W.jpg

2014年02月28日

盛岡ひな



DSC_0408.jpg

昨年のことですが、別注品で『盛岡ひな人形』のてぬぐいを製作しました。


DSC_0414.jpg

実はこのてぬぐい、ひな祭りの柄にしては珍しく、横長に絵柄が広がっています。

というのも、岩手県盛岡市の古いひな人形は
今みたいにひな壇に飾るのではなく、平台にズラリと並べていたそうです。



DSC_0410.jpg


五人囃子も

@自分の世界に入って演奏するメンバー
A練習しているフリをしてお喋りに興じるメンバー2人
Bいつの間にか集中力が切れて妄想にふけっているメンバー
Cそんなメンバーに腹を立てながら演奏するリーダー

の五人が揃っています。
少年たちが集まれば、たいていそんな感じになっちゃいますよね。

ちなみに僕はAとBのハイブリッドで、
いつの間にか集中力が切れて妄想にふけっているけど練習しているフリをする子どもでした。


こちらのてぬぐいは別注品のため、星燈社では購入できませんので、あらかじめご了承くださいませ。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2014年02月27日

一筆箋の新作できました



kd.jpg

曇天模様の中、星燈社のご近所にある鰹ャ林断裁へ、
新作の一筆箋を取りに伺いました。
というわけでさっそくご紹介いたします。



DSC_0396.jpg

「富士見つるかめ」



DSC_0397.jpg

「のうぜんかずら」



DSC_0398.jpg

「影絵」



各20枚綴り。350円+税。季節のおたよりに是非!



(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2014年02月26日

フグ



unnamed.jpg

池袋の隠れた名店・硯屋でフグの白子天を食べました。
鱈もいいけど、フグの白子もおいしいですね!

小学生の頃、大人になったらフグの鍋を食べるようになるんだろうなー大人ってすごいなーと夢想していましたが、まだ一向に口にできる気配がありません。さぞやおいしいんでしょうね!!


(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2014年02月25日

星燈社製品案内



実り.jpg

『星燈社製品案内』をつくっています。
今回は、表紙のフォントに教科書体を選びました。
ふだんはちょっと甘い気がして使わないんですが、今回は表紙の図案『実り』に、教科書体が合うと思いまして。



------------------------------


先日、妻が「変な夢を見た」と言って起きてきたので、話を聞いてみると


「『散歩道』の茶筒が飛行機に押してもらってレースをしてて」

「そのうち飛行機の助けがいらなくなって、茶筒がひとり立ちできるようになって」

「もっと速く飛ぶために、茶筒のフタだけで飛ぶようになって」

「よく見たらフタにおじゃる丸みたいな男の子が乗ってた」


と言っていました。

えっどういうことと思ったので、下記の通りまとめてみました。





@『散歩道』の茶筒が飛行機に押してもらってレースをしてて
CCF20140224_00000.jpg






Aそのうち飛行機の助けがいらなくなって、

CCF20140225_00002 - コピー.jpg




茶筒がひとり立ちできるようになって

CCF20140225_00002 - コピー (2).jpg






Bもっと速く飛ぶために、茶筒のフタだけで飛ぶようになって

CCF20140225_00003.jpg






Cよく見たらフタにおじゃる丸みたいな男の子が乗ってた

CCF20140225_00002 - コピー (3).jpg



ちなみに散歩道の茶筒は、無事にレースで優勝したそうです。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2014年02月24日

ささめやさん



s-DSC_0361.jpg


ここん神楽坂の野間さんに、ささめやゆき氏の絵を頂きました。
和室に飾ったらかっこよくなりました。
しかし、こういうかっこいい絵が描けたら、さぞや痛快なんでしょうねー。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2014年02月23日

歓迎会



星燈社にあたらしいスタッフを迎えまして、歓迎会を催しました。
会場はお馴染みのイタリアンレストラン『TERZO 3』です。



DSC_0373.jpg


食べたらみんな唸る、名物・生海苔とシラスのピザや



DSC_0378.jpg

白子と九条ネギのパスタ



DSC_0379.jpg

ブリの海胆ソースのせ



DSC_0386.jpg


それから、ケーキが2種類選べる「くいしんぼうのデザート」など。
どれもおいしくて大満足でした。



ちなみに歓迎会で一番の話題は「エイの干物が強そう」という件について。



どんな干物かというと…








20121002032331_1_1.jpg


こんな姿です。強そう!!!!



