W.jpg

2013年05月31日

金沢A



sDSC_1354.jpg


兼六園の中にある、石川県立伝統産業工芸館に行ってきました。


sDSC_1339.jpg

兼六園は、いま菖蒲が見ごろでしたよー。


sDSC_1353.jpg

工芸館では「一ヶ月の朝ごはん」という展示を開催中でした。



sDSC_1348.jpg

日替わりで作家の器と、それぞれの作家の朝の食卓が紹介されていて、とっても楽しい展示でした。すばらしい編集能力!



DSC_1350.JPG


一番おもしろいなーと思ったのは、卵かけご飯用の器。そして朝ごはんに「インスタント味噌汁」と書けるのって、かっこいいですね。かっこつけないかっこよさ。



sDSC_1346.jpg

ちなみに、星燈社の製品も販売して頂いております。
僕が言うとちょっと大分あれなんですが、販売スペースを見て「あ!かわいいなー」と思ってしまいました。子どもの晴れ舞台を見る親の気持ちってこんな感じでしょうかねー。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月30日

金沢



sDSC_1389.jpg

1年ぶりに、金沢へ行ってきました。


sDSC_1375.jpg

こちらは、ひがし茶屋街。やっぱり風情がありますねー。


sDSC_1357.jpg

再建工事をしていた「中の橋」も風情ばつぐん。


sDSC_1380.jpg

ひがし茶屋街を丘の上から見ると、黒い瓦屋根で統一されていることがわかります。
修繕などきっと大変だと思うのですが、ずっと残って欲しい景観です。


(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月29日

金沢



DSC_0673.JPG


所用で金沢へ滞在しております。充実した時間でした!詳しくは後日書こうと思います。


ところで石川県出身といえば松井秀喜ですが、
小学生の頃、まるまると肥えていてお尻が大きかった僕は、
「大丈夫!!松井秀喜もお尻大きいから!!」と母に励まされました。

でも松井秀喜の価値はそこじゃなくて野球だしな…と子供心にも気づいていました。松井秀喜さん国民栄誉賞おめでとうございます!!


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月28日

紫陽花



sDSC_0672.jpg


早々と紫陽花が咲き始めました。今年は梅雨入りも早いようですし、紫陽花の満開も早いかもしれないですねー。鎌倉の紫陽花を見に行きたいものです。そして峰本で蕎麦食べたい(花よりだんご)。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月27日

『影絵』


KAGEE.jpg


染め物の世界は「色数を多くつかって鮮やかに表現したものが良い」とされるそうです。しかしそれは「色でごまかせる」とも言えそうです。

たとえるなら影絵のように、シンプルな世界だけれど見る人を惹きつける。
星燈社ではそんなものをつくってゆきたいと考えています。
posted by 星燈社 at 12:00| 星燈社の和柄

2013年05月26日

模倣


sDSC_0363.jpg


モノをつくっていると「生みの苦しみ」は付き物。
僕が思うに、その苦しさの理由のひとつは「同じものをつくっちゃダメだ」という自分への戒めのせいかなと。

「表現者は自己模倣をしたらおしまいだ」という定説があり、それは確かにその通りだと思います。

でも新しい自分を表現したところで、受け手は案外「前の方がよかったなー変わっちゃったなー」と感じていたりします。
音楽では「ファーストアルバムが一番良かったのになー」みたいなのありがちですよね。

ちなみに僕はモノを作るたびにいつも死に物狂いで、自分を振り返って模倣している余裕なんてなかったりして。つまり表現者の土俵にも上がっていないのかも!!

