W.jpg

2013年06月30日

すみだ水族館



sDSC_0218.jpg

スカイツリーのすぐそばに出来た、すみだ水族館に行ってきました。


まあ大して変わった生き物はいないだろうと思っていたら

sDSC_0231.jpg

ものすごいクラゲがいました。ハリウッド映画に出てきそう。



sDSC_0269.jpg

あと、恐竜の片鱗を感じられまくりのカメもいました。首長い!




sDSC_0276.jpg

そして顔こわい!!!



sDSC_0243.jpg

そんな中、ウミガメの子どものかわいさが引き立ちました。あとペンギンも怒涛のかわいさでした。いい水族館でした。



(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2013年06月29日

スカイツリー



sDSC_0214.jpg


なんだかんだで、はじめて東京スカイツリーと東京ソラマチに行きました。
すごいらしい、という話は聞いていましたが、予想よりはるかに楽しかったです。
よく考えたらひと駅で行けるし、これからけっこう行っちゃいそう。
ちなみに京都の辻利が出店していまして、抹茶ソフトがものすごくおいしかったです。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年06月28日

sippo cafe



三鷹の『小古道具店 四歩 sippo cafe』さんにて、お昼ご飯を食べてきました。


sippo1.JPG

揚げたてアジフライと、小鉢いろいろ。十五穀米もうれしいですねー。
小中学校で「1日30品目食べるのが良い」と教わりましたが、十五穀米を食べると半分クリアできるんでしょうか。そういう意味ではないんでしょうか。

+100円でついてくるドリンクとミニデザートも最高でした。リピ決定!(食べログ風)



ちなみに、ちょっと目を上げると


sippo2.JPG

カウンターに、茶筒(小)「日照り子」が置いてありました。どうもありがとうございます。



(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年06月27日

影絵、そろばん、雪中花



星燈社の新作てぬぐいのサンプルが染め上がりました。



sTS-026.jpg

「雪中花」


TS-026-2.JPG

紺碧色(こんぺきいろ)で染めました。晴天の空のような色です。



sTS-028.jpg

「影絵」


sTS-028-2.jpg

童話の世界のような雰囲気になりました。



sTS-027-1.jpg

「そろばん玉」


sTS-027-2.jpg


星燈社の図案の多くはやわらかい雰囲気ですが、
「そろばん玉」は、凛とした雰囲気を意識しました。


すべて7月初旬には入荷してくる予定です。どうぞ楽しみにお待ち下さいませ。



(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年06月26日

あまつぶ

amatsubu.jpg

ここ数日、関東も急に梅雨らしい天気になってきました。

というわけで、今日は「あまつぶ」のてぬぐいを染めている工程をご紹介します。実は昨日こっさ。の橋本さんと一緒に染め工場を見学してきたのです。


sDSC_0123.jpg

こちらは工場の様子。
手前に置いてあるのは「あまつぶ」の染め型です。


sDSC_0115.jpg

アップで見るとこんな感じ。
このような細い線の「ゆらぎ」まで表現できるところが手捺染の特徴です。



sDSC_0142.jpg

1色目の「露草色」を染めていきます。


sDSC_0143.jpg

これはこれで、シンプルでかわいいですねー。


sDSC_0132.jpg

2色目の「新橋色」を染めていくと


sDSC_0134.jpg

「あまつぶ」になりました。


てぬぐいの両端の「耳」をよく見ると、端っこが少しはみ出て染まっているのがわかるかと思います。

これは、端っこまで柄を綺麗に染めるために、てぬぐいの幅よりも少し大きな染め型を作っているからです。

ちなみに染め屋の社長に、
「端までかからないデザインならもっと楽なんだけどなーワハハ」
と言われましたが、

「端までかかるデザインだからかわいいんですよーハハハ」
と返答してみました。


sDSC_0137.jpg

さて、これを天井に吊るすと



sDSC_0152.jpg

こんな感じ。
あれ?他の反物も見たことあるなーと思った方は大正解!
「花飾り」「雪柳」「花こぎん-藤色」です。


sDSC_0085.jpg

やっぱり染めているところを見ると愛着が沸きますねー。とっても楽しかったです。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2013年06月25日

朝顔


asagao.jpg


日本の夏の花と言えば、朝顔。
朝顔とすだれで、夏の朝のからっとした涼しさを表現しました。
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2013年06月24日

