W.jpg

 

2010年11月09日

秋の益子陶器市B

【秋の益子陶器市@はこちら】
【秋の益子陶器市Aはこちら】

mashiko12.jpg
益子の陶器市をたっぷり満喫した後

MASHIKO-TANBO.jpg
稲穂の揺れる国道を車でひた走り

YUGURE-MASHIKO.jpg
一路、宇都宮を目指しました。



そうして日も暮れた頃、到着したのは
1107tuyu.jpg
当社のお取引店『露』さん。

eigyouchu.jpg
夜のお店はとても風情があります。

tuyu1107.jpg
まるでどこかの童話に出てきそうな雰囲気です。


ent-tuyu1107.jpg
というわけで早速おじゃまし
ent-tuyu2.jpg
ようと思ったら、坂本くんに先を越されました。

気を取り直して店内に入らせて頂くと、
stove.jpg
足元にはストーブが炊いてありました。
雰囲気もあいまってとても落ち着きます。

masking-tape.jpg
昔の菓子瓶の中にはマスキングテープがズラリ。


pochi.jpg
書棚の中には、ぽち袋やのし袋など封筒類が揃っています。
なんだかちょっとした「大人の宝探し」みたいですね。


そうそう
letter-tuyu.jpg
ありがたいことに欠品のモノもございましたが、当社のレターセットもズラリ揃っていますよ。最近の売れ筋は『ふくら雀』とのこと。
ふくら雀は僕も大好きな絵柄ですので、とても嬉しいです。
お買い上げ下さったお客様、どうもありがとうございました。

それから
nukigata.jpg
定番の抜き型には秋らしく楓やイチョウのものが仲間入りしていました。

それから帳場の前には
darma.jpg
来年の干支・兎のカレンダーや達磨も並んでいました。
気がつけばもう年末が近づいてきましたね。

hutari.jpg
池田くんと坂本くんも店内を物色中。


結局池田くんは
kounyuu1.jpg
パンダのカトラリーと兎のカレンダーを

坂本くんは
chidori.jpg
千鳥の箸置をそれぞれ購入していました。


tennnai-tsuyu1.jpg
雑貨屋さんやインテリアショップで、誰しも一度は
「お店に並んでいた時は可愛く見えたのに、買って帰って自宅で見てみたら大したことなかった」
という経験がおありかと思います。

そういうものの多くは「家で日常使いしている姿が想像できない」ものであるような気がします。

でも、「露」さんで販売されている雑貨は
「日常使いしている姿が想像しやすい」良い意味で「敷居の低い」ものばかりです。
glass-tsuyu.jpg

それに加えて、什器として和家具を使われていることも
「日常使いしている姿を想像しやすく」する一助になっているんじゃないでしょうか。
毎度伺う度に、商品の見せ方の勉強をさせて頂いております。どうもありがとうございます。


そんなわけで、和を取り入れた生活に興味のある方は、ぜひとも、露さんに足をお運び下さいませ。

sign-tsuyu.jpg
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


〒321−0151 栃木県宇都宮市西川田町71−5
         
電話番号:028−684−6121

営業時間:12時〜21時まで
   

定休日 :水曜日
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




ちなみに、露さんの系列店『レストラン・フィールド』は
sDSC_0677.jpg
雰囲気も良く

field.jpg
空間も広々としていて

そして何より
pj1.jpg
ご飯がとても美味しいので、こちらも是非ご贔屓に。


そんなわけでいちにち丸ごと遊び尽くした僕らは
kaerimichi.jpg
無事にまた東京へと帰り着いたのでした。
来年の春も、また益子陶器市へ行きたいものです。

【秋の益子陶器市-おしまい】
posted by 星燈社 at 22:00| 日本各地のお取扱店