(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月25日

『そろばん玉』


SOROBANDAMA.jpg


たてよこにずらりとひしめき合うそろばん玉。
日本の伝統文様にも「そろばん玉」という絵柄があります。そのままの伝統的な図案もかっこいいのですが、星燈社らしい、やわらかさのある「そろばん玉」をつくってみました。
posted by 星燈社 at 09:00| 星燈社の和柄

2013年05月24日

はしっこ


写真.JPG

全然どうでもいい話なんですが、コーティングチョコのかかったパンのはしっこについてる、余分についたチョコを食べるのが好き。

お店でパンを選ぶときも「どれが一番余分にチョコがついてるかなー」と吟味して買うのに、
レジの店員さんがトングでチョコを削いでしまうことがあります。
あれホントやめてくれと思ってるのはきっと僕だけじゃないはず。でも意地汚いようで言えないんですが。

それと似たような話しで、カブは葉っぱつきで売っているのに、大根の葉っぱは切られているのが普通ですよね。
流通上しょうがないのかもしれないけど、大根の葉っぱおいしいのに、わざわざ切らなくてもいいのになー。セリの根っこのとこも。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月23日

看板



DSC_0511.jpg


星燈社の入り口に掲げてある看板。
業者さんに頼んでつくってもらったのですが、毎朝「いいなーこれ」と思って眺めています。
ちなみに実はこれ、本気を出すと光ります。でも本気を出す機会は今のところほとんどありません。


--------------------

昨日書いた、なぜかタイ風になってしまった山本風マーボ茄子(ヤマーボ)。

そんなヤマーボに、思いつきで豚の生姜焼きのすりおろしりんごタレを入れてみたら、なんとびっくり、めちゃめちゃおいしくなりました。
でもどうやって味付けをしたのか忘れたので、ヤマーボは二度と再現できない幻の逸品に。

ちなみに前述の通り、うちの実家の豚の生姜焼きにはすりおろしりんごを使うんですが、コクが出ておいしいですよ。


(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月22日

シンプル


写真.JPG

そういえば先日、タテタカコのワンマンライブに行ってきました。ピアノひとつだけど弾き語りとも全然違うシンプルな格好良さを満喫してきました。僕もシンプルで格好良いものを作りたくなりました。


-----------------

昨日、マーボ茄子をつくろうと思ったら、家にないじゃん豆板醤(ヒップホップ調に)。
代わりにコチュジャンで大丈夫だろうと思って味付けをしてみたら、なんだか全然違うものに。
色々足して味を直そうと思ったら、最終的になぜかタイ風な食べものに。
世の中どうにもならないことってあるんだなーと痛感した春の日の夜でした。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月21日


どうでもいい話ですが僕は左利きなので、駅の改札をくぐるときやらハサミを使うときなど生活の至るところで「やりにくいなあ」と感じます。
でも逆に言うと、世の中の色んなものが「多くの人に使いやすいようにデザインされている」ということで、それはそれで実はすごいことですよねー。


写真.JPG

ピーマンが1本15円だったので、ガパオを作ってみました。オイスターソースも魚醤M入れたけど、ひと味足りないの気がするのはなぜでしょう。パクチー入れればいいんでしょうか。


(山本)


posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月20日

スティンキー




「ムーミンに出てくるスティンキーが好きだ」と言っていたら



sDSC_0660.jpg

こっさ。の橋本さんからスティンキーのストラップを頂きました。
あくどい顔が最高ですね!どうもありがとうございます。早速キーリングにつけてみました。アラサー男のスティンキーストラップは相当シュール!


------------------------




DSC_0217.jpg

イースタンユースの吉野寿が著書で「自分は誰かのイメージの奴隷じゃない」と書いていて、その通りだなあと思いました。

何かを言ったり・したり・つくったりする度に
「イメージと違う」あるいは「イメージ通り」とかなんとか言われますが、
そんなイメージに従って何かをしても良いモノは出来ません。
好きなように自由につくるモノからこそ「らしさ」が生まれてくるんだと思います。

(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月19日

Machiya5



先日、金沢の「Machiya5」に事務所をかまえている、森さんが星燈社にいらして下さいました。いろいろとお話しして楽しい時間でした。

というわけで、そろそろ金沢に行きたい気持ちが爆発しそうなので、今月末にチラリと行ってこようと思います。楽しみです。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月18日

