W.jpg

 

2011年03月15日

急須『花こぎん』

毎日凄惨な被災の様子を目にし、でもテレビで眺めているだけで何もできないことがすごく悔やまれます。

でも、だからといって焦って行動することは良い結果をもたらしません。

僕のような特別な技術を持たない人間が何かできることがあるとするのなら、被災された方が「戻るべき日常」をしっかりと支え続けることなのかもしれない、と思います。

当社ではそれをまずは「日用品を作る」という形で支えていければいいなと考えています。もっとも、僕の場合はそれしかできないことの詭弁かもしれませんが…!

本当につくづく日常のありがたさ・なんでもないことのかけがえのなさが身にしみます。


DSC_1053.jpg
急須『花こぎん』のサンプルができあがってきました。
日本の日用品・急須と、弘前の工芸品「こぎん刺し」を組み合わせたら、どことなく異国情緒あるモノになりました。


DSC_1057.jpg
ちなみにポイントは、急須の持ち手へのワンポイント。
急須でお茶を淹れるときに一番目に入るのは持ち手の部分です。
ですので、気持ちよく日本茶のある生活を楽しんでいただこうと思い星燈社の急須には持ち手部分にはどれも絵柄を入れています(まだどれもサンプルしかありませんが)。


DSC_1059.jpg
こちらももちろん日本製です。

DSC_1066.jpg
茶筒と一緒にすると、統一感もあるかなと思います。
こちらの急須『花こぎん』は4月中旬以降の発売になります。
posted by 星燈社 at 07:00| 日記