(山本)




posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2014年02月22日

『旅路』




TABIJI.jpg

旅空の鳥たちを描いた図案。
凛とした空気感を大事にしました。

posted by 星燈社 at 12:00| 星燈社の和柄

2014年02月21日

MANGA



僕はマンガが好きなのですが、実はお取引先の方にもマンガファンが多くいらっしゃいます。

そして日本人男性は不思議にも、同じマンガが好きなだけで、一気に関係が深まります。


【例1】茶筒工場の担当者さんと

僕「…というわけで、メールでご返答をお願いします」

担「承知しました」

僕「ところで、GIANT KILLINGってマンガ読んでます?」

担「!!!ぼく、全巻持ってます!!やっぱり合いますね〜ハハハハハ!」


【例2】布小物の縫製会社さんと

僕「…というわけで、よろしくお願いします」

担「かしこまりました」

僕「ところで、ジョジョの奇妙な冒険お好きですか?」

担「いやもう、好きっていうか僕の理想の上司はブチャラティです」


※マンガに興味のない方、わけがわからない話で申し訳ございません。


とまあそんなわけで何が言いたいかというと、
日本製の日用品を製造・販売した利益で、マンガという日本の文化に貢献するのはすごく真っ当なことなんじゃないかということです。詭弁ですね!!!


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2014年02月20日

展示会


DSC_0971.JPG


昨日、九州より新規お取引希望のお客様がいらっしゃいました。楽しいお話をありがとうございました。

ちなみに、星燈社は今のところ東京ビッグサイトあたりで開催される大きな展示会には出展しない方向です。
というのもやっぱり、

@僕らからお取引したい小売店様にアプローチする
A弊社製品のお取り扱い希望のご連絡を頂く

の2択のほうが、数は多くなくとも良い関係を築けるような気がするんです。
もっと会社が大きくなってゆけば、そんなことも言ってられなくなるかもしれませんけどね。



----------------------------


unnamed.jpg


昨日、地上53階・都心の夜景が一望できる焼肉店に連れていって頂きました。

元々焼肉を食べにいかない上に、
高級な焼肉店なんて生まれてはじめてでしたので、おいしくてびっくりしました。ご馳走様でした!


ちなみに帰宅して
「いやーおいしかったねー」
と言いつつコートを脱いだところ、
なんだか自分が見慣れない服装をしていることに気がつきました。

いったい何かと思ったら、首まわりにあったのは焼肉店のエプロン。
食べ慣れないおいしいものを食べて舞い上がってしまったようです(地上53階だけに)。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2014年02月19日

こどもじんべい



DSC_0267.jpg


こどもじんべいのサンプルが出来上がっています。
0歳児の姪っ子に着せてみたら、ばつぐんに可愛かったです。仕上がりを楽しみにお待ちくださいませ。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2014年02月18日

時期



毎年このぐらいの時期になると、これからの生き方に悩む大学3〜4年生からの相談を受けることが多くなります。特にデザインを仕事にしたいと志している学生の皆様。

せっかく相談を持ちかけてもらったのだから
特効薬になることを言おうと努力しているんですが、

僕の口から出る言葉といえば


「あーそれわかりますー」

「ほんと悩みますよねー」

「どうなんでしょうねー」

「幸せな老後を送りたいですよねー」

「悩みすぎたらマンガ読んで気分転換とかいいですよー」

と、親身になって話しているつもりなのに、なぜかバカっぽいセリフばかり出てきます。はやく貫禄が欲しいものです。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2014年02月17日