現代美術館





DSC_0015.JPG


東京都現代美術館に行ってきました。
現代美術を見ていると、世の中への違和感をいろんな形で表現していて、よくそこまで考えるよなーーと感心します。

経済活動と現代美術は、正反対のところにあるように見えます。
でも「世の中に対する違和感を出発点にして、それを解決するために表現する」って意味では、現代美術と企業活動って案外近いところにあるのかもしれませんね。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2013年06月23日

ジージョちゃん



秋田犬のジージョちゃんが星燈社の前を通りました。



sDSC_0036.jpg


久しぶりに会ったジージョちゃんに思いっきりアピールされました。


sDSC_0039.jpg


………


sDSC_0040.jpg

ニコリ



ちなみにジージョちゃんは秋田犬らしく、なかなか立派な大きさなのですが


sDSC_0044.jpg

ご飯をあげるときも



sDSC_0045.jpg


迫力満点です。




sDSC_0042.jpg

ジージョちゃんくれぐれも夏バテに気をつけて!!!



(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2013年06月22日

おとなの味



sDSC_0033.jpg

ゴーヤが安く売っていたのでゴーヤチャンプルーをつくりました。ゴーヤはあの独特の苦みがたまらなくおいしいですよねー。子どもには人気のない味かもしれませんが。



sDSC_0271.jpg

そういえば、今月の「星燈社だより」では、「大人になって知ったおいしさ」をスタッフがそれぞれ紹介しています。ちなみに僕は「ふきのとう」です。



(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年06月21日

たたききゅうり



sDSC_0706.jpg


先日買い求めた茅乃舎の和風だし塩で、たたききゅうりをつくってみたところ美味しくてここ数日はまっています。

キュウリを切ったあとビニール袋に入れ、麺棒で叩いたあと、だし塩と酢とごま油を入れるだけなので5分で作れます。すり胡麻入れてもおいしいかも。


そういえば昨年だったか、兄と父と話しているとき

「長ネギって放っておくと伸びてくるよね」

「伸びてきたところを食べれば永久に食べられるんじゃないの」

「いやでも伸びてきたところ食ってもうまくねーべ」

「じゃあだめだね」

という、実に不毛な会話をしました。そして「ネギ永久法」は幻に。
長ネギ3本298円のときでも平気で買えるような人間になってみたいもんです(ネギの大人買い)。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年06月20日

オークビレッジ



sDSC_0693.jpg

岐阜県高山市に本社のあるオークビレッジから、注文していた荷物が届きました。



sDSC_0696.jpg

ステップアップボックスです。段々になっているので…




sDSC_0695.jpg

「星燈社だより」を立てるのにぴったり。
ナラ材ならではの味わいが出てくるのも楽しみです。



sDSC_0702.jpg


あと、そんなわけで星燈社だより2013年6月号が出来上がりました。
今月の表紙は「影絵」です。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年06月19日

落花生バター



sDSC_0365.jpg


千葉県の特産品を販売しているお店で、落花生バターを買ってみました。
落花生の味がしっかり感じられて、僕の中でピーナツバター革命でした。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年06月18日

こどもえりまき



sDSC_0684.jpg

「こどもえりまき」が、少しだけ出来上がってきました。
こちらは早速すべて、新潟のWONNDER3さんにお嫁入りです。


sDSC_1647.jpg

ループ紐がついているので


sDSC_1650.jpg

子どもの首がしまってしまわないようになっていますよー。


sDSC_0683.jpg

ラインナップはいろいろ。
写真で見るより実際に見ると、とってもかわいいんですよこれがーー。
いち早くご覧になりたい方がいらっしゃいましたら、新潟にゴー!!


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年06月17日

日光



sDSC_0252.jpg

生まれてはじめて、栃木の日光に行ってきました。
江戸時代に植えられたであろう木々が茂っていて、秘境感たっぷりです。


sDSC_0256.jpg

マイナスイオンが3万ぐらい出てました(たぶん)。


sDSC_0258.jpg

有名な見ざる・言わざる・聞かざるも見物。やっぱり大人気でした!!


sDSC_0248.jpg

それから、日光の社寺から車で30分のところにある日光珈琲・饗茶庵も素敵なところでした。水出しコーヒーがとってもおいしかったです。海外もいいけど、日本もおもしろいところがたくさんありますねー。


