W.jpg

 

2010年08月28日

北へ行くQ

【北へ行く@はこちら】
【北へ行くAはこちら】
【北へ行くBはこちら】
【北へ行くCはこちら】
【北へ行くDはこちら】
【北へ行くEはこちら】
【北へ行くFはこちら】
【北へ行くGはこちら】
【北へ行くHはこちら】
【北へ行くIはこちら】
【北へ行くJはこちら】
【北へ行くKはこちら】
【北へ行くLはこちら】
【北へ行くMはこちら】
【北へ行くNはこちら】
【北へ行くOはこちら】
【北へ行くPはこちら】

morihiko.jpg
【北へ行くP】で外観のみ紹介した喫茶「森彦」。
折角ですので、ちょっとご紹介いたします。

morihiko-sign.jpg
「森彦」という美しい名前は「海彦・山彦があるなら森彦もあっていいじゃないか」ということで名付けられたのだ、と以前どこかで読んだ記憶があります。

morihiko-ent.jpg
では、早速おじゃまさせて頂きます。

2f-mirihiko.jpg
この日も沢山のお客さんで賑わっていました。
外から入る日差しがなんとも落ち着くのです。

mizudasi-morihiko.jpg
ゆっくり一滴ずつ落ちてゆく水出し珈琲を見ていると、
なおさら時間を忘れます。

o-morihiko.jpg
古いオルガンの上には、硬軟織り交ぜた雑誌がずらり。

m-o.jpg
一階の奥は一人客でも気兼ねせず落ち着ける席もあります。
mo2q.jpg
ここで日がなのんびりしてみたいものですね。

それから
msn-mo.jpg
昔のミシンをインテリアにしていました。
こういうディスプレイは変に存在感を出しがちですが、
そういう変な気張りがなく、さりげなく馴染んでいました。

kdn.jpg
こちらは二階から階下を眺めた風景。

|QOPO.jpg
窓の外には鳥の止まり木。

cfm-m201.jpg
決してものすごく広いわけではないのですが
skosjfgjksloa.jpg
どこか開放感のある店内です。
スタッフの方々の接客も完璧。

それから何より
deep-mocha.jpg
珈琲と洋菓子がとても美味しいのです。
深煎り好きの方には、断然『深モカ』がおすすめです。

札幌に行かれる際は、どうぞ円山公園まで足を運び『TAMI』さんと『森彦』へと散歩をしてみて下さい。きっと良い息抜きになると思いますよ。
というよりも、正直なところ僕自身がそんな休日を過ごしてみたいんですけどね。

楽しかった札幌を離れ
hakodatestation-sign.jpg
車で半日かけて函館に帰り着いたら

hakodatesea.jpg
夏季休暇最後の夜になっていました。


【北へ行くR】へ続く
posted by 星燈社 at 23:22| 日記