W.jpg

2013年10月31日

おもてうら2



星燈社のぽち袋にはオモテだけではなくウラにも絵柄が入っています。そんなわけで昨日に引き続きご紹介致します。



DSC_0084.JPG

『絵馬』のウラには




DSC_0082.JPG

何も書いていない絵馬の絵柄が。来年の抱負を書くも良し、どうぞご自由にお使い下さい。



DSC_0072.JPG


『富士見午』のウラには



DSC_0073.JPG


いろんな凧の絵柄が。男性にも好まれそう。ていうか僕はこれ好きです。



--------------------------------------------

【前回までのあらすじ】
(適当に褒めたはいいものの、僕が謙遜したところ無言になってしまった美容師。果たして次はどんな話題を振ってくるか…!?)


美容師「ところで、夏用シャンプーって興味あります〜?今キャンペーンで安いんすよ〜」


僕「あ、いや普通のがいいですかねー」


美容師「あ……マジっすか……」


僕「……」


美容師「………」


口下手でしたが、なんかにくめない美容師さんでした。


(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月30日

おもてうら



表裏のある性格はいけませんが、
星燈社のぽち袋にはオモテだけではなくウラにも絵柄が入っています。



DSC_0070.JPG

『雪原に馬』のウラは


DSC_0071.JPG

馬がニンジンを食べてしまっています。


DSC_0076.JPG


『馬張子』のウラは



DSC_0078.JPG


贈る相手と自分の名前を書けるような絵柄。



DSC_0079.JPG

シンプルな『竹と馬』は



DSC_0080.JPG

ウラもシンプルにしてみました。




-------------------------------


オモテウラといえば、先日オモテウラがなさすぎて機転が利かない美容師さんに会いました。


美容師「お客さん、人望ありそうっすよね〜〜〜」


僕「いや全然そんなことないですよー」


美容師「あ……マジっすか……」


僕「……」


美容師「………」


【適当に褒めたはいいものの、僕が謙遜したところ無言になってしまった美容師。果たして次はどんな話題を振ってくるのか…!?明日に続く】


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月29日

移動・星燈社展



この11月で20周年を迎えられるオレンジスパイスさん(1階の色葉さんは18周年)にて、『移動・星燈社展』を催して頂くことになりました。


読んで字のごとく、星燈社の製品が余すことなくズラリ、色葉さんに並びます!という展示会です。東京でもなかなか見られない品揃えになっていますよー。



色葉さん.JPG


こちらは製品のポップ。まさにズラリです。

ちなみに、20周年記念のオリジナル商品も製作させて頂きました。後日改めてご紹介しますね。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月28日

ばらばら



barabara.jpg



平野太呂・
星野源のCD付書籍『ばらばら』を買いました。

ファーストアルバム「ばかのうた」の前に出たCDなんですが、すごーく良くて毎日聴いています。初期のサケロックの曲「選手」も歌っていたりして。むしろそれが聴きたくて買いました。

そういえば星野源は、サケロックで演奏しているインスト曲にも全て、歌詞をつけているという記事をどこかで読んだ気がします。
これ、事実だったらものすごい才能でありそしてものすごいひねくれ方ですねー。


(山本)


posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月27日

家族の風景







先日、実家で昔のアルバムを見ていたところ、
家族で動物園に行ったときの記念写真を見つけました。




一見ふつうの家族写真だったのですが、


よく見たら父がうつっているはずの位置に立っていたのは









ゴリラ.JPG


ゴリラでした。



遠近感が丁度良くて、ホントにパパみたいな雰囲気。家長らしい威厳がありますね。




ちなみによく見ると

E382B4E383AAE383A9.JPG

兄の表情もゴリラ寄り(パパ似)でした。





この写真を友人に見せたところ


「柵がなくなったら完璧にゴリラも家族だね!」


と言われたので





ゴリラ - コピー.JPG


柵を消してみました。父さんおかえり!!!!!



