W.jpg

 

2010年10月24日

のし袋・ぽち袋が入荷しました

先日お知らせしておりました星燈社オリジナル「のし袋」「ぽち袋」が入荷しました。
pochiandnoshi.jpg
絵柄は、茶筒と同じ「雪夜」「花こぎん」「ぼたん」の3柄。

並べると
oyako.jpg
「のし袋」と「ぽち袋」は親子みたいです。


案外「ぽち袋」や「のし袋」でこういう絵柄のものは少ないんじゃないかなーと思います。

というより、そもそも星燈社の「ぽち袋」・「のし袋」は
「気軽に使えて・ちょっと洒落た金封が欲しいというお客様が多くいらっしゃるんですが、探しても無いんですよ」
という小売店さんのお話をお聞きしてお作りしたものですしね。

そうした小売店さんの意見をすぐに取り入れ・カタチに出来ることこそ、小さなメーカーの強みだと思っています。


pochi2.jpg
「ぽち袋」5枚入
【税込価格】各367円(本体価格350円)
【寸法】タテ97mm×ヨコ64mm

『雪夜』【品番 NS-001】
『花こぎん』【品番 NS-002】
『ぼたん』【品番 NS-003】



noshiandn.jpg
「のし袋」3枚入
【税込価格】各315円(本体価格300円)
【寸法】タテ165mm×ヨコ92mm

『雪夜』【品番 NB-001】
『花こぎん』【品番 NB-002】
『ぼたん』【品番 NB-003】


「のし袋」は、当たり前ですが千円札・五千円札・一万円札いずれも折らずに入ります。
「ちょっと借りたお金を返すとき」や「ちょっとしたお礼を渡すとき」など、あまり大げさにはならず・しかし失礼にもあたらないぐらいの『少しカジュアルなのし袋』です。

※「のし袋」は「洋形7号」という定型封筒と同じ大きさですので、80円切手で手紙もお出しになれます。

せっかく商品紹介を読んでくださった方に、ここでちょっとしたこだわりをご紹介。
pochi-hanakogin.jpg
こちらは『ぽち袋』。

pochiura2.jpg
裏面をよーく見ると

pochiura.jpg
右端貼りになっていますね。

noshiomote.jpg
一方、こちらは『のし袋』。

noshiura.jpg
裏面をよーく見ると

noshiuraup.jpg
中心貼りになっているのです。

「ん??だからどうしたの??」と思われる方も多いかと思います。
これが実は……どうもしないのです。
ただせっかく2種類作るのだから、大小が違うだけじゃなくて、誰も気づかないささやかな遊び心が欲しかっただけ。

しかし、先日書いた友人への誕生日プレゼントの話じゃないですけど、「買ってくださる方に喜んで頂きたい」という気持ちに加えて「せっかくだから作る側も楽しもう」とすることは、とても大事なことだと考えています。

なぜならば、きっとそうした「作る側がしっかり楽しむこと」は「適当な仕事をしないこと」や「買ってくださる方をさらに喜ばせること」につながる筈ですので。

少なくとも僕は「仕事だからと割り切って作られたもの」よりも「作り手がしっかりと楽しみながら作ったもの」を買いたいと思っています。


長くなりましたが、近日中にオンラインショップでの販売および、小売店さんへのご案内をお送りいたしますので、もう少々お待ち下さいませ。

それから、驚くぐらい早い納期で「のし袋」「ぽち袋」を裁断・角抜き・製袋して下さった紙工会社さん、どうもありがとうございました。
これからも長いお付き合いをどうぞよろしくお願い致します。
posted by 星燈社 at 15:06| 製品ができるまで