W.jpg

 

2010年08月08日

北へ行くB


光原社をあとにして、目指すは南大通の「和のくらし小袖」さん。
バスに乗り、無事に南大通周辺までたどり着きました。
バスを降りて道を歩いていると
m35.jpg
ヨーロッパにありそうな素敵な洋館がありました。
この建物、今も現役の銀行として使われているようです。

僕は今回がはじめての盛岡訪問だったもので、今まで寡聞にも存じ上げなかったのですが、盛岡にはなかなかどうして素敵な風情のある建物がたくさんあるのです。

たとえばこちらの建物
m36.jpg
『ござ九』

素敵な建物と長い歴史を持つのにぜんぜん偉ぶらず
m37.jpg
あくまで普通の荒物を売るざっかけない雰囲気にとても好感を持ちました。こんな店で日用の荒物を買いたいものです。

m38.jpg
消防関係の建物らしい、こんな建物もありました。
m39.jpg
火の見櫓が素敵。
ところで、確か人形劇「ひょっこりひょうたん島」にこういう建物が登場したような気がするのですが、どなたかご存知でしょうか。

m41.jpg
それと南部鉄器の『釜定』も風情のある建物でした。
m42.jpg
『釜定』にて、新婚従兄弟夫婦への誕生日プレゼントとして南部鉄器の栓抜きを購入。後日新婚ホヤホヤ従兄弟夫婦に送ったところ、とても喜んで頂けて良かったのですが…
すいません実はあの栓抜き、僕とお揃い!ごめん!!

m40.jpg
ちなみに、ここらの地名は紺屋町というそうです。
きっと昔は染め屋が多い地域だったのでしょうねー。

そうそう、「小袖」さんへ向かっている最中
m43.jpg
なんだか商店街が賑わっているのが見えました。よーく見ると
m44.jpg
なんと七夕祭り。盛岡の七夕は8月なんですね!

tanabata-sakanacho.jpg
「肴町商店街」の七夕祭りは、とても賑わっていました。
tanabata-sakanacho2.jpg
なんだか小さい頃に行った縁日を思い出して嬉しくなりました。

そして肴町商店街の七夕祭りを冷やかしながら通り抜けて
syuzendou.jpg
『鈴木主善堂』
suzuki-koubou.jpg
『鈴木盛久工房』を越えたところに

DSC_2126.jpg
『和のくらし 小袖』さんがあります。

DSC_2075.jpg
お店の表札や
kosode-ajisai.jpg
陶器にさりげなく生けられた紫陽花が素敵です。

DSC_2091.jpg
おや、こういうサービスもやってらっしゃるんですね。
ちなみにポスターになっているのは『ござ九』のようです。
ところで、『ござ九』の屋根の上に座っている老夫婦を忍者が狙っているような気がするのは、僕の気のせいでしょうか。気のせいですねすいません。

kosode-entrance.jpg
そんなわけで気を取り直して早速
kosode-logo2.jpg
店内へお邪魔させていただきました。

DSC_2100.jpg
店内右手には
kosode-hakimono
素敵な履物や
kosode-letter.jpg
当社の紙モノもずらり。どうもありがとうございます!

kosode-tenu.jpg
店内左手の、てぬぐいの棚には
DSC_2111.jpg
当社の『和ろうそく』と『かご』も並べて下さっていました。
さらに『和裁ことはじめ』は
kosode-wasai.jpg
なんとタペストリーで飾ってくださっているのですね。
どうもありがとうございます!

kosode-babushu.jpg
縫製工房『蟻』西條さんが作ってらっしゃる手ぬぐい生地や会津木綿のバブーシュも可愛いです。
偶然にも西條さんにお会いでき色々お話もできて、とても楽しかったです。


kosode-tanmono.jpg
それから店内奥には綺麗な反物が並んでいました。

kosode-satousan.jpg
お客様に丁寧に説明されている小袖・佐藤さん。
お忙しいところにお邪魔してすみませんでした…!
僕がお邪魔している間にも、ひっきりなしに色んな世代のお客様がいらっしゃっていました。
僕の持論で、喫茶店でもアパレルでも雑貨店でも、およそ長く続いているお店の共通点は「色んな世代のお客さんが居る」ことなんじゃないかなーと思います。

DSC_2132.jpg
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。


【北へ行くC】に続く
posted by 星燈社 at 23:53| 日本各地のお取扱店