(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月26日

4年



10月26日で星燈社をはじめてから4年が経ちました。
小売店様、お客様、製造工場さん達にお世話になり、それから星燈社のスタッフや家族に支えられているうちに4年が経ちました。
四方八方に足を向けて寝られないので、今日は立って寝ようと思います。キリンみたいな感じです。


それはそうと、今日電車に乗っていて、ふと目の前で文庫本を読んでいる方を見たら
「花飾り」の書くるみを使っていてびっくりしました。こういうのはじめて。
そんなわけで、たかが4年ですが節目の日に嬉しいことがあって、いい日になりました。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月25日

TEEHAUS Winterthur



スイスにあります、1994年創業・TEEHAUS WINTERTHURさんにて弊社の茶筒を取り扱って頂いております。
お聞きした話によると、スイスでは「お茶は冬に飲むもの」というイメージがあるそうです。
日本人にとっての「ゆず茶」みたいなものでしょうか。


厳重に梱包したところ、破損なく到着したとのことです。
「さすが日本」との評価を頂けたそうで、わずかでも日本のイメージアップになって嬉しいです。


(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月24日

読書の秋




気がつけばもう11月。読書の秋ですね。


tsb-001.JPG

だからというわけじゃないんですが、最近は通勤時の電車で小説を読んでいます。
ブックカバーは『書くるみ-雪夜』。


mb.JPG

ちなみに中身は伊坂幸太郎の新刊。無難ですいません。

しかしさすが人気作家、読んでいるうちに引きこまれていて、気がついたら最寄り駅に着いています。
最近引っ越して職場が遠くなったんですが、本を読む時間をつくれるようになったのはよかったなーと思います。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月23日

イカ



イカ.JPG

イカと舞茸を、焦がしバター醤油で味付けしてパスタをつくりました。

僕の父が、函館を代表するイカ釣り漁師さんから沢山頂いたのをおすそ分けしてもらいました。
なんでも地元の新聞によく出ているほどの名人だそうで、やわらかくておいしいイカでした。イカ革命ですね。



イカといえば、函館には珍祭「函館名物イカ踊り」がありまして。

主要道路を通行止めにして、3万人(推定)がイカ踊りをして町中を練り歩きます。






こんな踊りです。よろしければ皆様どうぞ練習なさってください。






主要道路を通行止めにして、3万人(推定)がイカ踊りをして町中を練り歩いている様子はこちら。12秒が経過したところで、具志堅用高みたいな人が楽しそうに踊ってますね。

このようにどこからどう見ても全然格式がないのが、北海道らしい祭りなんだと思います。


ところで

『イカ踊り誕生は1981年、毎年8月に開催される函館最大のお祭り「はこだて港まつり」を、もっと自分達の楽しめるお祭りにしよう!と函館市内の飲食店に集った仲間達の酒飲み話がきっかけ』

となっていますが、絶対これ酒の席での悪乗りだったと思うんですよね。



(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月22日

函館A



函館の居酒屋でおいしいウニを食べました。なんでも、店主の親族がウニ漁師なのだとか。


HAKODATE5.JPG

茄子のウニあんかけ。京料理だそうです。
でもきっと本場よりダイナミックな仕様になっている気がします。


HAKODATE6.JPG

ウニとアワビの黄金焼きに



HAKODATE7.JPG

生うに。とってもおいしかった!!!




dt.jpg


ところで、函館といえば、今年の12月に代官山蔦屋書店の第二号店ができるそうです。
本屋不作の地・函館にこういうお店ができるのは嬉しいです。

HAKODATE8.jpg

でも、函館蔦屋書店のコンセプトなどを記した本のタイトルが「文化の樹を植える」なのは、ちょっと上から目線過ぎるような気もします。函館だって文化ありますからね。
とは言え開国も早かったし、外からの文化を受け入れるのが函館らしさなのかも。

何にせよ、函館に可能性を感じてくれたからこその「函館蔦屋書店」なのでしょうし、オープンが楽しみ!