よだれかけ


DSC_0265.jpg


「よだれかけ」の新柄の製品撮影をしてきました。モデルはうちの姪っ子です。



DSC_0332.jpg

今回製造分より、裏地はノンホルマリン仕様のタオル地になります。
よだれの多いお子様でも安心です。



(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2014年02月16日

バターケーキ


s-DSC_0358.jpg

広島の銘菓・バターケーキを頂きました。素朴な味でおいしかったです。どうもありがとうございます。

ところで、昔ながらの包装紙って、かわいいですよね。

そうするとつい『昔のほうがよかった』と言ってしまいそうになりますが、
実際は、今も昔も、どうしようもないデザインのものは沢山あって、
その中から支持され続ける良いものだけが残っているから『昔のものは優れている』と思ってしまうんでしょうね。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2014年02月15日

燻味塩



s-DSC_0356.jpg


燻味塩を買いました。
料理の隠し味にいれると、ぐっと味がしまるのでおすすめ。
でも唯一最大の難点は、しっかり密封しておかないと正露丸っぽい香りがしてくることです。

いっそのこと正露丸と一緒の場所に保管しておけばいいような気もしますが、やっぱりそれもなんか間違っているような気がします。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2014年02月14日

雪と机



sDSC_0480-82c5c.jpg

星燈社の事務所用に、鎌倉の「そうすけ」で注文していた机が届きました。


IMG_6666.JPG

日本でつくられたアンティーク机です。
置いてみたところ僕の机より立派だったので「社長机」というあだ名がつきました。



----------------------


東京は今日も豪雪。

そんな中、なんと「はとバス」のような観光用のバスが走っていました。



IMG_6668.JPG


しかもオープンカー!!!


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2014年02月13日

茶筒再入荷しました



TO-C.jpg



星燈社の茶筒が再入荷して参りました。いつのまにか茶筒は星燈社の大黒柱です。



ところで、おしゃれなカフェなどに行くと、
カフェラテの表面に泡で絵を描いてくれる「ラテアート」なるものがあります。

数年前のことですが、

「あなたの雰囲気を見てラテアートを書きます」

というのが売りの洒落たお店に入ったところ、
同行した友人はかっこいい葉っぱのラテアートを描いてもらっていました。

僕のは一体なんだろうなーと思って楽しみに待っていたところ、
さわやかな店員さんが持ってきたカフェラテに描かれていたのは、笑顔のドラえもん。

なんでそんなことになってしまったのか聞いてみたかったけど、
店員さんとドラえもんのまぶしい笑顔の前では聞けませんでした。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2014年02月12日



今週のはじめ、東京はまれに見る大雪で、街もかなり混乱していました。


僕もどうやら混乱していたようで、


「今日の運転は、スリッパに気をつけないとね!!」


と豪語してしまいました。正しくはスリップですね。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2014年02月11日

日本野鳥の会



IMG_6537.JPG


先日、日本野鳥の会のお二人が星燈社に来てくださいました。
わざわざお越しくださり、どうもありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願い致します。


ちなみに「山本さん女性だと思ってました」とおっしゃっておりましたが、何を隠そう実は男ッス。


野鳥といえば、野鳥のシーズンがわかる「野鳥手帳」というものが存在するそうです。読んでみたいものです。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2014年02月10日

こどもじんべい



DSC_0206.JPG


「こどもじんべい」のサンプルが出来上がってきました。

こうして見るより、着てみるとこどものかわいさを引き立てます。

先日、僕の甥っ子に着せてみたら、あまりのかわいさに一同衝撃でした。



DSC_0208.JPG


ちなみにズボンもお茶目です。


(山本)

posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2014年02月09日

ゆきいちご


IMG_6558.JPG

大雪の中出かけてゆき、キルフェボンで、苺と練乳クリームのティラミスを食べました。
本年2度目です。これは本当に名作ですよーー。心からおすすめです。


そんなわけで東京も大雪になりましたが、どうぞ皆様お気をつけてお過ごしください。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 平成絵双紙

