W.jpg

 

2009年10月01日

平成絵双紙


本日より、星燈社の絵日記『平成絵双紙』をはじめたいと思います。

『絵双紙』とは、江戸時代に流行した庶民向けの絵入り読み物のこと。

星燈社の『いま』をお伝えする、写真入りの読み物ですので『平成絵双紙』と名付けました。

お時間のある際にお読み頂けましたら何より嬉しく思います。
posted by 星燈社 at 23:10| 日記