W.jpg

 

2010年04月01日

遠くアフリカ@

02.JPG

先月のことになりますが、10年来の友人・池田くんに会いにアフリカのタンザニアという国に行ってきました。

彼とは日本・タンザニア間で手紙のやり取りをしていて「遠くアフリカによく手紙が届くもんだなー」と感心していたのですが、聞くのと行くのじゃやっぱり大違い。いやー、アフリカは遠かった!

まず日本から、国際線の飛行機が発着するタンザニアのダル・エス・サラームまで丸1日かかります。
そこからさらに池田くんが住んでいる「キゴンセラ」という村まで行くのにバスで2日。丸2日。
キゴンセラがどのぐらい遠いかと言うと、
タンザニア人「これからどこ行くんだ?」
僕「キゴンセラだよ」
タンザニア人「??どこそれ??」
というやり取りが何度も繰り広げられるぐらい。

01.JPG

ダル・エス・サラームで一泊し、次の日の朝イチで僕が乗ったのはこんなバス。旧型であんまりスピードが出なそう。
と思いきや、走り出したらものすごい速度。
優に時速100キロは出てそう。一体何キロでてるんだよ、と計器を見てみたら「時速0キロ」。
ああ…計器壊れてるんだ…


03.JPG時速0キロで街の雑踏を抜け


04.JPGどんどん景色が


06.JPG開けてきました。


07.JPG
かと思いきや雨が降ったり


08.JPG
気がついたら晴れてみたり


09.JPG
外に野良キリンがいてタンザニア人が喜んだり


10.JPG

しているうちに乗車から9時間。気がついたらあたりは山。
この時点で標高2000メートルぐらいあるそうです。


そして本日の宿泊地イリンガという街についたときには、外はもう真っ暗。やけに真っ暗。
ああ街中が停電してるんだ…。
さあ、ここからキゴンセラまであと1日。丸1日。


【遠くアフリカA】へつづく
posted by 星燈社 at 23:01| 『遠くアフリカ』