W.jpg

 

2010年04月02日

すずらん鞄「en」の革しおり

DSC_1066.JPG


札幌のすずらん鞄さんの別ブランド「en」の革しおりが届きました。
革をかばんを作るときに裁断して使い切れない、いわゆる革のハギレ部分を「エン」と言うそうで、そのエン革を利用して作った革小物が「en」なのです。
タンニンなめしの牛革なので、使えば使うほど味わいが増してくるそうです。素敵!

DSC_1067.JPG
「en」のロゴがエンボスで捺されています。職人技ですねー。

普通は仕事として毎日素材に接していると、その素材(たとえば写真屋なら印画紙に・縫製屋なら布、すずらん鞄さんの場合は革)に見慣れてしまい、その材料が本来持つ価値に気づかなくなっていくものだと思います。
ですから、鞄の素材である革を、「職人が丁寧に作り出した作品」として最後まで価値を与え続ける「en」の試みには思わずハッとさせられます。

おまけ
DSC_1071.JPG

千代紙を裏返して糊付けしてシールにしておられました。
ちょっと派手な千代紙はこうして使えばいいんですねー。
これが世に言うセンスってやつですか…!
posted by 星燈社 at 23:36| 日記