W.jpg

 

2010年10月19日

のし袋とぽち袋

何かと物入りの年末に向けて
もうすぐ、星燈社オリジナル『のし袋』が完成・入荷してきます。

noshihukuro.jpg上の写真は、『のし袋』のラベルシール。
ラベルだけじゃあ何だかよくわかりませんね。


ものすごくかしこまった場で使って頂く『のし袋』は、差し当たり他のメーカーさんにおまかせするとして、
当社では「ちょっと借りたお金を返すとき」や「ちょっとしたお礼を渡すとき」など、あまり大げさにはならず・しかし失礼にもあたらないぐらいの『少しカジュアルなのし袋』を企画しました。

まあ「企画しました」なーんて言っても、別に僕が和紙を印刷したわけでもなければ、裁断・角抜き・製袋するわけでもありません。
印刷屋さんや紙工業者さんの手をお借りしてはじめて完成し、世に出せるのです。

何やら世の中「最終加工メーカーが偉いのだ」みたいな風潮があるらしいんですが、どうしてそうなるのか僕には全然わかりません。

きれいごとを言うようですが「色んな人の手を借りなければとても成り立たないのになー」といつも感じておりますので。本当に。



そうそう、『のし袋』と一緒に
pochi1.jpg

星燈社オリジナル『ぽち袋』もお目見えします。


無心にお年玉の中身を喜んでいたあの頃は、まさか自分がお年玉の入れ物を作って売ることになるなんて、まったく想像だにしていませんでした。人生はおもしろいものですねえ。


おまけ
creamyw.jpg

先週の日曜日に開催された『法政大学・多摩祭』の会場で飲んだ、サッポロの『クリーミーホワイト』という発泡酒。
パッケージもレトロで可愛らしく、そして味がなんとまあ、外国麦酒のような濃厚な美味しさ。ヴァイツェンビールが好きな方にはおすすめです。
posted by 星燈社 at 23:33| 製品ができるまで