W.jpg

 

2016年01月31日

九州横断M



DSC_0318.jpg

みょうばん湯の里の飯倉さん、それから星燈社のシールの製造をお願いしているラベルクレインの馬見塚さんとご一緒して「割烹 小菊」へ連れて行って頂きました。

星燈社の「雪夜」シールはある時からエンボス(浮き出し)加工に変更になりましたが
エンボス加工のシールは、ラベルクレイン謹製です。



DSC_0322.jpg

というわけで、生まれてはじめてフグ刺しを食べました。
肝や小葱、もみじおろしと合わせて食べるとおいしいんですねーーー。


DSC_0323.jpg

こちらはフグの天ぷら。骨まわりの身がからっと揚がっていて、ビールに合う味なんです。



DSC_0321.jpg

ビールといえば、アサヒの瓶は観光客にはうれしい大分特別仕様。



DSC_0325.jpg

そして〆にフグ鍋と雑炊を頂きました。
とってもおいしかったです。ごちそう様でした!




-----------------今日のがまくん【第515回】-----------------

CCI20160125 - コピー (4).jpg

がまくんと早稲田大学
「がまくんとわせべん」


-------------------------------------------------------------



「わせべん」は、いくつもの伝説を持つ弁当屋。

@鶏のから揚げが安すぎるから、野生のハトをつかまえている疑惑

→事実無根。ハトを捕まえる手間をかけるぐらいなら安いお肉買ったほうが安上がりですもんね。


A独自の注文ルールがあり、ルールを知らないと怒られる
→真実。
彼氏に買い物を頼まれた女性が店員に「あ?」と怒られ
「ほんと何なのこの店!!マジもうやなんだけど!!」と彼氏に電話で激怒しているのを目撃したことも。


Bダンボールからから揚げを取り出す
→真実。
さらに、から揚げが弁当箱に入りきらない場合、余ったから揚げをダンボールめがけて投げます。


C領収書を頼むと白紙のものを渡される
→真実。白紙の領収書をもらった人は「!?」という表情になってました。


D元々は「ほっかほか亭」だったが、独自メニューを作りすぎてフランチャイズから外された
→これは真偽不明。確かにのり弁は似てるけど…


ちなみに、注文のルールがわからないはじめての注文のときは
「茄子カラマシマシ大盛りで」と唱えると




無題.jpg


これが出てきます。見てるだけで胃もたれするでしょ。胃もたれします。430円。


(山本)
posted by 星燈社 at 09:00| 星燈社だより