W.jpg

 

2015年07月15日

こけし屋・朝市A



DSC_0987.jpg

昨日に引き続き、西荻窪・こけし屋朝市のご紹介。


DSC_0967.jpg

朝市の一番人気は、ラム肉の炭火焼。
すぐ横で麦酒も売っていました。
いちにちを棒に振る覚悟で麦酒を飲むのもいいかもしれませんね。


DSC_0972.jpg

というわけで、こちらが炭火焼。
1本480円とお高めですが、
「小さめだからオマケ!」と
2本買ったら1本サービスでつけてくれました。



DSC_0979.jpg

あとこちらは、こけし屋・朝市名物のオムレツ。
ふわふわで美味しかったです。




-----------------今日のがまくん【第318回】-----------------


CCF20150714_0001.jpg


がまくんとインド(64)
「がまくんとホテルマリアの人々A」


----------------------------------------------------------


急に病気で倒れた知り合ったばかりの日本人を
献身的に介護していたノリくん。

彼はパワーストーンを販売するアルバイトで旅費を稼いだ大学生でした。


「パワーストーンってどうやって売るの?」

「まずは悩みを聞いてから
『この石があなたを呼んでいます』って言えば売れます」

「それで買わなかったら?」

「そしたら『これは運命ですよ』って言えば買いますね」

「あくどい!」


そんなノリくんと僕はコルカタで会ったあと
コルカタから700km離れたダージリンという街で偶然会い
さらにダージリンから700km離れた
ネパールのポカラという街でも偶然出会いました。

「すごい確率だね」

「もしあと一回出会ったら『運命です』って言いますね」

「そしたらパワーストーン買うね」

とかなんとか冗談を言い合ったものの
その後はさすがに出会わずに帰国。


その半年後、大学の冬休みを利用して
中東を一人旅していたとき。

イスラエルの路地を散歩中に
通りの向こうから歩いてくる日本人とすれ違いました。

「運命ですね」

と声をかけられて振り返って見たらノリくんでした。
日本ですら知り合いに道端で会わないのに、
ましてや中東イスラエルの道端で出会う確率を考えたら
頭が混乱してきて、危うくパワーストーンを買うところでした。


(山本)

posted by 星燈社 at 09:00| 日記