W.jpg

2018年09月19日

【第5回】図案と音楽の話「図案と音楽 VOL.02」


「図案と音楽の話」第5回は、次回の楽曲の話。
途中で脱線しますが、脱線こそがこの対談の醍醐味なので、ノーカットでお送り致します。

ちなみに申し遅れましたが、この対談は全13回。テーマごとに話を区切っていたら13回になってしまったというわけ。



----小田晃生×星燈社・山本×モナレコード・坂本『図案と音楽の話』----

図案と音楽トップ.jpg
小田さんトップ画.jpg




〔第5回図案と音楽 VOL.02



『図案と音楽 VOL.02


山本 この『図案と音楽』の企画は、小田さんにあと2曲お願いすることに決まってます。

映画の3部作じゃないけど、やっぱり何度か続けることでやっと伝わるものってあると思っていて。

図案と音楽トップ.jpg

山本 小田晃生3部作でやりたいんです、とオファーしたとき

「四季の移り変わりになれば美しい流れですね」という話になりまして。


DSC_0612-97749-thumbnail2.jpg


山本 冬から始まって、春、夏、秋になると。でも僕あんまり夏好きじゃないから。


小田 お互い、夏が好きじゃない。


山本 だから夏は飛ばして、春のあとは秋の曲を作りましょうかと。


小田 しれっと夏を飛ばすのがOKになってるのがいいですよね。

お客さんに多分、あれ?って言われると思いますけどね。


坂本 四季じゃないよね?って。


SCN_0088.jpg


山本 あの頃、函館に夏はなかったよね。


坂本 なかった。


小田 そっか。原風景にないっていうことか。岩手はぎりぎり夏ありましたね。


山本 夏、海で遊んでました?


小田 海にも行きましたよ。ただコンブがいっぱい浮いてるみたいな。


坂本・山本 わかる。


山本 海、にごってませんでした?


小田 そうですね。青い海は沖縄に修学旅行で行って初めて見ましたね。本当だったんだ!って。


山本 モスグリーンの海にコンブとクラゲが浮いてるのが北の海ですよね。


小田 岩手はおじさんとか泳ぎながらコンブ食ってましたからね。ちぎって食べてる。生でもいけんだ!と思いましたね。


坂本・山本 わははははは!


山本 岩手にはそんなおじさんがいるんですか。いいなあ。



『 ゆげ 』


山本 四季からは外れるんですが、小田さんなら楽曲にしてくれそうだなという図案がありまして。

今年の新作『ゆげ』という図案。


湯気.jpg


山本 お風呂だったりキッチンだったり、湯気は日常でよく目にするものですけど、その向こうには暮らしがあるじゃないですか。


小田 そうですね。


山本 暮らしの中で感じる幸せって、あたたかいけどつかまえておけない。そしていつの間にか形が変わっちゃったり、消えちゃったりする。だからその幸せって、それこそ湯気にそっくりだなあと思って。


小田 なるほど。


山本 そういう「立ち止まってはくれない幸せを見つめる」みたいなテーマ、小田さん得意そうだなあと。


小田 がんばります。



〔第回〕音楽のかたち に続きます



-------今日のがまくん【第1464回】--------------


1B1F60C0-C05A-488A-87CA-758441EDAB78.jpeg


がまくんと椎茸バター炒め

---------------------------------------

兄弟が多いので、僕の母は椎茸バター炒めをするときには量を増やそうと、石突きの部分まで炒めてました。それが妙においしくて、バター炒めは石突きがうまいよね、と長兄と盛り上がった記憶があります。





posted by 星燈社 at 17:00| 日記