W.jpg

 

2012年02月05日

バブル


「バブルの頃は、黙っていてもどんなモノでも飛ぶように売れたもんだ」「今はモノが売れない時代だ」という話を時々耳にします。

でもバブルを知らない世代からすると「黙っていてもどんなモノでも飛ぶように売れた」というのはなんだか不自然です。

僕はむしろ、使い手のことを考えて真面目にモノを作り、かつ、それを世の中に広めるための色んな方法を考えた結果としてモノが売れていく方がずっと真っ当だと思っています。

少なくとも星燈社で作る製品はそうした真っ当なモノでありたいですし、そうでなければ、わざわざ作る意味はないなあと考えています。


(山本)
posted by 星燈社 at 07:00| 日記