よだれかけ



DSC_0246-1a08c.jpg


「よだれかけ」の量産に入りました。来月にはできあがる予定です。どうぞ楽しみにお待ち下さいませ。


僕のまわりでも、妊娠やら出産のおめでたい話がちらほら聞こえ始めました。出産祝いには星燈社のよだれかけをあげようかなー(手前味噌)。


---------------------

昨日、ついつい楽しくなってしまい、久しぶりにビールの中ジョッキを7杯に芋焼酎水割りを2杯、計9杯鯨飲するという暴挙に出てしまい、本日は二日酔い。

でも電車を乗り過ごして道端でダンボールを敷いて寝なくなっただけ僕も大人に!!!


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月17日

小古道具店 四歩



sippo.jpg



東京都三鷹市「小古道具店 四歩」さんにて、星燈社の製品のお取り扱いがはじまりました。



sDSC_0658.jpg

実は僕はもともと四歩さんが好きで、星燈社の家具もいくつか四歩さんで買い求めたものです。そんなお店とお取引のご縁を頂けるとは、なんて楽しい仕事なんでしょう。


三鷹は他にも、山田文具店さんまほろば珈琲店など楽しいお店がたくさん。また僕も近いうちに遊びにいこうと思います。


(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月16日

定番



DSC_1060.JPG

よく「商品単位じゃなく、ブランドのファンをつくれ!」とか豪語するコンサルの人がいたりします。
でも、定番の品をしっかりつくることが、ブランドのファンをつくるんじゃないかと思います。

身近な例(おっさんくさい例)を言うと、焼き鳥屋で季節のおすすめメニューを頼むのは、定番の焼鳥がおいしいからだと思うんです。で、それがお店への信頼につながっていくのかと。

星燈社の製品づくりも、そんな定番の焼き鳥づくりみたいなものだと考えています。
さらに欲を言うなら「ふだん焼き鳥食べないけど、ここのは好きなんだよねー」と言われるようになってみたいものです。ああ焼き鳥食べたい。


-----------------

noscript.jpg

ところで、映画「鍵泥棒のメソッド」を観ました。
内田監督の前作「アフタースクール」が傑作だったので期待していましたが、やっぱり良かった!
ただねーファンの人がいらっしゃったら申し訳ないんですが、広末涼子って何やっても見事に同じ演技ですよね。香川照之と堺雅人は最高だったんですが…


(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月15日

検索




ふと、グーグルで「星燈社」と検索してみたら



SITE.jpg



予測ワードで「てぬぐい」「茶筒」「えりまき」などと並んで「採用」「求人」との語句が。なんてこった…

ちなみにこの場を借りて申し上げますが、星燈社では今後ずっとデザイナーの採用はございません。あしからずご了承下さいませ。


-------------------------------


ところで、大抵の場合は、学生から社会人、という明確な切り替えがあると思います。
けれど僕の場合、学生→星燈社はじめる→なんか社会性身につけなきゃ→その場その場でなんとか切り抜ける、の繰り返しでやってきました。
なので学生の皆さんの不安な気持ちや色々が、いまだにものすごくわかります。
そんなわけで就活中の皆様、無理しないでがんばってください。
たぶんきっと案外おそらくもしかしたら社会はそんなに怖くないようなところのような気がします今のところ。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月14日

竹馬



以前、墨田区の法務局で用事を済ませた帰り道、ふと路地を歩いてみたら、素敵な店構えの蕎麦屋を見つけました。
ガラス越しに見る蕎麦打ちの姿もかっこよく、行ってみたいなーと思いつつ早数ヶ月。

sDSC_0633.jpg

やっとこさ手打ち蕎麦「竹馬」さんに行ってきました。


sDSC_0637.jpg

表札もかっこいいですねえ。



sDSC_0636.jpg

お昼の蕎麦は12時半頃に、早々と売り切れ。予約して行って正解でした!
席に着くとおいしい蕎麦茶を出してもらえまして、高まる期待。

sDSC_0647.jpg

そんなわけでこちらが常陸秋そばのせいろ。コシが強くておいしかった!!


sDSC_0648.jpg

天ぷらも揚げ加減も絶妙でした。大粒あさりの天ぷらもおいしかったーー。
今度は夜にも来て、おつまみと一緒にお酒を楽しもうと思います。焼酎と日本酒の品揃えも素晴らしかったです!



