W.jpg

 

2010年09月23日

『ぼたん』と『花こぎん』

以前よりお知らせしていた茶筒が、今日静岡県から届きました。
(※小売店の皆様、近日中にカタログでご案内申し上げます。ご迷惑をお掛けいたしますが、どうぞ今しばらくお待ち下さいませ。)

図案製作は星燈社、和紙印刷は京都府、茶筒製造は静岡県です。

茶筒のような日用品の図案を作る上での信条は
『生活に溶け込めて・見ていて飽きないものであること』。
つまりひとことで言うなら『シックでポップなもの』です。

hkw.jpg
青森の工芸品「こぎん刺し」の中でも、花をモチーフにした「ハナコ」という図案を並べた『花こぎん』。

HANAKOGIN150.jpg
この図案の茶筒が生まれました。
『花こぎん』150g茶葉用。

HANAKOGIN200.jpg
こちらは『花こぎん』200g茶葉用。

wasi-botan.jpg
牡丹(ぼたん)の花と舞い落ちる花びらを描いた『ぼたん』も

BOTAN150.jpg
茶筒になりました。
『ぼたん』150g茶葉用。

BOTAN200.jpg
こちらは『ぼたん』200g茶葉用。

UCHIBUTA.jpg
どちらも
hana-huta.jpg
内蓋がついているので、しっかりと茶葉を密封できます。

ちなみに
BOTAN.jpg
総柄の和紙を裁断して茶筒に貼付けしているので
DSC_0892.jpg
ふたつとして全く同じ絵柄のものはありません。
店頭で見かけた際は、じっくり見比べてみて下さいませ。

ついでにこちらが
yukiyo150.jpg
お馴染み『雪夜』150g茶葉用
yukiyo200.jpg
『雪夜』200g茶葉用

DSC_0952.jpg
星燈社の茶筒は『雪夜』『花こぎん』『ぼたん』の3柄になりました。

「3柄しかないなんて、まだまだだなー」
とも思いますが、しかし同時に
「妥協せず世に出すことができて、そして数十年後もずっと売っていきたいと思えるものが既に3つもあるなんて素晴らしいことだなあ」という気持ちもあります。

当社は、流行に関係ないところで「良い」と信じるものを世に出そうと思っていますので、基本的に廃盤の絵柄は作らないつもりです(よほど売れない場合は別ですけどね)。

というわけで『雪夜』『花こぎん』『ぼたん』をどうぞこれからもよろしくお願いします。
とりあえず『雪夜』さん、仲間が増えてよかったね!
posted by 星燈社 at 23:14| 新製品のお知らせ