(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月21日

函館



HAKODATE1.JPG


所用で函館に帰っておりました。


HAKODATE2.JPG

夕暮れの函館山と大森浜。きれいなんです。



観光エリアから随分はずれた地元民御用達の居酒屋へ、両親に連れていってもらいました。



HAKODATE3.JPG

こちらはウニの塩辛と吟醸酒。ウニがおいしいとは聞いていましたが、びっくりするぐらいおいしかったです。


(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月20日

切り落とし



kかつお.JPG


いつもはあまり行かないスーパーに寄ったところ
「カツオのたたきの切り落とし」が98円の3割引つまり69円で売っていました。
ネギ納豆ごま生姜それから醤油とみりんで和えたらなんか一品料理っぽくなりました。



(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2013年10月19日

紫式部



紫.JPG


冬さんごの横に、紫式部の実もありました。
誰が名付けたのか知りませんが、良い名前ですねー。



(山本)

posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2013年10月18日

冬さんご



冬さんご.JPG


道ばたに「冬さんご」の実がありました。はまなすの実みたいでかわいいですね。
次につくる図案には、冬さんごの柄を入れています。



------------------------------


高校生の頃のこと。

冬に風邪を引いて、授業中に思わず大きなくしゃみをしてしまったら、

前の席に座っていた田名部くんが、すっと後ろを振り返り


「そんなことして目立とうと思っても、無駄だよ?」


と僕に忠告をくれました。

あれは一体なんだったんでしょうか。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月17日

秋刀魚2



sanma2.JPG


まさかの2日連続サンマの話ですが、
出来上がった秋刀魚の蒲焼は小鹿田焼の器に盛ってみたらおいしそうになりました。生姜もよく合いました。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2013年10月16日

秋刀魚


sanma.JPG


秋刀魚の蒲焼を食べました。秋刀魚もよく太ってておいしかったです。

そういえば大学生の頃、なぜか魚を三枚おろしにするのに凝っていて、
挙句には「押し寿司型」まで買って、炙りサンマの押し寿司なんかをつくっていたのを思い出しました。今思えばもうちょっと大学生らしい遊びしておけばよかった!でも三枚おろしができるのは便利だからいいんですけどね。




(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月15日

洞爺湖温泉



先日、北海道の洞爺湖温泉に宿泊しました。

お取引のあるHOLIDAY MARKET TOYAさんには、帰省の度に伺うのですが、洞爺湖温泉に宿泊するのは、小学生のとき以来でした。


僕が宿泊したのは洞爺湖畔亭
オフシーズンだからか1泊2食つき6,000円。値段も割安なこともあり、そんなに期待しないで行ったら


toya1.JPG


洞爺湖を臨める、とってもいい宿でした。最上階にある温泉も最高。札幌→函館のあたりで北海道旅行をされる方にオススメ。
ただ、朝ごはんだけは寝坊して食べられなかったのでノーコメント!!



(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月14日

キンモクセイ



DSC_0612.jpg

街路樹のキンモクセイがいっせいに咲き始めました。

今年は残暑が長いけど、キンモクセイの香りがしてくると秋だなーと感じますね。



(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月13日

のれん


image.jpeg


星燈社本店の、のれんが出来上がりました。シンプルでかわいい仕上がりです。





(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月12日

ベルグ



belg.JPG



軽くお昼ごはんを食べたいけど、なんだか適当なものは食べたくなかったので、新宿のベルグに行ってきました。

新宿駅構内でちゃんと人の手がかかったものを食べれるって素晴らしいですねー。
立ち退き勧告問題など大変だそうですが、足繁く通って応援しなくちゃ!


