W.jpg

 

2011年07月07日

てぬぐいができるまでA


【てぬぐいができるまで@はこちら】



昨日に引き続き、星燈社のてぬぐいの染めの現場をご紹介します。


DSC_0318.jpg

まずは捺染台に白生地を、シワがないようにきれいに並べていき


DSC_0327.jpg

一枚一枚、熟練の職人が型染めしていきます。


抹茶白玉.jpg

ちょうど「抹茶白玉」の絵柄を染めているところでした。


DSC_0329 - コピー.jpg

型染めしたあと、型をずらして


DSC_0335 - コピー.jpg

白場がでないように、きっちり型を移動して


DSC_0336 - コピー.jpg

染料を


DSC_0337 - コピー.jpg

白生地に染めていきます。



DSC_0388 - コピー.jpg

こちらが手捺染の作業が終わったあとの生地です。


DSC_0338 - コピー.jpg

これに木型を取り付けて

DSC_0436 - コピー.jpg

天井に持ち上げると

DSC_0395 - コピー.jpg

こんな風になります。圧巻ですねー。


手ぬぐいが天井に並ぶ、こういう風景は、世界中探しても日本でしか見られないものです。

この日本らしい風景がずっと続くように、手ぬぐいをもっと一般の方に広めていこうと思いました。



そんなわけで引き続き明日は、てぬぐいの型をご紹介します。


【てぬぐいができるまでB】に続く
posted by 星燈社 at 22:00| 製品ができるまで