W.jpg

 

2010年04月10日

遠くアフリカC





63.JPG
遅い昼食を取った後は、キゴンセラを散歩することにしました。


村の未舗装道路には車が来ることはないので、道の真ん中を堂々と歩けて実に気持ちいいです。


3.JPG
はいちょっとすみませんブタ優先ですよー



なんとまさかのブタ飛び出し注意。でも池田家の庭で牛がたむろしていたときは流石に怖かったけど、ブタならそんなに怖くない。


69.JPG
村の外れに素敵な川があるらしいので、村外れまで、ずんずん歩いていきます。



67.JPGん?あれはまさか…



68.JPG
牛だー!!!



どうやら牛たちはつながれていた縄を引きちぎって自由行動しているご様子。でもこの牛たち、図体は大きいけど案外紳士でして、僕らに道を譲ってくれました。

と、足元を見ると



66.JPG

蟻の行進!これじゃあよくわからないんですが、普通の働きアリの中に、明らかにものすごく強そうなアリが混じっているのです。


64.JPG
皆様おわかりになるでしょうか


65.JPG
こいつです。


絶対こいつの前世はクワガタ。このクワガタ、一度食いついたら文字通り死んでも離さないらしく、アフリカのある地方では人間が怪我をしたときに傷口の縫製としてこいつを利用するという話です。


さてクワガタ率いるアリ達の巣を見てみると


71.JPG

ものすごい高さの雨よけ堤防を作っていました。
いやこれ、この後120%絶対に雨降りますよ。
だってこんな高さの雨よけ堤防見たことないですもん。

というわけで泣く泣く川下りを諦め、雨が降る前に帰路に着きました。


61.JPG
帰りがけに見かけた池田くん行き着けのレストラン(通称レストラン掘っ立て小屋)。
365日メニューは唯一豆ご飯!


023.JPG
家に戻ると、晴れていた空の雲行きがどんどん怪しくなり



022.JPG
やがて大粒の雨に変わりました。


ずっと前に読んだ小説に「晴れと雨の境界」の話があり、人生に一度はその境界を見てみたいと思っていたのですが、まさかキゴンセラでその願いが叶うとは。雨は上から落ちてくるものじゃなく、波のように遠くから打ち寄せてくるものなんですね!


とはいうものの、やはり川下りできなかったのは残念だなー、とぼんやり考えながら外を眺めていると


kawa.JPG
ん?


kawa2.JPG
家の前の道がいつのまにか川に。





これがなかなかどうして激流でして、「ここで川下りするぜー!」とか甘いことを言いながら迂闊に足を突っ込むと




72.JPG
こんな目に遭います。







74.JPG
そうしていい汗(泥?)をかいた後は、ぬるいビールを飲みながらこの日も夜は更けていくのでした。


【遠くアフリカD】へつづく


posted by 星燈社 at 01:42| 『遠くアフリカ』