W.jpg

 

2011年03月09日

アナログ

DSC_0993.jpg

「急須のデザインってどうやって作るんだろう」とお思いの方もいらっしゃるかと思います。

星燈社の急須は、データを紙にプリントアウト→サンプルの急須に手貼りして確認→データを修正してまたプリントアウト→手貼り… というアナログな方法で作り込んでます。

急須は手に持って使うものですから、パソコンで立体図面を作るよりも、やはり手で確認しながら作るこの方法がしっくりくるように思います。


おまけ

DSC_1005.jpg
こちらは『ぼたん』の急須&茶筒

DSC_1009.jpg
こちらは『ゆきだま』の急須&茶筒


急須とセットで見ると、茶筒も単品で見るよりしっくりきますねー。
やっと茶筒の相棒を作れることができて嬉しい限りです。
ちなみに急須は予価3,675円(本体3,500円)です。
posted by 星燈社 at 12:00| 製品ができるまで