W.jpg

 

2010年09月14日

オンラインショップ・リニューアル

オンラインショップ「星燈社通信販売」を大幅にリニューアルしました。

リニューアル後は文章・写真ともにちょっと増えました。

というのも「平成絵双紙」は、やはりブログという性質上、作り手側の気持ちを書いても、時の経過とともに埋もれてしまいます。
それを埋もれない形で残そうと思ったのがひとつ。

それから小売店さん用のカタログには載せたけれど、買い手の皆様にはお見せできなかった諸々をちゃんと伝えられるようにしようと思ったというのもあります。


具体的にどんな風に変わったかと言いますと

craft.jpg

たとえばこんな風に、カテゴリごとに、商品の詳細な説明をご覧いただける様にしました。


wamon-top.jpg


写真も大きくて結構見やすいかなーと思います。

まだまだ商品写真などはリニューアルできていませんが、どうぞ思い出したときやお手すきの際にでもご覧いただけましたら幸いです。

そんなわけで、まだまだ厳しい残暑が続きますが、皆様どうぞご自愛下さいませ。
posted by 星燈社 at 21:27| 星燈社だより

2010年08月30日

花こぎん

たまには商品のお話でもしてみます。

青森県の工芸品に「こぎん刺し」というものがあります。

農作業に使う着物を丈夫にするため・衣服を厚くして冬の寒さを乗り切るため、津軽の女性が生み出した刺し子なのです。

そしてやはり女性のこと、刺し子にするからには工夫を凝らしてかわいいものを作ろうとしたのでしょう。
こぎん刺しには色んな可愛らしい図案があります。


たとえば「花」を意味する「ハナコ」。
その「ハナコ」を組み合わせて作ったのが、
3ed03e795b.jpg
このレターセット「花こぎん」

HANAKOGIN-LETTER.jpg
【青×赤】もあります。


この「花こぎん」が、こぎん刺しの良さが色んな世代の色んな方に広まるひとつのきっかけになれば幸いです。
posted by 星燈社 at 19:49| 星燈社だより

2010年08月19日

夏も終わって

0021

蝉時雨が響く関東へ戻ってきました。
夏季休暇を終え、昨日からまた日常業務開始です。

まだまだ残暑が厳しい毎日ですが、がんばってゆきましょう。
posted by 星燈社 at 12:24| 星燈社だより

2010年05月26日

掲載のお知らせ

今日、雑司が谷・旅猫雑貨店に伺うと店主の金子さん(お誕生日おめでとうございますー!)がこんな冊子を見せて下さいました。

sDSC_0054.jpg
TOKYO TREND RANKING。
トレンド…!一見、当社にはまったく関係なさそうですが

sDSC_0062.jpg
中を開いてみると見ると、「夏を彩る和雑貨」特集のページ。

sDSC_0061.jpg
旅猫雑貨店も 「リビング&ダイニングを飾る和雑貨」をセレクトしています。日本の夏の定番、手ぬぐいや風鈴に混じって



sDSC_0060.jpg
当社の茶筒も紹介していただきました。


「夏の一押しアイテムは、ぼたん雪が舞い散る夜空を表現した茶筒『雪夜』。夏に雪…?と疑問に思って尋ねると、『江戸時代には、真夏に雪文様の着物を着るのが粋だったそうです』と教えてくれました。風鈴の音を聞きながら、お気に入りのお茶を飲むなんていうのもいいですね!」との説明も。

そうなんです、茶筒『雪夜』は、冬もいいけど夏にも涼やかでおススメ。冷茶なんかもよく似合いそうです。
それにしても風鈴の音を聞きながらお気に入りのお茶…いいですねー日本の夏ですねー。なんだか夏が待ち遠しくなりました。

現在、東京メトロ各線の主要駅で配布されているそうですので、見かけた際には是非お手に取ってご覧になってみてくださいねー。
posted by 星燈社 at 21:16| 星燈社だより

2010年01月15日

オンラインショップがオープンしました。

webshop-icon-home.gif


星燈社の製品がお買い求めいただけるオンラインショップ「星燈社通信販売」が本日オープンしました。
どうぞお気軽にご利用ください。

※上記画像をクリックしていただければサイトにジャンプします。


一度買ってみたいけれど近くのお店では買えないというお客様などおりましたら、どうぞご利用くださいませ。

時機を見てオンライン限定の製品も販売してゆく予定ですので、
こちらも何卒宜しくお願い致します。



posted by 星燈社 at 16:00| 星燈社だより

2010年01月01日

明けましておめでとうございます

DSC_0739.JPG


平成22年、どんどん進んでどんどん変わっていきましょう。
皆様、今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
posted by 星燈社 at 19:49| 星燈社だより