(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年06月16日

ずんだツアー



sDSC_0231.jpg


東北自動車道のサービスエリア「Pasar 羽生」に立ち寄りました。目的は何を隠そう



sDSC_0233.jpg

ずんだ茶寮カフェです。
ずんだクリーム大福、ずんだ餅はもちろんのこと、ずんだプリンやずんだシェイク、それから関東では唯一の


sDSC_0235.jpg

ずんだ白玉パフェが売っています。380円!
ずんだもさることながら、ソフトクリームも相当おいしかったです。みちのくへの旅の途中には是非おすすめです。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年06月15日

手捺染




tenugui-top.jpg


「注染てぬぐいはやわらかくて、手捺染のてぬぐいは肌触りが固い」と思われている方がいらっしゃいますが、決してそんなことはありません。

「手捺染は固い」と思われている方は、おそらく顔料でつくったてぬぐいのことを言っているのかと思います。
確かに、生地の上に顔料をのっけているので、水が染み込みにくいとも言えます。ただ、白場が多いてぬぐいの場合、それでもけっこう手触りも良かったりします。


一方、反応染料で染めた場合、生地の質感も損ねず水の浸透具合もグッドです。
そもそもハンカチのほとんどは染料手捺染で染めていますしねー。

それからもうひとつ、てぬぐいのやわらかさは、生地の選び方にも依存します。
固くてさらっとした生地を好むメーカーもあれば、やわらかい生地を好むメーカーもあります。同様にお客様の好みもそれぞれです。ちなみに僕はやわらかい生地が好き。


ともあれ、てぬぐいの染め方も大事ですが、何より大切なことは、今まで見たことのないような可愛い図案の品物をつくり、てぬぐいを日本人にとって、より身近な存在にしていくことだと思っています。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2013年06月14日

茂木びわ



DSC_0676.JPG

長崎の色葉さんより、長崎の名産・茂木びわを頂きました。1個食べてみたら、みずみずしいのなんので最高です。どうもありがとうございます。


ちなみに色葉さんで来月からはじまる、夏のてぬぐい展にて、星燈社のてぬぐいも並ぶ予定です。お近くの方は、どうぞ楽しみにお待ち下さいませ。


(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年06月13日

窓ギャラリー


sDSC_0224.jpg

今月の星燈社の窓ギャラリーには、星燈社だよりを並べています。



sDSC_0225.jpg

義務じゃないことほどやる気が出るもので、星燈社だよりも1周年となりました。これからもどうでもいいことを書きなぐろうと思います。



(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年06月12日

小湊鐵道



sDSC_0215.jpg

小湊鐵道を見に、房総半島まで行ってきました。


sDSC_0197.jpg



車庫で出番を待つ小湊さん。赤い車体がかわいいですねー。



sDSC_0203.jpg

五井駅の小湊鐵道事務所の横には、SLが展示してありました。こんなかっこいいのが普通に走っていた時代があるなんて!


sDSC_0188.jpg

SLの横では紫陽花が咲き乱れていました。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2013年06月11日

神坂雪佳と京都画壇


sDSC_0220.jpg


日本橋高島屋で開催されておりました「京都画壇と神坂雪佳」展を見に行ってきました。



takashimaya.JPG

実は日本橋高島屋に行ったのははじめてでした。古き良き百貨店の見本のようなところなんですねー。雰囲気がありました。百貨店で買い物をしたい、という方の気持ちがわかりました。

ちなみに「京都画壇と神坂雪佳」展、期待以上に素晴らしい展示でした。本物を直に見るというのは大事なことですね。



takashimaya2.JPG

そしてせっかくなので、高島屋の屋上ではじまっていたビアホールに寄りました。実は百貨店の屋上にあるビアホールに行くのも生まれてはじめてでした。なんだか大人になった気分でした。


(山本)

posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2013年06月10日

日本を贈る



sDSC_0002.jpg


結婚式の引き出物に、星燈社の茶筒をお求め頂きました。どうもありがとうございます。


茶筒のセットに結切の熨斗紙。
両方ともずっと昔からある品物なのですが「新鮮で、他では見ない引き出物」として、贈答にお求め頂く。これこそまさに僕がやりたかったことです。ご用命頂きありがとうございました。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2013年06月09日

商売


先日、長崎の諫早から、オレンジスパイス・色葉さんがいらして下さいました。なんと今年で20周年!おめでとうございます!

