W.jpg

 

2010年10月28日

二年目の秋

星燈社2年目が始まって間もない本日、1日の受注件数が過去最多でした。

なんて言いますか「自分でゼロからはじめた仕事が世の中に必要とされてきているんだ」と感じることができ、恐縮ですがひたすら感無量です。
本当にどうもありがとうございます。
これからも、ご指導の程どうぞよろしくお願い致します。


そんな良い日には、しっかりと季節のものを食べたくなるもので

まずは
nbs.jpg
軽く塩胡椒したサンマを竜田揚げにして、醤油・みりん・カボス・すり胡麻・万能ネギで和えてみました。生姜をのせるとさらに美味しいです。



それから、満を持して街の八百屋に並びはじめた
ginnan1.jpg
銀杏!
銀杏の美味しい食べ方といえば、かき揚げも捨てがたいですが、
やはりナンバーワンは焼き銀杏。


と、そこで登場したるは
kygni.jpg
家庭用銀杏炒り器。
これがあると銀杏が跳ね飛ばず、安全に焼き銀杏を作れます。
(しかし銀杏を炒る以外に用途がないのが難点。)


そんなわけであっという間に出来上がった
gnyi.jpg
焼き銀杏。緑色が綺麗です。
ちなみにこの鉄絵の片口すり鉢は陶芸家・城進のもの。
学生時代にちょっと奮発して買いました。


そうそう、焼き銀杏といえば塩ですが
yuzukosyou.jpg
九州名産・柚子胡椒をほんの少しつけて食べても美味しいです。
ただしつけすぎにご注意(柚子胡椒は見かけ以上に辛いので)。


そして焼き銀杏といえば、欠かせないのは
atcn.jpg
辛口の熱燗。
すいません平日なのに飲んでしまいました。
ところでこの徳利、よく見ると『立涌文様』ですね。
posted by 星燈社 at 22:38| 日記