W.jpg

 

2011年07月08日

てぬぐいができるまでB


DSC_0422.jpg

染め工場の社長に、星燈社の手ぬぐいの染め型を見せて頂きました。


DSC_0423.jpg

これが「花こぎん」と「野あそび」の染め型です。


DSC_0424.jpg

黒い部分は染まらず、抜けている部分に染料が入っていきます。


DSC_0456.jpg

こちらは「花こぎん」の型。
この細かな絵柄は、手捺染でしか表現できません。


DSC_0445.jpg

この2枚の型は、どちらも「こでまり」の型。
手捺染では、色ごとに染め型が必要になるのです。

DSC_0444.jpg

1枚目は、こでまりの花の型。


DSC_0448.jpg

2枚目は、こでまりの葉を染めるための型です。



てぬぐいを染める作業、ましてや染め型を見る機会はなかなかないので、とても面白かったです。そして染め型を見ているうちに新製品のアイディアが浮かんできました。

ちなみに、てぬぐいは7月20日頃の発売予定です。
僕が今こうしている間にも、染め作業がどんどん進んでいるはずです。それで7月20日頃仕上がりだなんてすごいですねー仕事はやいですねー。

というわけで明日は染め作業の工程のあとの、蒸し・水洗い作業をご紹介します。

【てぬぐいができるまでC】に続く


posted by 星燈社 at 12:00| 製品ができるまで