いろいろお話していた際に「星燈社さんはやりたいことをやりながら、きちんと商売している感じがします」と言って頂けて、とても嬉しかったです。

そういえばはじめた当初は「商売」という言葉に少し違和感がありましたが、いつのまにやら全然なくなりました。
「商売は危険なもの」という印象がありますが、一見商売していないように見える世の中の色んなものも、実は商売なんだってことに気がつきました。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2013年06月08日

影絵、そろばん、雪中花



sDSC_0026.jpg


まずは『影絵』



sDSC_0022.jpg

『そろばん玉』



DSC_0028.JPG

そして涼しげな『雪中花(せっちゅうか)』。紺碧色(こんぺきいろ)です。


こうして製品化が近づくと、やっぱりものすごく楽しいもんですねー。


(山本)

posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2013年06月07日

なんばん往来



sDSC_0019.jpg

福岡みやげに、「なんばん往来」というお菓子を頂きました。絶品でした。どうもありがとうございます。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年06月06日

Machiya5


sDSC_1447.jpg

金沢の「Machiya5」に遊びに行ってきました。
リノベーションした金沢町家に、オフィス&店舗が4軒入居しております。
ちなみに喫茶スペースは現在も募集中とのことです。


sDSC_1452.jpg

こちらがエントランス。奥に長く続いております。「うなぎの寝床」ってやつですね。


sDSC_1328.jpg

こちらは、1階の雑貨店「.en」さん。
スタイリッシュな雑貨が並んでいて、町家との対比がかっこよかったです。


sDSC_1333.jpg

そしてこちら、2階の森さんのオフィス。
床材は星燈社と同じく、「ユカハリ・タイル」。弊社はヒノキですが、森さんのところはスギ材でした。スギの風合いもグッドでした。


東京じゃあこんな建物と雰囲気の中で仕事するのは、ほぼ不可能。
いつの日か支社をつくるなら金沢だなーいい町家ないかなーと妄想を広げて帰ってきました。妄想するだけならタダですもんね。


(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年06月05日

男の子にも




星燈社の「よだれかけ」サンプルが出来上がってきました。


sDSC_1604.jpg

こちらは「花筏(はないかだ)」。



sDSC_1633.jpg


こちらは「ねぎぼうず」。これ、かなりかわいいです。男の子によく似合いそう!

男の子のスタイというと、大抵ロボットか車の絵柄。
かと言って動物の絵柄も甘すぎるなーと感じます。同じように思っておられる方にオススメです。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年06月04日

いつか来た道



sDSC_1463.jpg

六花亭の新作お菓子「いつか来た道」を頂いて食べました。サクサクパイの中にマルメロペーストが入っていて、すごく美味しいです。またもや傑作が登場ですねー。


ちなみに、人にこのお菓子を紹介するときに、何を思ったのか

「マルメコのペーストが入ってるんですよーマルメコ」

と説明して恥ずかしい思いをしました。でもマリメッコみたいでかわいいですねマルメコ。


(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年06月03日

こどもえりまき

sDSC_1641.jpg

「こどもえりまき」のサンプルが出来上がりました。
「えりまき」の半分の長さです。


DSC_1646.JPG

紙の帯はこんな感じにしようと思ってます。

sDSC_1645.jpg

親子で並べるとこんな感じ。
なんで小さくするだけでかわいく見えるんでしょうかねえ…



sDSC_1647.jpg

ちなみに「こどもえりまき」には、ループ紐がついています。

sDSC_1650.jpg

ループ紐を通せば、ちっちゃい子が首に巻くときにも、首がしまったりせず安心です。
大人が巻いてもけっこうかわいいかもしれません。

(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年06月02日

金沢B



金沢の隣町にある、星燈社の布製品を縫製して下さっている工場へ行ってきました。


sDSC_1424.jpg

こちらは「よだれかけ」の型紙とサンプル。


sDSC_1430.jpg

巾着などに使う、ヒモのバリエーションもこんなにありました。すごいもんですねー。


(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年06月01日

お知らせ2つ



お知らせが遅くなりましたが、お客様のご要望にお応えしまして、弊社オンラインショップにて佐川急便の代金引換発送がはじまりました。


pct_index03.jpg

商品到着時、現金のほか上記のクレジットカードでのお支払いも可能です。よろしければどうぞご利用下さいませ。




sDSC_1462.jpg

それから、星燈社だより4&5月号が出来上がりました。表紙は「そろばん玉」。
大変お待たせしてしまいましたが、会心の出来。
小売店様にも順次発送致しますのでどうぞお待ち下さいませ。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