2014年02月08日

育つ


unnamed.jpg


以前、すずらん鞄にて、時計の革ベルトを作って頂きました。
3年近く経ち、いい味が出てきました。育っていく道具っていいですね。

そういえば以前、使って洗って色あせた星燈社のてぬぐいを見せて頂いたことがあります。あれも独特のかっこよさがありました。
製品は販売して終わりではなく、そこからやっと始まっていくんだなーと感じました。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2014年02月07日

YARU



surukoto.jpg


星燈社には「すること帖」という製品があります。
日々のこまごまとしたことを書きつける、和紙のメモ帳です。



昨日、北海道から遊びに来ていた母との会話で

「私ね、毎朝これから1日の課題をメモしてるんだよね」

「そうなんだー」

「そのときにあれ使ってるんだよ、星燈社の…『やること帖』?!」

「惜しい!」


というやりとりがありました。



(山本)


posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2014年02月06日

たいしたことないこと



お気づきの方も若干いらっしゃるかもしれませんが、
オンラインショップ・星燈社本店にて


0206.jpg

『今日のお茶菓子』『錦糸町さんぽ』などの、ひとことコラムをはじめました。

なんだか急に「たいしたことないこと」を書きたいなーと思いまして。

気まぐれ更新ですが、ホントはまいにち更新したいなーと思っているのはここだけの秘密!

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2014年02月05日

雪と春



DSC_0172.jpg

昨日は東京もこの冬はじめて、みぞれではなく、ぼたん雪が降っていました。

星燈社の「雪夜」という図案は、まさにこんな風景を描いた和柄です。




春模様.jpg


そんな中、節分も終わり春の訪れも近くなってきましたので
「星燈社の春模様」と題して、春の絵柄をセレクトしてみました。まだまだ増やしていこうと思っておりますのでよろしければ是非ご覧下さいませ。





posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2014年02月04日

星燈社だより



DSC_0164.jpg


星燈社だよりの最新号が届きました。表紙は「朝つゆ」。

今月の「スタッフの好きなもの」コーナーは、「うどんの食べ方」。
出来上がってみたら、予想通り絵が地味でしたので、この場を借りてあらかじめお詫びいたします!



-------------------------------------------------



昨日「今年は豆まきはできないかなー」と思いながら帰宅したところ、



unnamed.jpg


落花生が用意されていました。
やっぱり豆まきといえば落花生ですよね!!!
自分でも驚くぐらい白熱した豆まきになりました。



(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2014年02月03日

えりまき


DSC_0039.jpg

現在、えりまきに品切れが多くなっておりましてご迷惑をお掛けしております。

3月上旬には、新柄が仲間入りして入荷いたしますので、どうぞ今しばらくお待ちくださいませ。


------------------------


今日はみんな大好き節分。

節分.jpg


星燈社の、今月の郵便スタンプも「豆まき」です。

ちなみに北海道の豆まきは大豆ではなく落花生です。あと家によってはチョコも撒きます。

「東京は大豆を撒くんだよ」

と北海道の人に話すと

「そんなわけがない」
「大豆なんて撒いたらあとで食べられない」
「チョコは撒かないの?」

などなど阿鼻叫喚が飛び交います。


さらに、北海道では豆まき用の手頃な価格の落花生が売っていますが、
東京には高級な落花生しか売っていません。
ですので東京で落花生を撒こうとすると、かなり散在する羽目になります。


(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2014年02月02日

SHINAさん



DSC_0068.jpg

SHINA二子玉川店さんから、DEMELのケーキを頂きました。珈琲によく合う味でした。


E58699E79C9F(33).jpg

ちなみにSHINAさんでは、星燈社の茶筒を定番として販売して頂いております。本当にどうもありがとうございます。



(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙

2014年02月01日

茶布



DSC_0063.jpg


星燈社の生地と綿麻生地でつくったコースター「茶布」が届きました。「ちゃふ」と読みます。


DSC_0058.jpg


湯のみをのせるとこんな感じ。本生産はこれからですが、楽しみにお待ち頂けましたら幸いです。



(山本)
posted by 星燈社 at 12:00| 平成絵双紙