(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月13日

角と豆


DSC_0608.JPG


「角がまぐち」と「豆がまぐち」が再入荷しました。豆がまぐちと角がまぐちのどちらが人気かというと、なんだかんだで結構同じぐらい。僕も使っていますが、どっちも便利ですよー。



ショールームにいらっしゃるお客様に「『雪夜』のてぬぐいありますか?」など、
柄名で尋ねられると、「うわー詳しい方がいらっしゃった」と思い、なぜだか恐縮して逃げ出したい気持ちになります。でも僕もいい大人ですから逃げませんけどね!


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月12日

ぐるっとパス


sDSC_0606.jpg

ぐるっとパスを買いました。ぐるっとパスの2000円で、都内の美術館やら動物園やらが無料入場できたり割引入場できるんです。そんなわけで普段行かないような施設に足を運ぶようになるのがポイント。



sDSC_0607.jpg

で、実に5年ぶりにホテルオークラの真横にある大倉集古館に行ってきました。国宝・普賢菩薩像がかっこよかったです。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月11日

焼大福



sDSC_0591.jpg


おいしい焼き大福を頂きました。食べやすいサイズでぺロリでした。どうもありがとうございます!


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2013年05月10日

ひとり暮らしを



sDSC_0593.jpg

主婦と生活社「ひとり暮らしをとことん楽しむ!」5月7日号に


sDSC_0594.jpg


星燈社の茶筒を掲載して頂きました。母の日ギフトのページです。どうもありがとうございます。
ちなみに今年の母の日は5月12日。どうぞ皆様お忘れなく!!!


蛇足ですが、見本誌発送の案内状に


sDSC_0596.jpg

「編集部渾身の一冊」との記載が。これかっこいいですね。星燈社もカタログ発送の案内状に「渾身の逸品ができました」ってやってみましょうか…!


(山本)


posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月09日

スタンプ



DSC_0360.JPG

今月の請求書スタンプは



DSC_0359.JPG

「鯉のぼり」です。

「製品にしよう!」と気合を入れて描くよりも、こういう気合を入れずに描いたものの方がかわいかったりするのが泣けてきます。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月08日

不戦



星燈社の図案は「ねぎぼうず」「日照り子」など、他の作り手が選ばないモチーフにしています。

なぜかといえば、他の作り手と競合したくないからです。同じモチーフを選んでしまうと、どうしても意識してしまいますので。あと何よりケンカが弱いので!



(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月07日

江戸東京たてもの園


sDSC_0192.jpg

小金井公園の中にある、江戸東京たてもの園に行ってきました。



sDSC_0168.jpg

こちらは建築家の前川國男の住宅兼アトリエ。



sDSC_0173.jpg

日本的でありながらモダン。天井も高くて気持ち良かったです。


あと、誰の家だか忘れましたが、さる豪邸のキッチンが


sDSC_0177.jpg

美味しんぼの山岡さん(ひとり暮らしのとき)のキッチンみたいでした。ホントにあるんだ山岡キッチン!


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月06日

月島



DSC_0199.JPG

月島こっさ。さんに伺いました。


DSC_0198.JPG

もうすぐ母の日ですね!カーネーション柄のてぬぐいというのも粋ですねー。


DSC_0197.JPG

星燈社からは「ひとふみ」や「一筆箋」などの新作紙製品も並べて頂いております。

sDSC_0194.jpg

それから、星燈社の茶筒もズラリと。気がついたらこんなにたくさん!どうもありがとうございます。


sDSC_0196.jpg

ちなみにこの日(4日)は、星燈社の品物がよく売れたそうです。お買い上げ下さったお客様、どうもありがとうございます!


