大変光栄です。

星燈社はじまって以来、一番忙しい日になりました。

というわけで頑張った自分達へのごほうび(OL風)に、みんなでまたフォアグラのピザでも食べにいこうかと画策中だったりして。送別会再び!



DSC_0224.jpg

でも今日はとりあえず、静岡緑茶コーラで乾杯してみました。案外おいしいんですよこれがまた。


(山本)

posted by 星燈社 at 18:00| 平成絵双紙

2013年04月01日

魔法




今日の出勤中、道の向こうから50代のサラリーマン風の男性が、歌を口ずさみながら歩いてきました。

何を歌ってるんだろうなあと思って、
すれ違いざまに耳を澄ましてみたら

「ビビデバビデブ〜〜!!」

と口ずさんでいました。いやホントに。
魔法に頼りたくなるようなことでもあったんでしょうか。


(山本)




posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