W.jpg

 

2009年10月28日

心のずっと奥のほう

「和雑貨の市場は小さい」なんて、まことしやかに言われますが僕はそれにちょっと懐疑的。

とい言いますのも、たぶんですが、和雑貨の市場が小さいんじゃなくて「今世の中に流通している和雑貨で、欲しくなるものが少ない」というだけのような気がするからです。

「潜在ニーズ」に、つまり日本に暮らす人たちの心の奥に眠っている気持ちに訴えかけるモノを作れたら、きっと、もっと和雑貨のニーズは広がるはずです。

着実に、そんな時代を作っていきたい。そう思っています。
posted by 星燈社 at 22:15| 日記