W.jpg

 

2012年04月05日

売るよりも


sDSC_0880.jpg

星燈社の茶筒は、職人の手貼りです。
ですから、その性質上、使うのは問題ないけれど、製品としては世に出せない「B品」が生じます。

B品として店頭で割引販売することもできますが、
それよりもお得意先へのサービスに使ったほうがずっといいと思いまして、京都・祇園の宿屋『ぎおん森庄』さんへ贈りました。
旅館のお部屋で使って頂ければ、とても嬉しく思います。

まだ若干数のB品がございますので、店頭サンプルにご入用の場合はご相談下さいませ。

(山本)

posted by 星燈社 at 12:00| 日記