-----------------------

最近、とうとうテレビデオから地デジ対応のテレビに替えました。
いやー薄くて軽いですね最近のテレビ。テレビデオと比べてみたら、厚さが26分の1になりました。


(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月05日

京都高島屋



ARTCUBE SHOPさんのご好意で、2013年5月9日〜20日の期間で開催される、京都・高島屋『美の競演 京都画壇と神坂雪佳〜100年の時を超えて〜 京都市美術館・細見美術館コレクションより』でも、引き続き星燈社の製品をお求め頂ける運びになりました。

しかもその間、京都高島屋のショーウィンドウには星燈社の製品が並べていただけることに。どうもありがとうございます。


IMG_4013.JPG

そんなわけで、ショーウィンドウの写真を頂きました。


IMG_3983.JPG

ホントにあるのかなー




IMG_3987.JPG

ありました!!!


IMG_4007.JPG

早速足を止めてご覧下さる方もいらっしゃったようです。どうもありがとうございます。


星燈社を抜きにしても、日本のモノや和柄に興味のある方は、この展覧会は見に行く価値があると思いますよー!


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月04日

大田市場その2



sDSC_0695.jpg

市場見学はもとより、大田市場に足を運んだ何よりも目的は



sDSC_0731.jpg

市場食堂「大松」の名物


sDSC_0735.jpg

江戸前あなご天丼!
かれこれ2年ほど食べたいと思いつつ叶わなかったのですが、やっとこさお目にかかれました。


sDSC_0737.jpg

そんなわけでこんな立派なあなご天丼が出てきました。骨せんべいもおいしかったー。
市場見学も自由にできるし、大田市場、とってもおすすめです。ただGW中は営業していないのでご注意を!


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2013年05月03日

大田市場



sDSC_0725.jpg

品川駅からバスで30分。日本一の青果市場と言われる、大田市場に行ってきました。魚介類も新鮮な江戸前の品を扱っているそうです。


sDSC_0695.jpg

どーんと広々とした空間。見学者コースもあり、市場を一望できるルートで、場内をぐるりと歩き回れます。


sDSC_0716.jpg

土曜日ですが、市場は賑わっていました。それにしても、市場は全然においもせず清潔そのもの。さすが日本。


sDSC_0683.jpg

それはそうと、市場のお兄さんが乗っていた不思議な乗り物がかわいかったです。乗ってみたい!!!


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2013年05月02日

さりげなく新作



sDSC_0833.jpg

さりげなく、えりまきに新柄が登場しました。


sDSC_0831.jpg

「雪柳」


sDSC_0819.jpg

「日照り子」



sDSC_0824.jpg

「宵待草-あかね色」



これからの季節に丁度良い色柄かなーと思います。ちょっとした汗とりにもおすすめです。


----------------------------

映画「きいろいゾウ」で、宮崎あおいが星燈社のレターセットを使っている場面があるという噂を耳にして驚き。
でも、未見なので僕の中ではただの都市伝説!!
映画の公開も見逃したし、DVDになったら確認してみようかなーと思います。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年05月01日

鎌倉



sDSC_0795.jpg

鎌倉の「草花屋 苔丸」に行ってきました。センスの良さは関東随一だと思います。かっこよかった!



あと、鎌倉の蕎麦屋「峰本」



sDSC_0770.jpg

手練りごまどうふ



sDSC_0784.jpg

地サザエの肝味噌焼き、ときたらもちろん


sDSC_0782.jpg

冷酒を頂きました。肝味噌焼きとの相性ばつぐんです。冷酒も徳利で供してくれるところも洒落ております。
鎌倉にしては珍しくそれなりに夜遅くまでやっているし、お値段もお手頃なのでオススメ!


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