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月11日

クロワッサン



DSC_0618.JPG


10月10日発売のクロワッサンに、星燈社の製品を掲載頂きました。



DSC_0622.jpg

巻末の「クロワッサンの店」のページに


DSC_0619.jpg


星燈社の「すること帖」が3種類ズラリ並んでおります。
年末年始の忙しい時期に最適ですよー。



DSC_0621.jpg


全国のクロワッサンの店でお買い求め頂けます。


ちなみに今回号のネコ特集、かなり充実の内容です。


DSC_0624.jpg

驚くべきかわいさの子猫の写真もありました。ネコ好きはマストバイですねこれ。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月10日

カレンダー秋冬



calender2.jpg


昨日ご紹介した星燈社の月めくりカレンダー。九月から十二月までの絵柄のご紹介です。



sDSC_0023.jpg

九月『のうぜんかずら』



sDSC_0022.jpg


十月『押し花』



sDSC_0020.jpg

十一月『影絵』


sDSC_0018.jpg

十二月『雪夜』





DSC_0609-c853d.JPG



ちなみに、日付部分には色々書き込みができるように、余白を多く取っています。絵柄はかわいいけど書き込みするスペースのないカレンダーって意外に多いんですよね。
あと「七草粥」など、基本的な日本の行事も書いてあります。

このカレンダー、手前味噌だけど僕も自宅で使おうと思います。早く来年にならないかな!!



(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月09日

カレンダー春夏

calender2.jpg


昨日ご紹介した星燈社の月めくりカレンダー。五月から八月までの絵柄のご紹介です。




sDSC_0029.jpg


五月『はまなす』


sDSC_0027.jpg

六月『あまつぶ』



sDSC_0028.jpg

七月『朝顔』


sDSC_0024.jpg

八月『ねぎぼうず』




季節感のある、涼しげな雰囲気になったかなあと思います。



カレンダーの印刷が仕上がってきて、なんだか嬉しくなって
「うわーなんかメーカーみたい!」と言ったところ「メーカーですよ山本さん」と従業員にたしなめられました。メーカーでした。



(山本)




posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月08日

カレンダー冬春



scalender2.jpg


今年からの新製品、2014年度・カレンダーが出来上がりました。

星燈社の四季折々の和柄が、月めくりで楽しめます。


------------------------------------

税込価格 1,575円
( 本体1,500円 )

