W.jpg

 

2009年11月09日

放っておいても明日は来る

0911_hotte-thumb-autox240.jpg


辺境冒険作家の高野秀行さんが去年、上智大学で行なっていた講義が一冊の本になるようです。
タイトルは「放っておいても明日は来る」。
なんと絶妙なタイトル!

この本を読んで衝撃を受けて、思わず「普通」のレールを踏み外してしまう学生がいるかもしれない。

というより僕自身がそうか。
何を隠そう高野秀行さんが上智で講義をすると聞きつけた僕は、毎週欠かさず上智に通い・毎週欠かさず講義に衝撃を受けて笑い転げていたのでした。(勿論上智の学生じゃありませんでした。)
そして転げまわっているうちにいつのまにかレールを踏み外し、今に至るというわけです。
いや、他にももっと色々理由はあるんですけどね。
でも高野さんの授業の影響があったことは否めないと思います。

そういえばこの講義のそもそもの講義名は「東南アジア文化論」だったような。どんどん方向性が変わっていって最終的には「放っておいても明日は来る」か!いや実に良いですね。

posted by 星燈社 at 20:21|