W.jpg

 

2010年08月11日

北へ行くF




neputa-iku1.jpg
法被や浴衣を着て足袋を履き、頭には手ぬぐい。
正しい祭りのスタイルでねぷた祭りへと向かいます。

neputa-iku.jpg
だんだん日も落ちてきました。

neputa-inu.jpg
あっ黒柴!
neputa-inu2.jpg
ねぷたがんばって!

neputa-yuugata.jpg
巡行を待つねぷた達が見えてきました。

neputa-higfure.jpg
やがて日が落ちると
DSC_0281.jpg
夜の闇の中にねぷたの明かりが
sanpachi-start.jpg
燈ってゆきます。

DSC_0283.jpg
こちらが、我らが三八町会のねぷた。

neputa-ue.jpg
祭りの前の不思議な静けさ。
DSC_0304.jpg
さあこれから三八町会のねぷた巡業がはじまります。

小さい頃は、ねぷたの前から出ている綱を引いて練り歩き、高校生の頃はねぷたを後ろから押していました。
しかし今回はじめて、ねぷたを前からひっぱることになったのですが、これがもう、すごーく重いのです。
しかも自分が手を抜いたらねぷたが進まないかもしれない、と思うとなおさら手を抜けないのです。
祭りを支えるって、とっても大変なことなのですね。
でも、とても楽しかった。是非来年も参加したいものです。


DSC_0305.jpg
街中のねぷた巡行を終えひと休みしてねぷたを帰順させます。
ここからは僕は写真撮影担当に。
いや、決して疲れたわけじゃありませんよ。

見物のお客さんは少なくても
neputa-hue.jpg
笛を吹いて
neputa-taiko3.jpg
太鼓を叩き
neputa-hiku.jpg
ねぷたを引いていきます。

neputa-taiko2.jpg
みんな
DSC_0334.jpg
とても
DSC_0326.jpg
がんばっています
neputa-taiko.jpg
さあ
neputa-carb.jpg
この角を曲がればもう少し

neputa-kichaku.jpg
おっ
neputa-kichaku2.jpg
無事にねぷたが
neputa-kichaku3.jpg
帰着しました
neputa-kichaku4.jpg
ねぷたの
neputa-kichaku5.jpg
明かりも消えたら
neputa-umi.jpg
祭りもそろそろ終盤です

DSC_0443.jpg
参加者の大人には
DSC_0455.jpg
麦酒が配られました。これから乾杯が行われるのです。
ちなみに乾杯の音頭は、ねぷたの掛け声「ヤーヤドー」
kanpai1.jpg
それじゃあ皆さん
kanpai2.jpg
ねぷた巡行おつかれさまでした
kanpai3B.jpg
ヤーヤドー!
kanpai4.jpg
ニコリ

neputa-last.jpg
そうしてねぷた祭りの余韻の中、弘前の夜は更けていきました。

【北へ行くG】へ続く
posted by 星燈社 at 11:20| 日記