【随時出荷可能】
※予定枚数終了後、再生産はございません。

●寸法 約200mm×297mm
●13枚綴り
●ミシン目入り
●日本製

------------------------------------




sDSC_0041.jpg

一月『雪中花』




sDSC_0039.jpg


二月『さらさ』




sDSC_0038.jpg


三月『こでまり』




sDSC_0034.jpg


四月『花筏(はないかだ)』








DSC_0060.JPG


カレンダーは、ツインリング製本をしてあります。かっこよく仕上がりました。

僕はがまぐちだったり茶筒だったり、こういうちょっと工業的なにおいがするモノが好きです。



sDSC_0062.jpg


カレンダーには、ミシン目をつけてみました。ですので、


カレンダー12.jpg

ミシン目に沿って切り取ると、次月も同じ絵柄が楽しめます。





カレンダー12 - コピー.jpg


また、一年間使い終わったあとは、カレンダー部分を切り取ると、図案集として楽しめる仕様になっています。

小売店様には順次ご案内致します。どうぞ今しばらくお待ち下さい。
また、オンラインショップでもお買い求め頂けます。


気がついたらもうすぐ年末。でも東京は10月だというのにまだまだ残暑厳しく実感ゼロです。


(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月07日

カボチャ


02.jpg

星野源のニューシングル「地獄でなぜ悪い」を買いました。
前回のアルバムが、個人的にはいまいちかなーと思ってたんですが、このシングルは根暗で良いです。


sDSC_0510.jpg


それはそうと、実家からカボチャが届きました。
一番小さいのをくれたそうですが、けっこうでかいです。



sDSC_0512-e73c8.jpg

星野源のシングルと比べてみるとこんな感じ。



sDSC_0514.jpg


潮騒のメモリーと比べるとこんな感じ。あまちゃんの挿入歌です。夕飯を食べながら聴くと、結構シュールな雰囲気になります。



(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月06日

六花亭



北海道にある六花亭の喫茶店に行ってきました。


sDSC_0424.jpg

バームクーヘンが驚きの200円。


sDSC_0423.jpg

ミルクピッチャーもかわいかったです。


sDSC_0438.jpg

こちらは、「雪やこんこ まじりっけなし」というソフトクリーム。
北海道で5本の指に入る美味しさだと思います。

ちなみに、新千歳空港で一番おいしいと噂されているソフトクリームは「きのとや」です(義兄と僕調べ)。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2013年10月05日

メジロ



1.jpeg


日本野鳥の会から、新作のカタログが届きました。


以前から、野鳥の会オリジナル長靴が良さそうだなーと思っていたんですが



2image.jpeg


注目の新作が登場です。メジロ色!かわいすぎますねこれ。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月04日

のれん



noren.jpg


ショールーム・星燈社本店が出来てから早2年。
やっと暖簾(のれん)を作ることにしました。

実は僕は暖簾をくぐるのが好きでして、暖簾が掛かっている居酒屋も好き。
星燈社の暖簾が出来上がったら毎日くぐろうと思います。




居酒屋といえば、先日高校時代の友人2人と国分寺の一滴という居酒屋に行ってきました。


sanma.JPG


そしたら出てきました秋刀魚の塩焼き。
肉厚で、ゴロ(内臓)まで食べれる新鮮な焼き秋刀魚でした。こんなおいしい秋刀魚の塩焼きは生まれてはじめてだったかも。

ちなみに友人のうちの一人は

「いや俺、秋刀魚の塩焼きのときは大根おろしに醤油かけないよ?秋刀魚の塩気で十分だよね?」

と得意げにコメントを残したと思ったら、お腹いっぱいで秋刀魚も残していて、僕も思わず目を丸くしました(サンマだけに)。


(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月03日

レークヒルファーム



sDSC_0499.jpg


北海道洞爺湖町にある牧場、レークヒルファームでジェラートを食べました。

2つの味が選べるので、パンプキンとクリームチーズを選んだところ



sDSC_0505.jpg

330円でこんな大盛り。
パンプキンとクリームチーズの相性も最高。絶品でした!




DSC_0500.JPG

窓から見える草原の中に、なにやら白い動物が。





sDSC_0507.jpg


ヤギのユキちゃん(仮)です。


ムツゴロウさん気分で近づいたところ



YAGI2.jpeg

襲撃されました。



ところでムツゴロウさんの趣味は、意外にマージャンなんだそうですね。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月02日

あんかけ



image.jpeg


残り野菜であんかけ焼きそばを作ってみたら、案外うまくいきました。
ふつうの焼きそば用の麺をじっくり焼くとパリパリになるんですね。クックパッドで知りました。


そういえば先日

「電車に乗っていたら、スマホで『ちくわ キャベツ』で検索してる人がいたよ」


という話を聞きましたが、残り物で作れる料理を調べていたんでしょうね。

それにしても冷蔵庫にちくわとキャベツだけが残る状況って僕はあんまり経験したことがないけど、何をつくった残りなんでしょうか。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2013年10月01日

泣太郎





星燈社のある場所は、両国よりの錦糸町。

そんなわけで、お相撲さんが歩いていたり、お相撲さんが自転車に乗っていたり、お相撲さんがコンビニで立ち読みしているのを見かけることがあります。


それはそうと、先日大相撲を見ていたら、明治時代(だったかな?)の四股名が紹介されていました。



sDSC_0478.jpg


これです。


僕がもし力士だったら「招猫米吉」や「山猫三毛蔵」はいいけど、
「三毛猫泣太郎」は弱そうだからいやだなー。
あと「猫又三吉」も、一生下っ端扱いされそうからいやかも。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